メタノールの触媒酸化反応におけるホルムアルデヒドの生成とそのレーザ誘起蛍光測定に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 姜, 友 カン, ウ

書誌事項

タイトル

メタノールの触媒酸化反応におけるホルムアルデヒドの生成とそのレーザ誘起蛍光測定に関する研究

著者名

姜, 友

著者別名

カン, ウ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3842号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 メタノール燃料とその触媒利用技術 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 メタノールの酸化とホルムアルデヒドの生成に関する従来の研究 / p11 (0017.jp2)
  5. 1.3 ホルムアルデヒドの測定について / p15 (0021.jp2)
  6. 1.4 本研究の背景と目的 / p19 (0025.jp2)
  7. 1.5 本論文の概要 / p21 (0027.jp2)
  8. 第2章 実験装置および測定方法 / p23 (0029.jp2)
  9. 2.1 触媒酸化反応実験 / p23 (0029.jp2)
  10. 2.2 ホルムアルデヒド誘起蛍光の測定実験 / p31 (0037.jp2)
  11. 2.3 ホルムアルデヒドのLIF法 / p36 (0042.jp2)
  12. 第3章 ホルムアルデヒドの触媒酸化特性 / p51 (0057.jp2)
  13. 3.1 触媒金属種のホルムアルデヒド酸化におよぼす影響 / p51 (0057.jp2)
  14. 3.2 ホルムアルデヒド酸化特性におよぼすNO共存の影響 / p58 (0064.jp2)
  15. 3.3 触媒担持量のホルムアルデヒド酸化特性におよぼす影響 / p61 (0067.jp2)
  16. 3.4 メタノール酸化特性との比較 / p63 (0069.jp2)
  17. 3.5 物理吸着を考慮したホルムアルデヒド酸化特性 / p66 (0072.jp2)
  18. 3.6 温度変化に対するホルムアルデヒドの非定常酸化特性 / p70 (0076.jp2)
  19. 3.7 まとめ / p78 (0084.jp2)
  20. 第4章 ホルムアルデヒド蛍光の二次元分布測定 / p80 (0086.jp2)
  21. 4.1 実験パラメータ / p80 (0086.jp2)
  22. 4.2 定常状態におけるホルムアルデヒドの蛍光分布 / p83 (0089.jp2)
  23. 4.3 非定常状態におけるホルムアルデヒド蛍光 / p94 (0100.jp2)
  24. 4.4 ホルムアルデヒド蛍光分布の画像処理 / p98 (0104.jp2)
  25. 4.5 まとめ / p100 (0106.jp2)
  26. 第5章 平板触媒上におけるホルムアルデヒドの生成挙動 / p102 (0108.jp2)
  27. 5.1 触媒平板上におけるホルムアルデヒド分布と表面温度 / p102 (0108.jp2)
  28. 5.2 白金平板触媒におけるホルムアルデヒドの生成挙動におよぼす決定因子の影響 / p106 (0112.jp2)
  29. 5.3 まとめ / p121 (0127.jp2)
  30. 第6章 平板触媒上のホルムアルデヒド分布についての数値計算 / p123 (0129.jp2)
  31. 6.1 数値計算 / p123 (0129.jp2)
  32. 6.2 LIF実験結果との対応 / p128 (0134.jp2)
  33. 6.3 水平平板触媒上でのホルムアルデヒド生成挙動についての数値予測 / p133 (0139.jp2)
  34. 6.4 垂直平板触媒におけるホルムアルデヒド生成挙動についての数値予測 / p141 (0147.jp2)
  35. 6.5 まとめ / p147 (0153.jp2)
  36. 第7章 結論 / p148 (0154.jp2)
  37. 参考文献 / p153 (0159.jp2)
  38. 謝辞 / p159 (0165.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132844
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967435
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297158
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ