確率的ニューラルネットワークの情報量の解析および学習効率化の研究

この論文をさがす

著者

    • 小松, 隆行 コマツ, タカユキ

書誌事項

タイトル

確率的ニューラルネットワークの情報量の解析および学習効率化の研究

著者名

小松, 隆行

著者別名

コマツ, タカユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3852号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 はじめに / p7 (0009.jp2)
  3. 1.1 背景と目的 / p7 (0009.jp2)
  4. 1.2 論文の構成 / p21 (0023.jp2)
  5. 2 指数型分布族・混合型分布族と幾何学的構造 / p23 (0025.jp2)
  6. 3 自然パラメータと統計量の関係 / p32 (0034.jp2)
  7. 3.1 はしがき / p33 (0035.jp2)
  8. 3.2 平衡分布の集合 / p34 (0036.jp2)
  9. 3.3 状態積の期待値ηaとFisher情報行列の要素(分散・共分散)[数式]の性質 / p35 (0037.jp2)
  10. 3.4 正規化されたFisher情報行列の要素(相関係数)[数式]の性質 / p40 (0042.jp2)
  11. 3.5 相関係数の単調性の考察 / p44 (0046.jp2)
  12. 3.6 高次の統計量に関する性質 / p48 (0050.jp2)
  13. 3.7 むすび / p52 (0054.jp2)
  14. 4 期待値パラメータと統計量の関係 / p54 (0056.jp2)
  15. 4.1 はしがき / p55 (0057.jp2)
  16. 4.2 確率分布の期待値パラメータによる表現 / p56 (0058.jp2)
  17. 4.3 Fisher情報行列と正規化されたFisher情報行列 / p58 (0060.jp2)
  18. 4.4 期待値パラメータと[数式],[数式]の関係 / p60 (0062.jp2)
  19. 4.5 むすび / p70 (0072.jp2)
  20. 5 自然パラメータと情報量の関係 / p72 (0074.jp2)
  21. 5.1 はしがき / p73 (0075.jp2)
  22. 5.2 状態確率 / p75 (0077.jp2)
  23. 5.3 自然パラメータとエントロピとの関係 / p77 (0079.jp2)
  24. 5.4 自然パラメータと相互情報量との関係 / p85 (0087.jp2)
  25. 5.5 自然パラメータと正規化された相互情報量[数式]との関係 / p90 (0092.jp2)
  26. 5.6 自然パラメータに対する統計量・情報量の変化率の比について / p92 (0094.jp2)
  27. 5.7 むすび / p94 (0096.jp2)
  28. 6 自然パラメータ推定のための勾配法の最良化 / p96 (0098.jp2)
  29. 6.1 はしがき / p97 (0099.jp2)
  30. 6.2 指数型分布族と勾配法 / p98 (0100.jp2)
  31. 6.3 最良化された一次の勾配法のKullback情報量変化の評価 / p101 (0103.jp2)
  32. 6.4 最良化された二次の勾配法のKullback情報量変化の評価 / p106 (0108.jp2)
  33. 6.5 むすび / p110 (0112.jp2)
  34. 7 まとめと今後の課題 / p111 (0113.jp2)
  35. A 第3章の付録 / p115 (0117.jp2)
  36. B 第4章の付録 / p116 (0118.jp2)
  37. C 第5章の付録 / p119 (0121.jp2)
  38. D 第6章の付録(一般的な勾配法) / p122 (0124.jp2)
  39. D.1 一次の勾配法(最急降下法) / p123 (0125.jp2)
  40. D.2 二次の勾配法(Newton法) / p126 (0128.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132854
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967444
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297168
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ