学習障害児の定量的評価を目的とした知覚運動協応の研究

この論文をさがす

著者

    • 水戸部, 一孝 ミトベ, カズタカ

書誌事項

タイトル

学習障害児の定量的評価を目的とした知覚運動協応の研究

著者名

水戸部, 一孝

著者別名

ミトベ, カズタカ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第3874号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. <目次> / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1 研究の背景 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2 本研究の目的 / p2 (0006.jp2)
  5. 1-3 本論文の構成 / p4 (0008.jp2)
  6. <参考文献-第1章-> / p5 (0009.jp2)
  7. 第2章 学習障害と知覚運動協応に関する従来の研究 / p6 (0010.jp2)
  8. 2-1 学習障害児の研究の概要 / p6 (0010.jp2)
  9. 2-2 知覚運動協応の研究の概要 / p17 (0021.jp2)
  10. 2-3 第2章のまとめ / p27 (0031.jp2)
  11. <参考文献-第2章-> / p28 (0032.jp2)
  12. 第3章 知覚運動協応のプロセスに関する仮説の提唱 / p31 (0035.jp2)
  13. 3-1 異なる運動が知覚運動協応におよぼす影響 / p31 (0035.jp2)
  14. 3-2 ターゲットの呈示距離が知覚運動協応におよぼす影響 / p61 (0065.jp2)
  15. 3-3 視覚と聴覚の感覚統合が指示点におよぼす影響 / p81 (0085.jp2)
  16. 3-4 知覚運動協応の因子と仮説の提唱 / p86 (0090.jp2)
  17. 3-5 第3章のまとめ / p97 (0101.jp2)
  18. <参考文献-第3章-> / p99 (0103.jp2)
  19. 第4章 学習障害児の指示動作の特性と診断への応用 / p102 (0106.jp2)
  20. 4-1 児童の指示特性の比較 / p102 (0106.jp2)
  21. 4-2 同年齢の児童における指示特性の比較 / p112 (0116.jp2)
  22. 4-3 第4章のまとめ / p119 (0123.jp2)
  23. <参考文献-第4章-> / p120 (0124.jp2)
  24. 第5章 結論 / p121 (0125.jp2)
  25. 5-1 本研究の結論の要約と今後の課題 / p121 (0125.jp2)
  26. 5-2 今後の展望 / p123 (0127.jp2)
  27. <参考文献-第5章-> / p124 (0128.jp2)
  28. 付録:運動計測プログラム / p125 (0129.jp2)
  29. 謝辞 / p155 (0159.jp2)
  30. 研究業績 / p157 (0161.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132876
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967466
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297190
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ