ミズナラの堅果生産の年変動現象と発生機構

この論文をさがす

著者

    • 倉本, 恵生 クラモト, シゲオ

書誌事項

タイトル

ミズナラの堅果生産の年変動現象と発生機構

著者名

倉本, 恵生

著者別名

クラモト, シゲオ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第3897号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

157p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(農学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 種子生産の年変動現象-豊凶(Masting)とは / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 研究の目的と構成 / p17 (0021.jp2)
  5. 第2章 対象樹種、調査地 / p21 (0025.jp2)
  6. 2.1 対象樹種-基本的な繁殖特性について- / p21 (0025.jp2)
  7. 2.2 調査地 / p23 (0027.jp2)
  8. 第3章 堅果生産量の長期年変動 / p30 (0034.jp2)
  9. 3.1 はじめに / p30 (0034.jp2)
  10. 3.2 調査 / p35 (0039.jp2)
  11. 3.3 結果 / p40 (0044.jp2)
  12. 3.4 考察 / p56 (0060.jp2)
  13. 第4章 気象要因が堅果生産の年変動にあたえる影響 / p62 (0066.jp2)
  14. 4.1 はじめに / p62 (0066.jp2)
  15. 4.2 方法 / p63 (0067.jp2)
  16. 4.3 結果 / p66 (0070.jp2)
  17. 4.4 考察 / p71 (0075.jp2)
  18. 第5章 樹冠内の花生産、堅果生産のパターンとその年変動 / p74 (0078.jp2)
  19. 5.1 はじめに / p74 (0078.jp2)
  20. 5.2 方法 / p76 (0080.jp2)
  21. 5.3 結果 / p82 (0086.jp2)
  22. 5.4 考察 / p95 (0099.jp2)
  23. 第6章 花生産、堅果生産プロセスと堅果生産の年変動との関係 / p99 (0103.jp2)
  24. 6.1 はじめに / p99 (0103.jp2)
  25. 6.2 材料と方法 / p102 (0106.jp2)
  26. 6.3 結果 / p108 (0112.jp2)
  27. 6.4 考察 / p124 (0128.jp2)
  28. 第7章 おわりに / p130 (0134.jp2)
  29. 7.1 堅果生産の年変動の発生機構 / p130 (0134.jp2)
  30. 7.2 堅果生産の予測と観測方法 / p132 (0136.jp2)
  31. 謝辞 / p135 (0139.jp2)
  32. 摘要 / p137 (0141.jp2)
  33. 引用文献 / p141 (0145.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000132899
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967487
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000297213
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ