河床付着生物膜による河川流下過程の水質変化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 井上, 隆信 イノウエ, タカノブ

書誌事項

タイトル

河床付着生物膜による河川流下過程の水質変化に関する研究

著者名

井上, 隆信

著者別名

イノウエ, タカノブ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4957号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 河川水質研究における河床付着生物膜の位置づけ / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的 / p4 (0006.jp2)
  5. 第2章 河川の水質変化特性 / p11 (0009.jp2)
  6. 2.1 はじめに / p11 (0009.jp2)
  7. 2.2 調査の概要 / p11 (0009.jp2)
  8. 2.3 河川の流域特性と水質特性 / p14 (0011.jp2)
  9. 2.4 河川水質の流下過程における変化 / p39 (0023.jp2)
  10. 2.5 まとめ / p44 (0026.jp2)
  11. 第3章 河床付着生物膜の現存量変化 / p47 (0027.jp2)
  12. 3.1 はじめに / p47 (0027.jp2)
  13. 3.2 調査の概要 / p47 (0027.jp2)
  14. 3.3 河床付着生物膜の増殖速度・現存量と棲息環境との関係 / p51 (0029.jp2)
  15. 3.4 河床付着生物膜の組成比 / p53 (0030.jp2)
  16. 3.5 河床付着生物膜現存量の変化 / p60 (0034.jp2)
  17. 3.6 河床付着生物膜現存量と降雨量の関係 / p66 (0037.jp2)
  18. 3.7 まとめ / p69 (0038.jp2)
  19. 第4章 河床付着生物膜現存量変化のモデル化 / p75 (0041.jp2)
  20. 4.1 はじめに / p75 (0041.jp2)
  21. 4.2 河床付着生物膜現存量変化モデル式の構成と基礎データの算定 / p75 (0041.jp2)
  22. 4.3 河床付着生物膜増殖量のモデル化 / p83 (0045.jp2)
  23. 4.4 河床付着生物膜剥離量のモデル化 / p87 (0047.jp2)
  24. 4.5 河床付着生物膜現存量変化のモデル / p94 (0051.jp2)
  25. 4.6 まとめ / p103 (0055.jp2)
  26. 第5章 河床付着生物膜による河川の水質変化に関する解析研究 / p107 (0057.jp2)
  27. 5.1 はじめに / p107 (0057.jp2)
  28. 5.2 河床付着生物膜の増加・剥離量の評価 / p107 (0057.jp2)
  29. 5.3 河床付着生物膜による河川水質変化の定量評価 / p120 (0064.jp2)
  30. 5.4 まとめ / p126 (0067.jp2)
  31. 第6章 結論 / p129 (0068.jp2)
  32. 謝辞 / p135 (0071.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133024
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967598
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297338
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ