【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ユーカリパルプ適木の材質育種と選抜指標抽出に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小名, 俊博 オナ, トシヒロ

書誌事項

タイトル

ユーカリパルプ適木の材質育種と選抜指標抽出に関する研究

著者名

小名, 俊博

著者別名

オナ, トシヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第4969号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第2章 構成成分測定技術の開発 / p22 (0028.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p22 (0028.jp2)
  5. 2.2 少試料からの木材構成成分定量法の開発 / p23 (0029.jp2)
  6. 2.3 ヘミセルロースを構成する中性糖の定量方法の開発 / p36 (0042.jp2)
  7. 2.4 リグニンのS/G比測定における前処理条件 / p44 (0050.jp2)
  8. 2.5 まとめ / p54 (0060.jp2)
  9. 第3章 材特性の樹幹内変異と標準値を示す位置 / p55 (0061.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p55 (0061.jp2)
  11. 3.2 材料 / p55 (0061.jp2)
  12. 3.3 容積密度数 / p56 (0062.jp2)
  13. 3.4 多糖類含有率 / p66 (0072.jp2)
  14. 3.5 抽出成分含有率 / p85 (0091.jp2)
  15. 3.6 リグニン / p105 (0111.jp2)
  16. 3.7 ヘミセルロースを構成する中性糖モル百分率 / p119 (0125.jp2)
  17. 3.8 まとめ / p149 (0155.jp2)
  18. 第4章 樹幹内変異に基づく材特性とパルプ特性の関係 / p155 (0161.jp2)
  19. 4.1 緒言 / p155 (0161.jp2)
  20. 4.2 材料と方法 / p155 (0161.jp2)
  21. 4.3 E.camaldulensis / p157 (0163.jp2)
  22. 4.4 E.globulus / p171 (0177.jp2)
  23. 4.5 まとめ / p184 (0190.jp2)
  24. 第5章 容積密度数と木材構成成分の関係 / p187 (0193.jp2)
  25. 5.1 緒言 / p187 (0193.jp2)
  26. 5.2 材料と方法 / p187 (0193.jp2)
  27. 5.3 結果 / p188 (0194.jp2)
  28. 5.4 考察 / p199 (0205.jp2)
  29. 第6章 総合討論 / p204 (0210.jp2)
  30. 6.1 総合討論 / p204 (0210.jp2)
  31. 6.2 結論 / p213 (0219.jp2)
  32. 邦文引用文献 / p215 (0221.jp2)
  33. 欧文引用文献 / p218 (0224.jp2)
  34. 参考文献 / p226 (0232.jp2)
  35. 口頭発表 / p228 (0234.jp2)
  36. 謝辞 / p229 (0235.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133036
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967610
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297350
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ