わが国で分離されたYersinia enterocolitica血清型0:8菌の生態と病原性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林谷, 秀樹 ハヤシダニ, ヒデキ

書誌事項

タイトル

わが国で分離されたYersinia enterocolitica血清型0:8菌の生態と病原性に関する研究

著者名

林谷, 秀樹

著者別名

ハヤシダニ, ヒデキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (獣医学)

学位授与番号

乙第4991号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 野生げっ歯類におけるYersinia属菌の保有状況 / p5 (0008.jp2)
  4. 第1節 緒言 / p5 (0008.jp2)
  5. 第2節 材料と方法 / p5 (0008.jp2)
  6. 2-1 培養材料 / p5 (0008.jp2)
  7. 2-2 Yersinia属菌の分離培養、同定および病原性の検査 / p6 (0009.jp2)
  8. 第3節 結果 / p7 (0009.jp2)
  9. 3-1 野生げっ歯類からのYersinia属菌の調査地域別分離状況 / p7 (0009.jp2)
  10. 3-2 野生げっ歯類からのYersinia属菌の動物種別分離状況 / p9 (0010.jp2)
  11. 3-3 野生げっ歯類からのYersinia属菌の季節別分離状況 / p11 (0011.jp2)
  12. 3-4 Y.enterocolitica分離株の病原性 / p11 (0011.jp2)
  13. 第4節 考察 / p14 (0013.jp2)
  14. 第5節 結語 / p17 (0014.jp2)
  15. 第2章 野ネズミに対するYersinia enterocolitica血清型O:8菌の病原性 / p18 (0015.jp2)
  16. 第1節 緒言 / p18 (0015.jp2)
  17. 第2節 材料と方法 / p18 (0015.jp2)
  18. 2-1 供試菌株 / p18 (0015.jp2)
  19. 2-2 供試動物 / p18 (0015.jp2)
  20. 2-3 野ネズミに対するO:8菌の経口投与方法ならびに野ネズミからの投与菌の回収方法 / p19 (0015.jp2)
  21. 2-4 0:8菌の経口感染を耐過した野ネズミに対する同一菌の再投与方法 / p20 (0016.jp2)
  22. 第3節 結果 / p20 (0016.jp2)
  23. 3-1 0:8菌を経口投与された野ネズミの糞便への排菌状況 / p20 (0016.jp2)
  24. 3-2 0:8菌の経口投与により死亡した野ネズミの臓器等からの菌の回収 / p25 (0018.jp2)
  25. 3-3 0:8菌を経口投与されたヤチネズミの臓器等からの菌の回収 / p25 (0018.jp2)
  26. 3-4 0:8菌を経口的に再投与された野ネズミにおける糞便への排菌状況 / p25 (0018.jp2)
  27. 第4節 考察 / p29 (0020.jp2)
  28. 第5節 結語 / p32 (0022.jp2)
  29. 第3章 実験動物に対するYersinia enterocolitica血清型O:8菌の病原性 / p33 (0022.jp2)
  30. 第1節 緒言 / p33 (0022.jp2)
  31. 第2節 材料と方法 / p33 (0022.jp2)
  32. 2-1 供試菌株 / p33 (0022.jp2)
  33. 2-2 供試動物 / p33 (0022.jp2)
  34. 2-3 マウスとラットに対するO:8菌の投与方法ならびにマウスとラットからの投与菌の回収方法 / p34 (0023.jp2)
  35. 2-4 0:8菌の経静脈または経口感染を耐過したラットに対する同一菌の再投与方法 / p35 (0023.jp2)
  36. 2-5 投与菌に対するラットの血清抗体ならびに糞便のIgA抗体のEnzyme Linked Immunosorbent Assay(ELISA)による測定方法 / p36 (0024.jp2)
  37. 第3節 結果 / p38 (0025.jp2)
  38. 3-1 0:8菌を経静脈投与されたマウスとラットの臓器と糞便からの菌の回収 / p38 (0025.jp2)
  39. 3-2 0:8菌を経口投与されたマウスとラットの臓器と糞便からの菌の回収 / p46 (0029.jp2)
  40. 3-3 0:8菌を経静脈または経口投与されたラットにおける再投与後の排菌状況 / p50 (0031.jp2)
  41. 3-4 投与菌に対するラットの血清抗体ならびに糞便のIgA抗体の検出 / p53 (0032.jp2)
  42. 第4節 考察 / p61 (0036.jp2)
  43. 第5節 結語 / p67 (0039.jp2)
  44. 第4章 イヌに対するYersinia enterocolitica血清型O:8菌の病原性 / p70 (0041.jp2)
  45. 第1節 緒言 / p70 (0041.jp2)
  46. 第2節 材料と方法 / p70 (0041.jp2)
  47. 2-1 供試菌株 / p70 (0041.jp2)
  48. 2-2 供試動物 / p70 (0041.jp2)
  49. 2-3 イヌに対するO:8菌の経口投与方法ならびにイヌからの投与菌の回収方法 / p71 (0041.jp2)
  50. 2-4 0:8菌の経口感染を耐過したイヌに対する同一菌の再投与方法 / p71 (0041.jp2)
  51. 2-5 投与菌に対するイヌの血中凝集素およびELISAによる血清抗体ならびに糞便のIgA抗体の測定方法 / p72 (0042.jp2)
  52. 第3節 結果 / p73 (0042.jp2)
  53. 3-1 0:8菌を経口投与されたイヌの臓器と糞便からの菌の回収 / p73 (0042.jp2)
  54. 3-2 0:8菌の経口感染を耐過したイヌに同一菌を再投与した場合の糞便への排菌状況 / p75 (0043.jp2)
  55. 3-3 投与菌に対するイヌの血中凝集素とELISAによる血清抗体ならびに糞便のIgA抗体の検出 / p75 (0043.jp2)
  56. 第4節 考察 / p80 (0046.jp2)
  57. 第5節 結語 / p83 (0047.jp2)
  58. 第5章 ブタに対するYersinia enterocolitica血清型O:8菌の病原性 / p85 (0048.jp2)
  59. 第1節 緒言 / p85 (0048.jp2)
  60. 第2節 材料と方法 / p85 (0048.jp2)
  61. 2-1 供試菌株 / p85 (0048.jp2)
  62. 2-2 供試動物 / p85 (0048.jp2)
  63. 2-3 ブタに対するO:8菌の経口投与法ならびにブタからの投与菌の回収方法 / p86 (0049.jp2)
  64. 2-4 投与菌に対するブタの血中凝集素の測定方法 / p86 (0049.jp2)
  65. 第3節 結果 / p87 (0049.jp2)
  66. 3-1 0:8菌を経口投与されたブタの臓器と直腸便からの菌の回収 / p87 (0049.jp2)
  67. 3-2 投与菌に対するブタ血中凝集素の検出 / p90 (0051.jp2)
  68. 第4節 考察 / p92 (0052.jp2)
  69. 第5節 結語 / p95 (0053.jp2)
  70. 第6章 Yersinia enterocolitica血清型O:8菌感染症患者の散発地域における疫学調査 / p96 (0054.jp2)
  71. 第1節 緒言 / p96 (0054.jp2)
  72. 第2節 材料と方法 / p96 (0054.jp2)
  73. 2-1 培養材料 / p96 (0054.jp2)
  74. 2-2 Yersinia属菌の分離培養、同定および病原性の検査 / p98 (0055.jp2)
  75. 2-3 調査期間中に発生したO:8菌感染症患者の疫学調査 / p99 (0055.jp2)
  76. 2-4 野ネズミと患者から分離されたO:8菌株の保有するプラスミドの制限酵素切断像の解析 / p99 (0055.jp2)
  77. 2-5 野ネズミと患者由来O:8菌株のマウス致死毒性試験 / p99 (0055.jp2)
  78. 第3節 結果 / p99 (0055.jp2)
  79. 3-1 野ネズミからのYersinia属菌の分離状況 / p99 (0055.jp2)
  80. 3-2 野ネズミからのYersinia属菌の調査時期別分離状況 / p100 (0056.jp2)
  81. 3-3 野ネズミからのYersinia属菌の調査地点別分離状況 / p100 (0056.jp2)
  82. 3-4 環境水と土壌からのYersinia属菌の分離状況 / p103 (0057.jp2)
  83. 3-5 調査期間中の患者の発生状況 / p103 (0057.jp2)
  84. 3-6 野ネズミと患者から分離されたO:8菌株の保有する病原性プラスミドの制限酵素切断像の比較 / p107 (0059.jp2)
  85. 3-7 野ネズミと患者由来O:8菌株のマウス致死毒性 / p107 (0059.jp2)
  86. 第4節 考察 / p110 (0061.jp2)
  87. 第5節 結語 / p113 (0062.jp2)
  88. 総括 / p115 (0063.jp2)
  89. 謝辞 / p119 (0065.jp2)
  90. 文献 / p120 (0066.jp2)
  91. 英文抄録 / p142 (0077.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133058
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967633
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297372
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ