【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

大都市雇用労働者夫妻の生活時間構造からみた平等性に関する家庭経営学的研究

この論文をさがす

著者

    • 大竹, 美登利 オオタケ, ミドリ

書誌事項

タイトル

大都市雇用労働者夫妻の生活時間構造からみた平等性に関する家庭経営学的研究

著者名

大竹, 美登利

著者別名

オオタケ, ミドリ

学位授与大学

昭和女子大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

乙第5号

学位授与年月日

1995-03-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 博士申請学位論文要旨 / p1 (0002.jp2)
  2. 目次 / (0011.jp2)
  3. 第1章 意義と目的 / p1 (0022.jp2)
  4. 第2章 先行研究・隣接研究のフォローと本研究の独自性-生活時間分類を中心に- / p9 (0030.jp2)
  5. 第1節 NHK「国民生活時間調査」及び総務庁(元総理府)の生活時間調査 / p11 (0032.jp2)
  6. 1、家庭経営学的視点からみたNHK及び総務庁(元総理府)の生活時間調査の理論的過程の検討 / p11 (0032.jp2)
  7. 2、対象者の抽出法について / p21 (0042.jp2)
  8. 3、結果表の提示について / p24 (0045.jp2)
  9. 4、その他政府の生活時間調査の生活時間分類 / p25 (0046.jp2)
  10. 第2節 生活問題、労働問題研究の分野での生活時間研究と生活時間分類 / p30 (0051.jp2)
  11. 1、藤本武・下山房雄らの生活時間分類 / p30 (0051.jp2)
  12. 2、氏原正治郎、関谷耕一ら社会科学者の生活時間分類 / p34 (0055.jp2)
  13. 3、篭山京ならびに労働生理学的生活時間研究 / p37 (0058.jp2)
  14. 4、農業生活問題研究における生活時間研究 / p39 (0060.jp2)
  15. 5、障害児・障害者の生活問題における生活時間研究 / p46 (0067.jp2)
  16. 第3節 家政学における生活時間研究 / p48 (0069.jp2)
  17. 1、稲葉ナミらの共稼ぎ夫婦の生活時間調査における分類と分析方法 / p48 (0069.jp2)
  18. 2、主婦の生活時間調査 / p51 (0072.jp2)
  19. 3、その他、家政学者の生活時間研究及び分類に関する見解 / p51 (0072.jp2)
  20. 4、アメリカ家政学研究の影響下の生活時間研究 / p53 (0074.jp2)
  21. 第4節 国際的生活時間研究の動向 / p56 (0077.jp2)
  22. 1、国際比較を目的とした各国の共同による生活時間研究 / p56 (0077.jp2)
  23. 2、各国の生活時間研究 / p61 (0082.jp2)
  24. 3、家政学領域での生活時間研究 / p67 (0088.jp2)
  25. 第5節 本研究の独自性 / p71 (0092.jp2)
  26. 1、「労働科学」と「家政学」の定義にみる類似性と独自性 / p72 (0093.jp2)
  27. 2、調査事例にあらわれた共通点と相違点 / p76 (0097.jp2)
  28. 第3章 調査の方法と調査対象地域及び対象者の特徴 / p84 (0105.jp2)
  29. 第1節 生活時間の調査票の設計 / p84 (0105.jp2)
  30. 3、調査日数 / p89 (0110.jp2)
  31. 第2節 生活時間構造と生活時間分類 / p92 (0113.jp2)
  32. 1、労働者世帯の生活時間構造 / p95 (0116.jp2)
  33. 2、労働者の生活時間分類 / p101 (0122.jp2)
  34. 3、労働者世帯の生涯生活時間と生活時間分類 / p107 (0128.jp2)
  35. 第3節 対象者の限定と選定方法 / p112 (0133.jp2)
  36. 1、対象者の選定 / p112 (0133.jp2)
  37. 2、対象者の選定 / p116 (0137.jp2)
  38. 第4節 調査の目的と質問票について / p122 (0143.jp2)
  39. 1、1975年調査の目的 / p122 (0143.jp2)
  40. 2、1980年調査の目的 / p123 (0144.jp2)
  41. 3、1985年調査の目的 / p123 (0144.jp2)
  42. 4、1990年調査の目的 / p124 (0145.jp2)
  43. 第5節 調査対象地域と対象者の特徴 / p125 (0146.jp2)
  44. 1、調査対象地域の特徴 / p125 (0146.jp2)
  45. 2、調査対象者の特徴 / p128 (0149.jp2)
  46. 第4章 雇用労働者夫妻の生活時間構造の特徴 / p134 (0155.jp2)
  47. 第1節 夫と妻の生活時間構造の相違 / p134 (0155.jp2)
  48. 第2節「妻の職の有無・勤務形態別」による生活時間構造の相違 / p143 (0164.jp2)
  49. 第3節 平日、土曜、休日、週による生活時間構造の相違 / p145 (0166.jp2)
  50. 1、夫の生活時間 / p145 (0166.jp2)
  51. 2、妻の生活時間 / p152 (0173.jp2)
  52. 第4節 15年間にわたる4回の調査の共通点と相違点 / p155 (0176.jp2)
  53. 第5章 諸外国との比較にみる日本の生活時間構造の特徴 / p167 (0188.jp2)
  54. 第1節 1960年代、1970年代の発達した資本主義国における国際比較 / p169 (0190.jp2)
  55. 1、サーライ等による12ケ国調査(1964~66年)との比較 / p169 (0190.jp2)
  56. 2、ニエミ等による8ケ国生活時間調査(1974~80年)比較研究との比較 / p172 (0193.jp2)
  57. 3、オールソン等の学齢期の子のいる都市の家庭の夫妻の生活時間調査との比較 / p174 (0195.jp2)
  58. 4、労働時間の国際比較 / p176 (0197.jp2)
  59. 第2節 1980年代前半の発達した資本主義国における国際比較 / p178 (0199.jp2)
  60. 1、各国の調査方法の概要 / p178 (0199.jp2)
  61. 2、7カ国の生活時間比較の結果 / p183 (0204.jp2)
  62. 第3節 1980年代後半の生活時間の国際比較 / p192 (0213.jp2)
  63. 1、比較に用いた資料の概要 / p192 (0213.jp2)
  64. 2、男女の生活時間の比較 / p194 (0215.jp2)
  65. 3、職の有無・勤務形態別の比較 / p198 (0219.jp2)
  66. 4、子どものいる男女の生活時間 / p204 (0225.jp2)
  67. 5、1980年代後半の生活時間の国際比較による雇用労働者夫妻の生活時間構造の特徴 / p206 (0227.jp2)
  68. 第4節 アジア6ケ国女性雇用労働者の生活時間 / p207 (0228.jp2)
  69. 1、タイ生活時間調査 / p207 (0228.jp2)
  70. 2、アジア6ケ国の生活時間 / p210 (0231.jp2)
  71. 3、事例による生活のしかた / p216 (0237.jp2)
  72. 4、アジアの雇用労働者の生活時間の特徴 / p217 (0238.jp2)
  73. 第6章 収入労働時間 / p219 (0240.jp2)
  74. 第1節 夫妻の「収入労働時間」の特徴 / p219 (0240.jp2)
  75. 1、夫の「収入労働時間」 / p220 (0241.jp2)
  76. 2、妻の「収入労働時間」 / p228 (0249.jp2)
  77. 第2節 夫の長時間労働の影響 / p236 (0257.jp2)
  78. 1、夫の「収入労働時間」が他の生活時間配分に与える影響 / p236 (0257.jp2)
  79. 2、通勤時間の長さが生活に与える影響 / p247 (0268.jp2)
  80. 第3節 家事・育児を担う女性労働者にとっての「収入労働時間」-労働に関する法律の改訂・均等法施行後の女性の労働時間延長と男性並労働の実態- / p254 (0275.jp2)
  81. 1、法律の制定、改訂がもたらす収入労働時間の延長とパートタイム化、派遣化 / p255 (0276.jp2)
  82. 2、家事・育児を担う女性労働者からみた生活時間問題 / p260 (0281.jp2)
  83. 第7章 家事的生活時間 / p265 (0286.jp2)
  84. 第1節 夫妻の「家事的生活時間」と性別役割分担 / p265 (0286.jp2)
  85. 1、夫妻の「家事分担率」 / p265 (0286.jp2)
  86. 第2節 共働き妻の二重の負担と疲労 / p280 (0301.jp2)
  87. 1、疲労研究の目的と方法の展開 / p280 (0301.jp2)
  88. 2、家事責任の遂行と乳幼児を抱える女性労働者の疲労 / p283 (0304.jp2)
  89. 第3節 家事労働の性格と「家事的生活時間」 / p287 (0308.jp2)
  90. 1、平日と土曜・休日の「家事的生活時間」配分の相違 / p288 (0309.jp2)
  91. 2、時間帯別家事時間 / p294 (0315.jp2)
  92. 3、寸断度と家事時間 / p299 (0320.jp2)
  93. 4、家事をするときの気持ち / p301 (0322.jp2)
  94. 5、家事の社会化と「家事的生活時間」の推移 / p306 (0327.jp2)
  95. 第8章 生理的生活時間 / p314 (0335.jp2)
  96. 第1節 夫妻の「生理的生活時間」の特徴 / p314 (0335.jp2)
  97. 1、夫と妻の「生理的生活時間」の相違 / p314 (0335.jp2)
  98. 2、「妻の職の有無・勤務形態別」による「生理的生活時間」の相違 / p317 (0338.jp2)
  99. 3、平日、土曜、休日、週推計における「生理的生活時間」の特徴 / p319 (0340.jp2)
  100. 第2節 夫妻の生理的生活時間の変動と疲労 / p321 (0342.jp2)
  101. 1、夫の「収入労働時間」別、夫妻の「生理的生活時間」 / p321 (0342.jp2)
  102. 2、疲労と睡眠 / p323 (0344.jp2)
  103. 第3節 生活リズムにみる「生理的生活時間」の問題点 / p329 (0350.jp2)
  104. 1、日勤者の生活リズム / p329 (0350.jp2)
  105. 2、睡眠リズムの国際比較 / p335 (0356.jp2)
  106. 第9章 社会的文化的生活時間 / p339 (0360.jp2)
  107. 第1節「社会的文化的生活時間」をめぐる問題 / p339 (0360.jp2)
  108. 第2節「社会的文化的生活時間」の特徴 / p341 (0362.jp2)
  109. 1、平日、休日、土曜、週推計にみる「妻の職の有無・勤務形態別」夫妻の「社会的文化的生活時間」の特徴 / p341 (0362.jp2)
  110. 2、「社会的文化的生活時間」の長さ別内容の変化 / p343 (0364.jp2)
  111. 第3節 趣味、スポーツ、社会的組織活動への参加状況にみる社会的文化的活動の特徴 / p351 (0372.jp2)
  112. 1、総務庁「社会生活基本調査」にみる趣味、スポーツ、社会的組織活動の動向 / p351 (0372.jp2)
  113. 2、1990年アンケート調査にみる「スポーツ」「趣味」「社会的組織活動」への参加状況 / p354 (0375.jp2)
  114. 3、生活実態と人間関係と老後の余暇生活 / p362 (0383.jp2)
  115. 第10章 生涯生活時間と人間発達 / p373 (0394.jp2)
  116. 第1節 これまでの生涯生活時間論 / p373 (0394.jp2)
  117. 1、政府による生涯生活時間論 / p373 (0394.jp2)
  118. 2、民間調査機関における生涯生活時間論 / p375 (0396.jp2)
  119. 3、家政学における生涯生活時間論 / p376 (0397.jp2)
  120. 第2節 生活時間調査結果による生涯生活時間 / p379 (0400.jp2)
  121. 1、NHK国民生活時間調査にみる生涯生活時間 / p379 (0400.jp2)
  122. 2、総務庁「社会生活基本調査」における生涯生活時間 / p383 (0404.jp2)
  123. 3、都市勤労者夫妻の生活時間調査結果から / p386 (0407.jp2)
  124. 第3節 生涯生活時間構造の視点からみた問題点 / p386 (0407.jp2)
  125. 終章 大都市雇用労働者夫妻の生活時間構造の特徴とその課題 / p390 (0411.jp2)
  126. 第1節 結果の要約 / p390 (0411.jp2)
  127. 第2節 大都市雇用労働者夫妻の生活時間構造の特徴 / p404 (0425.jp2)
  128. 第3節 課題と展望 / p407 (0428.jp2)
  129. 第4節 本研究の限界 / p413 (0434.jp2)
  130. 日本語文献 / p415 (0436.jp2)
  131. 欧文文献 / p426 (0447.jp2)
  132. 巻末資料 / p431 (0452.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133069
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967644
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297383
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ