平面応力下の連続体における最小重量化形状創成法に関する研究 ヘイメン オウリョクカ ノ レンゾクタイ ニオケル サイショウ ジュウリョウカ ケイジョウ ソウセイホウ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 伊藤, 志成 イトウ, モトミチ

書誌事項

タイトル

平面応力下の連続体における最小重量化形状創成法に関する研究

タイトル別名

ヘイメン オウリョクカ ノ レンゾクタイ ニオケル サイショウ ジュウリョウカ ケイジョウ ソウセイホウ ニカンスル ケンキュウ

著者名

伊藤, 志成

著者別名

イトウ, モトミチ

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第92号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

主査:大河内 禎一

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 記号 / p10 (0009.jp2)
  4. 第2章 最小重量化を目的とする構造形状創成法 / p12 (0010.jp2)
  5. 2.1 緒言 / p12 (0010.jp2)
  6. 2.2 逐次形状創成法 / p13 (0010.jp2)
  7. 2.3 構造形状変換例 / p24 (0016.jp2)
  8. 2.4 結言 / p29 (0018.jp2)
  9. 第3章 設計条件のモデル化が設計結果に与える影響 / p30 (0019.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p30 (0019.jp2)
  11. 3.2 構造形状と有限要素解析精度 / p30 (0019.jp2)
  12. 3.3 要素分割数が構造形状設計に与える影響 / p35 (0021.jp2)
  13. 3.4 設計条件のモデル化による最適形状への影響 / p44 (0026.jp2)
  14. 3.5 結言 / p50 (0029.jp2)
  15. 第4章 逐次形状創成法の最適性の検討 / p51 (0029.jp2)
  16. 4.1 緒言 / p51 (0029.jp2)
  17. 4.2 設計条件に対する逐次形状創成法の特性 / p51 (0029.jp2)
  18. 4.3 単一構造支持面に単一外力が作用する設計条件 / p52 (0030.jp2)
  19. 4.4 複数構造支持面に単一外力が作用する設計条件 / p59 (0033.jp2)
  20. 4.5 平等強さのはり / p62 (0035.jp2)
  21. 4.6 結言 / p64 (0036.jp2)
  22. 第5章 荷重形態に対応する多連結構造の創成 / p65 (0036.jp2)
  23. 5.1 緒言 / p65 (0036.jp2)
  24. 5.2 設計条件に対する逐次形状創成法の特性 / p65 (0036.jp2)
  25. 5.3 荷重条件に対応する多連結構造の創成 / p67 (0037.jp2)
  26. 5.4 単連結構造と多連結構造の比較 / p75 (0041.jp2)
  27. 5.5 結言 / p77 (0042.jp2)
  28. 第6章 修復設計のための補強構造形状の創成 / p78 (0043.jp2)
  29. 6.1 緒言 / p78 (0043.jp2)
  30. 6.2 修復設計のための拡張 / p79 (0043.jp2)
  31. 6.3 弱要素の弾性係数Elowの値の設定 / p81 (0044.jp2)
  32. 6.4 レイアウト最適化問題 / p81 (0044.jp2)
  33. 6.5 修復構造の形状創成計画 / p85 (0046.jp2)
  34. 6.6 結言 / p91 (0049.jp2)
  35. 第7章 結論 / p92 (0050.jp2)
  36. 参考文献 / p96 (0052.jp2)
  37. 謝辞 / p102 (0055.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133227
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967792
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000297541
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ