朝鮮人日本移民経済史 : 戦前の京阪神工業就労史及び戦後の起業者活動史

この論文をさがす

著者

    • 河, 明生 ハ, ミョンセン

書誌事項

タイトル

朝鮮人日本移民経済史 : 戦前の京阪神工業就労史及び戦後の起業者活動史

著者名

河, 明生

著者別名

ハ, ミョンセン

学位授与大学

神奈川大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

甲第8号

学位授与年月日

1996-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序論 / p1 (0005.jp2)
  2. 第一節「在日朝鮮人経済問題」 / p1 (0005.jp2)
  3. 一 現状及び意義 / p1 (0005.jp2)
  4. 二 先行研究と問題関心 / p4 (0008.jp2)
  5. 第二節 朝鮮人日本移民経済史の展開 / p9 (0013.jp2)
  6. 一 朝鮮人日本移民史の二つの視点 / p9 (0013.jp2)
  7. 二 戦前の京阪神工業就労史の展開 / p9 (0013.jp2)
  8. 三 戦後の起業者活動史の展開 / p14 (0018.jp2)
  9. 第一部 戦前の京阪神工業就労史-1924年より1939年迄- / p16 (0020.jp2)
  10. 第一章 基礎的諸問題 / p16 (0020.jp2)
  11. 序 / p16 (0020.jp2)
  12. 第一節 労働力特性 / p16 (0020.jp2)
  13. 一 朝鮮における職業 / p16 (0020.jp2)
  14. 二 教育程度 / p18 (0022.jp2)
  15. 三 日本語能力 / p19 (0023.jp2)
  16. 第二節 基本的性格 / p21 (0025.jp2)
  17. 一 内面的特性 / p21 (0025.jp2)
  18. 二 行動的特性 / p24 (0028.jp2)
  19. 結 / p28 (0032.jp2)
  20. 第二章 1920年代、朝鮮人の京阪神工業就労 / p29 (0033.jp2)
  21. 序 / p29 (0033.jp2)
  22. 第一節 前史-1910年代概要 / p29 (0033.jp2)
  23. 第二節 全国概要 / p34 (0038.jp2)
  24. 第三節 京都における工業就労 / p38 (0042.jp2)
  25. 一 在京朝鮮人人口推移 / p38 (0042.jp2)
  26. 二 京都工業就労実態 / p39 (0043.jp2)
  27. 第四節 大阪における工業就労 / p45 (0049.jp2)
  28. 一 在阪朝鮮人人口推移 / p45 (0049.jp2)
  29. 二 大阪工業就労実態 / p47 (0051.jp2)
  30. 第五節 兵庫・神戸における工業就労 / p53 (0057.jp2)
  31. 一 在兵庫朝鮮人人口推移 / p53 (0057.jp2)
  32. 二 兵庫・神戸工業就労実態 / p54 (0058.jp2)
  33. 結 / p59 (0063.jp2)
  34. 第三章 1930年代、朝鮮人の京阪神工業就労 / p60 (0064.jp2)
  35. 序 / p60 (0064.jp2)
  36. 第一節 全国概要 / p60 (0064.jp2)
  37. 第二節 京都における工業就労 / p64 (0068.jp2)
  38. 一 在京朝鮮人人口推移 / p64 (0068.jp2)
  39. 二 来京理由 / p64 (0068.jp2)
  40. 三 京都工業就労実態 / p67 (0071.jp2)
  41. 第三節 大阪における工業就労 / p73 (0077.jp2)
  42. 一 在阪朝鮮人人口推移 / p73 (0077.jp2)
  43. 二 来阪理由 / p74 (0078.jp2)
  44. 三 大阪工業就労実態 / p78 (0082.jp2)
  45. 第四節 兵庫・神戸における工業就労 / p83 (0087.jp2)
  46. 一 在兵庫朝鮮人口推移 / p83 (0087.jp2)
  47. 二 来兵庫理由 / p84 (0088.jp2)
  48. 三 兵庫・神戸工業就労実態 / p85 (0089.jp2)
  49. 第五節 後史-1940年代概要 / p90 (0094.jp2)
  50. 結 / p92 (0096.jp2)
  51. 第四章 日朝労働市場における競争者 / p93 (0097.jp2)
  52. 序 / p93 (0097.jp2)
  53. 第一節 朝鮮労働市場における競争者 / p94 (0098.jp2)
  54. 一 労働力移動を誘発した地域間賃金格差 / p94 (0098.jp2)
  55. 二 競争者としての中国人 / p97 (0101.jp2)
  56. 第二節 日本労働市場における競争者 / p106 (0110.jp2)
  57. 一 朝鮮人移民労働者が進出した労働市場 / p106 (0110.jp2)
  58. 二 競争者としての被差別部落民 / p110 (0114.jp2)
  59. 結 / p117 (0121.jp2)
  60. 第五章 京阪神工業就労過程 / p118 (0122.jp2)
  61. 序 / p118 (0122.jp2)
  62. 第一節 地縁による就労 / p119 (0123.jp2)
  63. 一 就労経路 / p119 (0123.jp2)
  64. 二 地縁を紐帯とする工業就労 / p121 (0125.jp2)
  65. 第二節 特定工業従事先駆者の就労過程 / p124 (0128.jp2)
  66. 一 企業公募による就労過程 / p124 (0128.jp2)
  67. 二「自己志願」による就労過程 / p126 (0130.jp2)
  68. 第三節 地域的原因による就労過程 / p126 (0130.jp2)
  69. 一 京阪神不良住宅地域への流入 / p126 (0130.jp2)
  70. 二 不良住宅地域流入原因 / p128 (0132.jp2)
  71. 第四節 事例研究 / p130 (0134.jp2)
  72. 一 神戸市長田ゴム工業就労過程 / p130 (0134.jp2)
  73. 二 京都市友禅染工業就労過程 / p137 (0141.jp2)
  74. 結 / p147 (0152.jp2)
  75. 第六章 下層労働市場適応過程 / p148 (0153.jp2)
  76. 序 / p148 (0153.jp2)
  77. 第一節 賃金比較 / p149 (0154.jp2)
  78. 第二節 生活費支出抑制 / p155 (0160.jp2)
  79. 一 生活費収支比較 / p155 (0160.jp2)
  80. 二 生活費支出抑制 / p161 (0166.jp2)
  81. 第三節 住居費支出抑制 / p165 (0170.jp2)
  82. 一 住居形態 / p165 (0170.jp2)
  83. 二 朝鮮人居住形態の特性 / p167 (0172.jp2)
  84. 三「密集同居」の効果 / p176 (0181.jp2)
  85. 結 / p180 (0184.jp2)
  86. 第二部 戦後の起業者活動史 / p182 (0186.jp2)
  87. 第七章 起業者活動概要 / p182 (0186.jp2)
  88. 序 / p182 (0186.jp2)
  89. 第一節 戦後の朝鮮人日本残留経緯 / p183 (0187.jp2)
  90. 第二節 朝鮮人経済団体 / p184 (0188.jp2)
  91. 一 朝鮮人経済団体の組織化 / p184 (0188.jp2)
  92. 二 組織化の経済的効用 / p186 (0190.jp2)
  93. 第三節 地場産業事例-神戸市ゴムケミカル靴工業における起業者活動 / p188 (0192.jp2)
  94. 一 起業者活動の顕在化 / p188 (0192.jp2)
  95. 二 企業規模及び主力生産品 / p190 (0194.jp2)
  96. 三 ゴム靴工業における起業者活動の分析 / p192 (0196.jp2)
  97. 四 ケミカル靴工業における起業者活動の分析 / p193 (0197.jp2)
  98. 結 / p195 (0199.jp2)
  99. 第八章「一世」の起業者活動における卓越性の原因 / p196 (0200.jp2)
  100. 序 / p196 (0200.jp2)
  101. 第一節「少数派」による典型的起業者活動-ロッテ創業者・辛格浩 / p197 (0201.jp2)
  102. 第二節「多数派」による典型的起業者活動-阪本紡績創業者・徐甲虎 / p199 (0203.jp2)
  103. 第三節「一世」起業者の民族的特性 / p201 (0205.jp2)
  104. 一 表徴された民族的特性 / p201 (0205.jp2)
  105. 二 民族的特性の源泉である「朝鮮儒教」 / p203 (0207.jp2)
  106. 第四節「一世」起業者活動を活発化させた社会経済的与件 / p205 (0209.jp2)
  107. 一 マイノリティに対する就職差別 / p205 (0209.jp2)
  108. 二 経済的機会の遭遇 / p207 (0211.jp2)
  109. 三 居留国政府によるマイノリティの企業者活動の「許容」 / p208 (0212.jp2)
  110. 結 / p209 (0213.jp2)
  111. 結論 / p211 (0215.jp2)
  112. 第一節 戦前の京阪神工業就労史 / p211 (0215.jp2)
  113. 第二節 戦後の起業者活動史 / p218 (0222.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133291
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967856
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297605
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ