古代歌謡の展開

この論文をさがす

著者

    • 宮岡, 薫 ミヤオカ, カオル

書誌事項

タイトル

古代歌謡の展開

著者名

宮岡, 薫

著者別名

ミヤオカ, カオル

学位授与大学

立命館大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第185号

学位授与年月日

1996-03-29

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一編『古事記』『日本書紀』歌謡の問題 / (0007.jp2)
  3. 第一章『古事記』『日本書紀』の民謡と芸謡 / p3 (0008.jp2)
  4. 一 はじめに / p3 (0008.jp2)
  5. 二 民謡と歌の場 / p6 (0010.jp2)
  6. 三 歌謡の実体 / p11 (0012.jp2)
  7. 四 芸謡の表現 / p14 (0014.jp2)
  8. 第二章『古事記』『日本書紀』歌謡の歌体と節名 / p21 (0017.jp2)
  9. 一 はじめに / p21 (0017.jp2)
  10. 二『古事記』歌謡の歌体 / p23 (0018.jp2)
  11. 三『日本書紀』歌謡の歌体 / p32 (0023.jp2)
  12. 四 歌体と歌の場面 / p42 (0028.jp2)
  13. 五 節名の注記 / p45 (0029.jp2)
  14. 第二編『古事記』『日本書紀』歌謡の場面の構成 / (0032.jp2)
  15. 第一章『古事記』における歌謡の場面構成 / p53 (0033.jp2)
  16. 一 はじめに / p53 (0033.jp2)
  17. 二 歌の場面の構成要素 / p55 (0034.jp2)
  18. 三「歌い手」「時」「事象」 / p62 (0038.jp2)
  19. 四 歌の場面の共通性 / p69 (0041.jp2)
  20. 第二章『古事記』にみる物語と歌謡との表通表現 / p79 (0046.jp2)
  21. 一 はじめに / p79 (0046.jp2)
  22. 二 共通表現の定義 / p81 (0047.jp2)
  23. 三 共通表現の実態 / p83 (0048.jp2)
  24. 四 各句ごとの共通表現 / p94 (0054.jp2)
  25. 第三章『古事記』における歌謡の場面の展開―「如此」の表現を中心に― / p105 (0059.jp2)
  26. 一 はじめに / p105 (0059.jp2)
  27. 二「如此」の意味 / p108 (0061.jp2)
  28. 三 場面の展開 / p115 (0064.jp2)
  29. 四 展開の方法 / p122 (0068.jp2)
  30. 第四章『日本書記』の歌謡記事―歌に関わる表現の整理― / p131 (0072.jp2)
  31. 一 はじめに / p131 (0072.jp2)
  32. 二 共通表現の実態 / p132 (0073.jp2)
  33. 三 記事の整理 / p143 (0078.jp2)
  34. 第五章『古事記』『日本書紀』に共通する歌謡の場面―「以歌」の表現を中心に― / p155 (0084.jp2)
  35. 一 はじめに / p155 (0084.jp2)
  36. 二「以歌」の意味 / p157 (0085.jp2)
  37. 三「以歌」の表現と場面の構成 / p161 (0087.jp2)
  38. 四「以歌」と歌の表現 / p167 (0090.jp2)
  39. 第三編『続日本紀』歌謡の展開 / (0093.jp2)
  40. 第一章『続日本紀』「御製歌」の表現―「そらみつ大和の国は」歌を中心に― / p175 (0094.jp2)
  41. 一 はじめに / p175 (0094.jp2)
  42. 二 五月五日の記事 / p178 (0096.jp2)
  43. 三「そらみつ大和の国は」歌の表現 / p182 (0098.jp2)
  44. 四 表現主体と歌の表現 / p187 (0100.jp2)
  45. 第二章『続日本紀』の饗宴歌―「天つ神御孫の命の」歌の表現を中心に― / p195 (0104.jp2)
  46. 一 はじめに / p195 (0104.jp2)
  47. 二「天つ神」歌の訓みと解釈 / p196 (0105.jp2)
  48. 三「取り持ちて」の表現 / p200 (0107.jp2)
  49. 四「この豊御酒を」の神聖化 / p206 (0110.jp2)
  50. 第三章『続日本紀』歌謡の解釈―「天つ神御孫の命の」句を中心に― / p213 (0113.jp2)
  51. 一 はじめに / p213 (0113.jp2)
  52. 二 記事の特色 / p214 (0114.jp2)
  53. 三「天つ神御孫の命の」の表現 / p217 (0115.jp2)
  54. 第四章『続日本紀』「やすみしし我ご大君は」歌の表現 / p229 (0121.jp2)
  55. 一 はじめに / p229 (0121.jp2)
  56. 二「因御製歌曰」の解釈 / p233 (0123.jp2)
  57. 三「又歌曰」の意味 / p236 (0125.jp2)
  58. 四「やすみしし我ご大君は」歌の表現 / p240 (0127.jp2)
  59. 第五章『続日本紀」の宣命にみえる歌謡 / p251 (0132.jp2)
  60. 一 はじめに / p251 (0132.jp2)
  61. 二 宣命にみえる表現 / p253 (0133.jp2)
  62. 三 歌謡の性格 / p257 (0135.jp2)
  63. 第六章『続日本紀』「海行かば」歌謡の表現 / p265 (0139.jp2)
  64. 一 はじめに / p265 (0139.jp2)
  65. 二「海行かば」歌と大伴氏 / p268 (0141.jp2)
  66. 三 歌謡の表現 / p271 (0142.jp2)
  67. 四「大君の辺に」の表現意図 / p276 (0145.jp2)
  68. 第七章『続日本紀』歌垣歌謡の性格―天平六年二月朔の「曲」を中心に― / p283 (0148.jp2)
  69. 一 はじめに / p283 (0148.jp2)
  70. 二 歌垣の特徴 / p285 (0149.jp2)
  71. 三 歌詞の想定 / p291 (0152.jp2)
  72. 第八章『続日本紀』歌垣歌謡の表現―「乙女らに男立ち添ひ」歌を中心に― / p301 (0157.jp2)
  73. 一 はじめに / p301 (0157.jp2)
  74. 二 由義宮の関係記事 / p303 (0158.jp2)
  75. 三 歌垣の性格 / p305 (0159.jp2)
  76. 四 詩垣と踏歌 / p307 (0160.jp2)
  77. 五「乙女らに」歌謡の表現 / p313 (0163.jp2)
  78. 第九章『続日本紀』の歌垣と歌謡の表現 / p323 (0168.jp2)
  79. 一 はじめに / p323 (0168.jp2)
  80. 二 歌垣の記事 / p324 (0169.jp2)
  81. 三 朱雀門の歌垣 / p330 (0172.jp2)
  82. 四 由義宮の歌垣 / p332 (0173.jp2)
  83. 五「淵も瀬も」歌謡の表現 / p335 (0174.jp2)
  84. 第四編『日本後紀』の歌謡 / (0178.jp2)
  85. 第一章『日本後紀』の勧酒歌 / p345 (0179.jp2)
  86. 一 はじめに / p345 (0179.jp2)
  87. 二 歌の場面 / p347 (0180.jp2)
  88. 三 記載歌の表現 / p353 (0183.jp2)
  89. 四 勧酒歌の表現 / p361 (0187.jp2)
  90. 付録 / p369 (0191.jp2)
  91. I 古代歌謡研究文献目録―一九八五年~一九九四年― / p369 (0191.jp2)
  92. II『続日本紀』歌謡研究文献目録 / p397 (0205.jp2)
  93. III『続日本紀』饗宴と歌舞記事索引 / p415 (0214.jp2)
  94. 収録論文初出一覧 / p461 (0237.jp2)
  95. あとがき / p464 (0239.jp2)
  96. 索引 / (0256.jp2)
  97. 事項索引 / p497 (0255.jp2)
  98. 研究者名・引用文献索引 / p485 (0249.jp2)
  99. 歌謡・和歌索引 / p479 (0246.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133304
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967870
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297618
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ