チタニルフタロシアニン薄膜の結晶性とキャリア挙動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 紺谷, 智則 コンタニ, トモノリ

書誌事項

タイトル

チタニルフタロシアニン薄膜の結晶性とキャリア挙動に関する研究

著者名

紺谷, 智則

著者別名

コンタニ, トモノリ

学位授与大学

茨城大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第4号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p9 (0007.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 フタロシアニンの発見 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2 フタロシアニンの製造法 / p2 (0010.jp2)
  6. 1.3 フタロシアニンの基礎的性質 / p4 (0011.jp2)
  7. 1.4 フタロシアニンの応用 / p17 (0017.jp2)
  8. 1.5 チタニルフタロシアニン / p18 (0018.jp2)
  9. 1.6 本研究の目的と本論文の構成 / p23 (0020.jp2)
  10. 第2章 チタニルフタロシアニン薄膜の結晶構造と抵抗率 / p26 (0022.jp2)
  11. 2.1 薄膜の作製方法 / p26 (0022.jp2)
  12. 2.2 粉末TiOPcのX線回折 / p29 (0023.jp2)
  13. 2.3 TiOPc薄膜の作製 / p30 (0024.jp2)
  14. 2.4 TiOPc薄膜のX線回折 / p31 (0024.jp2)
  15. 2.5 TiOPc薄膜の抵抗率 / p40 (0029.jp2)
  16. 2.6 TiOPc薄膜の導電率の温度依存性 / p58 (0038.jp2)
  17. 2.7 まとめ / p74 (0046.jp2)
  18. 第3章 チタニルフタロシアニン薄膜におけるキャリアの移動度 / p77 (0047.jp2)
  19. 3.1 Time-of-Flight法による移動度測定の原理 / p77 (0047.jp2)
  20. 3.2 Time-of-Flight法によるキャリア移動度測定用の試料の作製 / p82 (0050.jp2)
  21. 3.3 Time-of-Flight法によるキャリア移動度の測定 / p83 (0050.jp2)
  22. 3.4 Time-of-Flight法によるキャリア移動度の測定結果 / p90 (0054.jp2)
  23. 3.5 まとめ / p104 (0061.jp2)
  24. 第4章 チタニルフタロシアニン薄膜の表面モフォロジーと光電導 / p106 (0062.jp2)
  25. 4.1 TiOPc薄膜のSTMによる表面観察 / p106 (0062.jp2)
  26. 4.2 TiOPc薄膜の光透過スペクトル / p113 (0065.jp2)
  27. 4.3 TiOPc薄膜の光電導 / p123 (0070.jp2)
  28. 4.4 まとめ / p134 (0076.jp2)
  29. 第5章 総合考察および結論 / p136 (0077.jp2)
  30. 5.1 総合考察 / p136 (0077.jp2)
  31. 5.2 結論 / p139 (0078.jp2)
  32. 参考文献 / p141 (0079.jp2)
  33. 研究業績 / p146 (0082.jp2)
  34. 謝辞 / p148 (0083.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133337
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967902
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297651
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ