液晶中の可動性空間電荷の挙動と液晶表示素子への影響

この論文をさがす

著者

    • 中野渡, 旬 ナカノワタリ, ジュン

書誌事項

タイトル

液晶中の可動性空間電荷の挙動と液晶表示素子への影響

著者名

中野渡, 旬

著者別名

ナカノワタリ, ジュン

学位授与大学

茨城大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第6号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0007.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 1-1 緒言 / p1 (0009.jp2)
  4. 1-2 液晶の相 / p3 (0011.jp2)
  5. 第2章 液晶表示素子の表示原理 / p7 (0015.jp2)
  6. 2-1 緒言 / p7 (0015.jp2)
  7. 2-2 動的散乱モード(Dynamic Scatering Mode) / p8 (0016.jp2)
  8. 2-3 表面安定化強誘電性液晶モード(Surface Stabilized Ferroelectric Mode) / p10 (0018.jp2)
  9. 2-4 ツイステッドネマティックモード(Twisted Nematic Mode) / p12 (0020.jp2)
  10. 2-5 スーパーツイステッドネマティックモード(Super Twisted Nematic Mode) / p12 (0020.jp2)
  11. 2-6 ゲストホストモード(Guest Host Mode) / p19 (0027.jp2)
  12. 2-7 電界効果複屈折モード(Electrically Controlled Birefringence Mode) / p19 (0027.jp2)
  13. 2-8 液晶セル内のイオン移動と本研究の位置付け / p22 (0030.jp2)
  14. 2-9 本研究の目的 / p23 (0031.jp2)
  15. 第3章 非水溶液中でのイオンの挙動 / p24 (0032.jp2)
  16. 3-1 緒言 / p24 (0032.jp2)
  17. 3-2 溶媒の誘電率とイオンの解離 / p24 (0032.jp2)
  18. 3-3 液晶の粘度とイオンの移動度 / p26 (0034.jp2)
  19. 第4章 液晶中に含まれるイオンの解析方法 / p29 (0037.jp2)
  20. 4-1 緒言 / p29 (0037.jp2)
  21. 4-2 比抵抗測定による方法 / p30 (0038.jp2)
  22. 4-3 インピーダンスアナライザによる方法 / p35 (0043.jp2)
  23. 4-4 矩形波による強誘電性液晶パネルのイオン電流の測定 / p54 (0062.jp2)
  24. 4-5 三角波印加時の過渡電流波形の解析より求める方法 / p61 (0069.jp2)
  25. 4-6 電圧保持率により解析する方法 / p72 (0080.jp2)
  26. 第5章 強誘電性液晶中のイオンの挙動と動作特性 / p74 (0082.jp2)
  27. 5-1 緒言 / p74 (0082.jp2)
  28. 5-2 表面安定化強誘電性液晶素子とイオンの挙動 / p74 (0082.jp2)
  29. 5-3 強誘電性液晶表示素子の内部電界の評価方法 / p75 (0083.jp2)
  30. 5-4 空間電荷補償型強誘電性液晶素子の提案 / p82 (0090.jp2)
  31. 第6章 TN,STN,TFT液晶素子の中のイオンの挙動と動作特性 / p92 (0100.jp2)
  32. 6-1 緒言 / p92 (0100.jp2)
  33. 6-2 TN素子とイオンの挙動 / p93 (0101.jp2)
  34. 6-3 STN素子とイオンの挙動 / p94 (0102.jp2)
  35. 6-4 TFT素子とイオンの挙動 / p95 (0103.jp2)
  36. 第7章 まとめ / p105 (0113.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133339
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967903
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297653
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ