【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

細粒分を含む砂質地盤の液状化とそれに伴なう地盤沈下特性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 足立, 雅樹 アダチ, マサキ

書誌事項

タイトル

細粒分を含む砂質地盤の液状化とそれに伴なう地盤沈下特性に関する研究

著者名

足立, 雅樹

著者別名

アダチ, マサキ

学位授与大学

茨城大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第20号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  2. 1.1 研究の背景 / p1 (0008.jp2)
  3. 1.2 研究目的 / p2 (0009.jp2)
  4. 1.3 研究概要 / p3 (0009.jp2)
  5. 第2章 細粒分を含む砂質地盤の液状化による地盤災害 / p7 (0012.jp2)
  6. 2.1 概説 / p7 (0012.jp2)
  7. 2.2 細粒分を含む砂質土の液状化現象の概要 / p8 (0013.jp2)
  8. 第3章 本研究で対象とする砂質土地盤の液状化による被害に関する研究の現状と問題点 / p18 (0019.jp2)
  9. 3.1 概説 / p18 (0019.jp2)
  10. 3.2 既往の研究 / p18 (0019.jp2)
  11. 3.3 最近の地震調査結果およびそれに基づく砂質地盤の問題点 / p28 (0024.jp2)
  12. 3.4 まとめ / p36 (0028.jp2)
  13. 第4章 細粒分を含む砂質土の静的せん断特性及び液状化特性に関する実験とその方法 / p38 (0030.jp2)
  14. 4.1 概説 / p38 (0030.jp2)
  15. 4.2 本研究で対象とした砂および細粒土の基本的な特性 / p39 (0031.jp2)
  16. 4.3 試料及び供試体の作成方法 / p43 (0033.jp2)
  17. 4.4 まとめ / p51 (0037.jp2)
  18. 第5章 細粒分を含む砂質土及びシルト質土の非排水静的せん断強度特性 / p53 (0039.jp2)
  19. 5.1 概説 / p53 (0039.jp2)
  20. 5.2 実験概要 / p54 (0040.jp2)
  21. 5.3 実験結果 / p57 (0041.jp2)
  22. 5.4 強度特性に及ぼす構造異方性の影響 / p79 (0052.jp2)
  23. 5.5 まとめ / p82 (0054.jp2)
  24. 第6章 細粒分を含む砂質土及びシルト質土の液状化特性 / p84 (0056.jp2)
  25. 6.1 概説 / p84 (0056.jp2)
  26. 6.2 実験概要 / p85 (0057.jp2)
  27. 6.3 実験結果 / p88 (0058.jp2)
  28. 6.4 液状化特性とその定式化 / p113 (0071.jp2)
  29. 6.5 液状化後の体積変化特性とその定式化 / p118 (0073.jp2)
  30. 6.6 液状化に及ぼす異方性の影響 / p127 (0078.jp2)
  31. 6.7 まとめ / p129 (0079.jp2)
  32. 第7章 コーン貫入試験による細粒分を含む砂質土と液状化予測への適用 / p133 (0082.jp2)
  33. 7.1 概説 / p133 (0082.jp2)
  34. 7.2 コーン貫入試験を媒介とした液状化予測手順 / p134 (0083.jp2)
  35. 7.3 実験概要 / p135 (0083.jp2)
  36. 7.4 コーン貫入試験結果とその利用 / p139 (0085.jp2)
  37. 7.5 液状化予測への適用 / p146 (0089.jp2)
  38. 7.6 まとめ / p148 (0090.jp2)
  39. 第8章 地理情報システム(GIS)を用いた細粒分を含む砂質地盤の液状化予測 / (0091.jp2)
  40. 8.1 概説 / p149 (0091.jp2)
  41. 8.2 地理情報システムの特徴とその利用 / p152 (0093.jp2)
  42. 8.3 基本的な液状化予測 / p155 (0094.jp2)
  43. 8.4 ミクロ的な液状化予測 / p169 (0101.jp2)
  44. 8.5 液状化予測の適用 / p179 (0106.jp2)
  45. 8.6 液状化後の沈下予測 / p192 (0113.jp2)
  46. 8.6 まとめ / p194 (0114.jp2)
  47. 第9章 結論 / p197 (0116.jp2)
  48. 謝辞 / p202 (0119.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133353
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967917
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297667
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ