Clinical significance of measurement of eosinophil protein-X in serum and sputum of asthma patients 気管支喘息患者における血清中および喀痰中EPX測定の臨床的意義

この論文をさがす

著者

    • 小関, 隆 コセキ, タカシ

書誌事項

タイトル

Clinical significance of measurement of eosinophil protein-X in serum and sputum of asthma patients

タイトル別名

気管支喘息患者における血清中および喀痰中EPX測定の臨床的意義

著者名

小関, 隆

著者別名

コセキ, タカシ

学位授与大学

獨協医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第294号

学位授与年月日

1996-03-30

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133439
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000967999
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000297753
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ