【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

自脱コンバインの走行性向上に関する研究 ジダツ コンバイン ノ ソウコウセイ コウジヨウ ニ カンスル ケンキユウ

この論文をさがす

著者

    • 澤村, 篤 サワムラ, アツシ

書誌事項

タイトル

自脱コンバインの走行性向上に関する研究

タイトル別名

ジダツ コンバイン ノ ソウコウセイ コウジヨウ ニ カンスル ケンキユウ

著者名

澤村, 篤

著者別名

サワムラ, アツシ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

農学博士

学位授与番号

甲第171号

学位授与年月日

1983-03-25

注記・抄録

博士論文

筑波大学農学博士学位論文・昭和58年3月25日授与

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第I章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. I.1 コンバインと走行装置 / p1 (0009.jp2)
  4. I.2 走行性とその問題点 / p3 (0011.jp2)
  5. I.3 従来の研究と設定課題 / p6 (0014.jp2)
  6. I.4 本研究の目的 / p9 (0017.jp2)
  7. 第II章 走行装置の調査 / p11 (0019.jp2)
  8. II.1 はじめに / p11 (0019.jp2)
  9. II.2 調査方法と調査項目 / p11 (0019.jp2)
  10. II.3 調査結果 / p12 (0020.jp2)
  11. 第III章 供試機と走行面および供試土 / p25 (0033.jp2)
  12. III.1 はじめに / p25 (0033.jp2)
  13. III.2 供試機の構造と諸元 / p27 (0035.jp2)
  14. III.3 走行面および供試土 / p34 (0003.jp2)
  15. 第IV章 沈下に関する研究 / p38 (0046.jp2)
  16. IV.1 はじめに / p38 (0046.jp2)
  17. IV.2 沈下試験の目的 / p39 (0047.jp2)
  18. IV.3 接地部形状の変化に関する要因分析 / p40 (0048.jp2)
  19. IV.4 含水比と沈下量 / p47 (0055.jp2)
  20. IV.5 履帯中心距離と沈下量 / p50 (0058.jp2)
  21. IV.6 結語 / p52 (0060.jp2)
  22. 第V章 走行抵抗に関する研究 / p54 (0062.jp2)
  23. V.1 はじめに / p54 (0062.jp2)
  24. V.2 走行抵抗試験の目的 / p56 (0064.jp2)
  25. V.3 受働土圧と排土・圧縮抵抗 / p57 (0065.jp2)
  26. V.4 沈下量およびモデルの単純化と排土・圧縮抵抗 / p63 (0071.jp2)
  27. V.5 モデルの形状と排土抵抗 / p69 (0077.jp2)
  28. V.6 モデルの形状と滑走抵抗 / p75 (0083.jp2)
  29. V.7 含水比と滑走抵抗 / p79 (0087.jp2)
  30. V.8 結語 / p85 (0093.jp2)
  31. 第VI章 重心位置と直進性に関する研究 / p88 (0096.jp2)
  32. VI.1 はじめに / p88 (0096.jp2)
  33. VI.2 直進試験の目的 / p89 (0097.jp2)
  34. VI.3 重心位置の設定と直進性の表示法 / p91 (0099.jp2)
  35. VI.4 コンバイン原型の直進性 / p97 (0105.jp2)
  36. VI.5 水田における重心位置と直進性 / p99 (0107.jp2)
  37. VI.6 コンクリート面における重心位置と直進性 / p104 (0112.jp2)
  38. VI.7 軟弱地における重心位置と直進性 / p107 (0115.jp2)
  39. VI.8 結語 / p119 (0127.jp2)
  40. 第VII章 重心位置と旋回性に関する研究 / p123 (0131.jp2)
  41. VII.1 はじめに / p123 (0131.jp2)
  42. VII.2 旋回試験の目的 / p124 (0132.jp2)
  43. VII.3 重心位置と旋回性ならびにその測定表示法 / p126 (0134.jp2)
  44. VII.4 水田における重心位置と旋回性 / p132 (0140.jp2)
  45. VII.5 コンクリート面における重心位置と旋回性 / p140 (0148.jp2)
  46. VII.6 軟弱地における重心位置と旋回性 / p144 (0152.jp2)
  47. VII.7 結語 / p158 (0166.jp2)
  48. 第VIII章 結論 / p163 (0171.jp2)
  49. 第IX章 本論文の概要 / p168 (0176.jp2)
  50. 謝辞 / p176 (0184.jp2)
  51. 主要記号 / p177 (0185.jp2)
  52. 参考文献 / p179 (0187.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133615
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000968170
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000297929
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ