幼児の外界に対する操作手段の獲得に関する発達心理学的研究 ヨウジ ノ ガイカイ ニ タイスル ソウサ シユダン ノ カクトク ニ カンスル ハツタツ シンリガクテキ ケンキユウ

この論文をさがす

著者

    • 渡辺, 弘純 ワタナベ, ヒロズミ

書誌事項

タイトル

幼児の外界に対する操作手段の獲得に関する発達心理学的研究

タイトル別名

ヨウジ ノ ガイカイ ニ タイスル ソウサ シユダン ノ カクトク ニ カンスル ハツタツ シンリガクテキ ケンキユウ

著者名

渡辺, 弘純

著者別名

ワタナベ, ヒロズミ

学位授与大学

筑波大学

取得学位

教育学博士

学位授与番号

乙第109号

学位授与年月日

1982-11-30

注記・抄録

博士論文

筑波大学教育学博士学位論文・昭和57年11月30日授与(乙第109号)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 幼児前期から後期への発達的移行 / p1 (0012.jp2)
  3. 第1節 Piagetの立場 / p3 (0014.jp2)
  4. 第2節 「人格」を問題とする立場からの発達段階区分 / p16 (0027.jp2)
  5. 第3節 幼児の認知的発達に対する外界からの働きかけの有効性と限界 / p25 (0036.jp2)
  6. 第2章 精神発達における外界に対する操作手段の位置 / p40 (0051.jp2)
  7. 第1節 外界に対する操作手段とは / p41 (0052.jp2)
  8. 第2節 人間の精神発達における対象操作手段の占める位置 / p48 (0059.jp2)
  9. 第3節 外界に対する操作と内界に対する操作 / p56 (0067.jp2)
  10. 第4節 外界に対する操作手段の獲得と共感・共同行動・コミュニケーション・相互理解の進展 / p62 (0073.jp2)
  11. 第3章 幼児における外界に対する操作手段の獲得 / p73 (0084.jp2)
  12. 第1節 発達過程における外界に対する操作手段の進展 / p74 (0085.jp2)
  13. 第2節 幼児における新しい外界に対する操作手段の獲得 / p84 (0095.jp2)
  14. 第4章 本研究の目的と構成 / p107 (0118.jp2)
  15. 第5章 具体的活動からみた幼児の問題解決様式の発達的移行に関する実験 / p117 (0128.jp2)
  16. 第1節 問題の所在 / p118 (0129.jp2)
  17. 第2節 課題解決過程における手の活動の発達的変化に関する研究 / p125 (0136.jp2)
  18. <実験I-A> / p125 (0136.jp2)
  19. 第3節 課題解決過程における手の活動の発達的変化に関する縦断的研究 / p144 (0155.jp2)
  20. <実験I-B> / p144 (0155.jp2)
  21. 第4節 討論と要約 / p155 (0166.jp2)
  22. 第6章 知覚的活動からみた幼児の問題解決様式の発達的移行に関する実験 / p163 (0174.jp2)
  23. 第1節 問題の所在 / p164 (0175.jp2)
  24. 第2節 図形分類に及ぼす知覚的活動の組織化と社会的吟味手段形成の効果に関する研究 / p171 (0182.jp2)
  25. <実験II-A> / p171 (0182.jp2)
  26. 第3節 眼球運動を指標とする幾何図形分類時の視覚的探索活動の発達に関する研究 / p182 (0193.jp2)
  27. <実験II-B> / p182 (0193.jp2)
  28. 第4節 具体的事物名呼称を指標とする視覚的探索活動の発達に関する研究 / p195 (0206.jp2)
  29. <実験II-C> / p195 (0206.jp2)
  30. 第5節 要約的討論 / p209 (0220.jp2)
  31. 第7章 言語的活動からみた幼児の問題解決様式の発達的移行に関する実験 / p218 (0229.jp2)
  32. 第1節 問題の所在 / p219 (0230.jp2)
  33. 第2節 弁別逆転学習による言語機能の発達に関する研究(I) / p223 (0234.jp2)
  34. <実験III-A> / p223 (0234.jp2)
  35. 第3節 弁別逆転学習による言語機能の発達に関する研究(II) / p251 (0262.jp2)
  36. <実験III-B> / p251 (0262.jp2)
  37. 第4節 言語の行動調整機能の発達に関する研究 / p289 (0300.jp2)
  38. <実験III-C> / p289 (0300.jp2)
  39. 第5節 要約 / p303 (0314.jp2)
  40. 第8章 具体的活動における発達的移行と言語の行動調整機能の獲得水準の関係について / p308 (0319.jp2)
  41. 第1節 問題の所在 / p309 (0320.jp2)
  42. 第2節 言語の行動調整機能と課題解決場面における手の活動・「生産性」・「生産性」の持続 / p313 (0324.jp2)
  43. <実験IV-A> / p313 (0324.jp2)
  44. 第3節 言語の行動調整機能と具体的活動の抑制・展開の持続 / p330 (0341.jp2)
  45. <実験IV-B> / p330 (0341.jp2)
  46. 第4節 要約 / p347 (0358.jp2)
  47. 第9章 知覚的活動における発達的移行と言語の行動調整機能の獲得水準の関係について / p351 (0362.jp2)
  48. 第1節 問題の所在 / p352 (0363.jp2)
  49. 第2節 言語の行動調整機能の獲得水準と視覚的探索活動の組織的展開 / p358 (0369.jp2)
  50. <実験V-A> / p358 (0369.jp2)
  51. 第3節 言語の行動調整機能の獲得水準と視覚的探索活動としての認知型課題に対する反応 / p373 (0384.jp2)
  52. <実験V-B> / p373 (0384.jp2)
  53. 第4節 要約 / p390 (0401.jp2)
  54. 第10章 言語的活動における発達的移行と言語の行動調整機能の獲得水準の関係について / p394 (0405.jp2)
  55. 第1節 問題の所在 / p395 (0406.jp2)
  56. 第2節 言語の行動調整機能の獲得水準と弁別逆転学習における言語化の効果 / p400 (0411.jp2)
  57. <実験VI-A> / p400 (0411.jp2)
  58. 第3節 言語の行動調整機能の獲得水準と文の作成・能動文-受動文変換能力 / p414 (0425.jp2)
  59. <実験VI-B> / p414 (0425.jp2)
  60. 第4節 要約 / p436 (0447.jp2)
  61. 第11章 日常生活場面における行動の変化と言語の行動調整機能の獲得水準の関係について / p440 (0451.jp2)
  62. 第1節 問題の所在 / p441 (0452.jp2)
  63. 第2節 言語の行動調整機能の獲得水準と質問紙法による幼児の日常生活場面における行動 / p447 (0458.jp2)
  64. <実験VII-A> / p447 (0458.jp2)
  65. 第3節 言語の行動調整機能の獲得水準と幼児の運動的機能の発達 / p465 (0476.jp2)
  66. <実験VII-B> / p465 (0476.jp2)
  67. 第4節 要約 / p479 (0490.jp2)
  68. 第12章 本研究の要約と今後の発展的課題 / p483 (0494.jp2)
  69. 第1節 問題の所在と研究の目的 / p484 (0495.jp2)
  70. 第2節 研究の方法 / p489 (0500.jp2)
  71. 第3節 研究の結果 / p492 (0503.jp2)
  72. 第4節 今後の発展的課題 / p496 (0507.jp2)
  73. 文献 / p498 (0509.jp2)
  74. おわりに / p519 (0530.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133634
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000968189
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000297948
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ