表面型大腸腫瘍における変異型p53蛋白発現に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 奥田, 準二 オクダ, ジュンジ

書誌事項

タイトル

表面型大腸腫瘍における変異型p53蛋白発現に関する研究

著者名

奥田, 準二

著者別名

オクダ, ジュンジ

学位授与大学

大阪医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第694号

学位授与年月日

1996-03-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0001.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0001.jp2)
  3. 第2章 対象および方法 / p2 (0002.jp2)
  4. 第1節 対象 / p2 (0002.jp2)
  5. 第2節 研究方法 / p2 (0002.jp2)
  6. 第1項 組織標本の作成方法 / p2 (0002.jp2)
  7. 第2項 免疫組織化学染色 / p2 (0002.jp2)
  8. 第3項 p53遺伝子解析(PCR-SSCP法) / p3 (0003.jp2)
  9. 第3章 成績 / p4 (0004.jp2)
  10. 第1節 変異型p53蛋白発現 / p4 (0004.jp2)
  11. 第1項 腺腫・粘膜内癌・粘膜下層癌別の変異型p53蛋白発現率 / p4 (0004.jp2)
  12. 第2項 形態分類別の変異型p53蛋白発現率 / p4 (0004.jp2)
  13. 第3項 変異型p53蛋白発現例の発現様式 / p4 (0004.jp2)
  14. 第4項 術前生検標本の変異型p53蛋白発現について / p5 (0005.jp2)
  15. 第2節 PCNA陽性細胞率 / p5 (0005.jp2)
  16. 第3節 p53遺伝子解析 / p7 (0007.jp2)
  17. 第4章 考察 / p7 (0007.jp2)
  18. 1.表面型大腸腫瘍と変異型p53蛋白発現について / p8 (0008.jp2)
  19. 2.表面隆起型腫瘍と表面陥凹型腫瘍の比較 / p9 (0009.jp2)
  20. 3.表面型大腸腫瘍の術前質的診断に対する生検標本のp53免疫染色の有効性について / p9 (0009.jp2)
  21. 第5章 結論 / p9 (0009.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133755
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000972966
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298069
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ