水生動物のビテロゲニンに関する研究

この論文をさがす

著者

    • 小松, 正治 コマツ, マサハル

書誌事項

タイトル

水生動物のビテロゲニンに関する研究

著者名

小松, 正治

著者別名

コマツ, マサハル

学位授与大学

鹿児島大学

取得学位

博士 (水産学)

学位授与番号

甲第117号

学位授与年月日

1996-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p3 (0005.jp2)
  2. Abstract / p1 (0003.jp2)
  3. 要旨 / p2 (0004.jp2)
  4. 目次 / p3 (0005.jp2)
  5. 略語表 / p4 (0006.jp2)
  6. 緒言 / p1 (0007.jp2)
  7. 第1章 ニホンウナギのビテロゲニン / p6 (0012.jp2)
  8. 第1節 エストラジオール17β(E₂)処理したウナギの血漿中のビテロゲニン / p7 (0013.jp2)
  9. 第1項 血漿ビテロゲニンの精製法の確立 / p7 (0013.jp2)
  10. 第2項 精製ビテロゲニンの性状 / p16 (0022.jp2)
  11. 第3項 精製ビテロゲニンのトリプシン処理後に出現するプロテアーゼ活性 / p21 (0027.jp2)
  12. 第4項 ビテロゲニンに潜むプロテアーゼ活性の性質 / p26 (0032.jp2)
  13. 第5項 総合考察 / p35 (0041.jp2)
  14. 第2節 培養肝細胞におけるE₂によるビテロゲニンの合成・分泌の誘導 / p37 (0043.jp2)
  15. 第1項 ビテロゲニンの誘導におけるE₂濃度の影響 / p37 (0043.jp2)
  16. 第2項 E₂処理を施したウナギ血清がビテロゲニンの誘導に与える影響 / p42 (0048.jp2)
  17. 第3項 E₂処理を施したウナギから調製した肝細胞によるビテロゲニンの分泌 / p45 (0051.jp2)
  18. 第4項 細胞タンパク質および分泌タンパク質含量に及ぼす細胞密度および細胞接着物質の影響 / p46 (0052.jp2)
  19. 第5項 総合考察 / p49 (0055.jp2)
  20. 第2章 水産甲殻類のビテロゲニン / p50 (0056.jp2)
  21. 第1節 水産甲殻類のビテロゲニンの検索 / p51 (0057.jp2)
  22. 第1項 甲殻類5種の血リンパリポタンパク質の単離および性状 / p51 (0057.jp2)
  23. 第2項 甲殻類の卵リポタンパク質の単離および性状 / p63 (0069.jp2)
  24. 第3項 総合考察 / p71 (0077.jp2)
  25. 第2節 オオバウチワエビの血リンパビテロゲニンと卵リポビテリンの関連性 / p73 (0079.jp2)
  26. 第1項 トリプシンによるビテロゲニンの分解 / p73 (0079.jp2)
  27. 第2項 卵に存在する新奇な低密度リポタンパク質の機能 / p75 (0081.jp2)
  28. 第3項 卵低密度リポタンパク質により分解したビテロゲニンに新たに出現するプロテアーゼ活性 / p81 (0087.jp2)
  29. 第4項 総合考察 / p86 (0092.jp2)
  30. 第3章 総括 / p88 (0094.jp2)
  31. 謝辞 / p90 (0096.jp2)
  32. 参考文献 / p91 (0097.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133837
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973035
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298151
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ