眼内薬物動態のin vivo/in vitro相関に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大鳥, 聡 オオトリ, アキラ

書誌事項

タイトル

眼内薬物動態のin vivo/in vitro相関に関する研究

著者名

大鳥, 聡

著者別名

オオトリ, アキラ

学位授与大学

九州工業大学

取得学位

博士 (情報工学)

学位授与番号

甲第2号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

九州工業大学博士学位論文 学位記番号:情工博甲第2号 学位授与年月日:平成8年3月25日

平成7年度

目次

  1. 論文要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / p3 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  4. 第2章 既往研究 / p3 (0010.jp2)
  5. 第1節 薬物送達システム / p3 (0005.jp2)
  6. 第2節 眼科薬物送達システム / p4 (0011.jp2)
  7. 第3節 眼内薬物速度論モデル / p7 (0014.jp2)
  8. 第3章 薬物の角膜および強膜透過におよぼす種差の影響-In vitro透過実験による評価- / p8 (0015.jp2)
  9. 第1節 緒言 / p8 (0015.jp2)
  10. 第2節 実験方法 / p8 (0015.jp2)
  11. 2-1 実験動物および試薬 / p8 (0015.jp2)
  12. 2-2.In vitro透過実験 / p9 (0016.jp2)
  13. 第3節 データ解析方法 / p9 (0016.jp2)
  14. 3-1.透過パラメーターの導出 / p10 (0017.jp2)
  15. 3-2.2層膜モデル / p11 (0018.jp2)
  16. 第4節 結果 / p12 (0019.jp2)
  17. 第5節 考察 / p14 (0021.jp2)
  18. 要約 / p15 (0022.jp2)
  19. 第4章 薬物の水晶体への移行 / p26 (0033.jp2)
  20. 第1節 緒言 / p26 (0033.jp2)
  21. 第2節 実験方法 / p26 (0033.jp2)
  22. 2-1.実験動物および試薬 / p26 (0020.jp2)
  23. 2-2.In vitro水晶体内薬物濃度変化の測定 / p27 (0034.jp2)
  24. 第3節 データ解析 / p28 (0035.jp2)
  25. 3-1.拡散/結合モデル / p28 (0035.jp2)
  26. 第4節 結果 / p29 (0036.jp2)
  27. 4-1.平衡濃度 / p29 (0036.jp2)
  28. 4-2.薬物の取り込み・放出挙動 / p30 (0037.jp2)
  29. 第5節 考察 / p30 (0037.jp2)
  30. 要約 / p31 (0038.jp2)
  31. 第5章 コンピューターシミュレーションによる硝子体内薬物投与のin vivo/in vitro相関 / p38 (0045.jp2)
  32. 第1節 緒言 / p38 (0045.jp2)
  33. 第2節 実験方法 / p38 (0045.jp2)
  34. 2-1.実験動物および試薬 / p38 (0045.jp2)
  35. 2-2.In vivo/in vitro相関法 / p39 (0046.jp2)
  36. 2-3.硝子体内での薬物拡散係数測定 / p39 (0046.jp2)
  37. 2-4.硝子体内代謝 / p39 (0046.jp2)
  38. 2-5.In vitro網膜・強膜透過実験 / p40 (0047.jp2)
  39. 2-6.In vitro水晶体透過実験 / p40 (0047.jp2)
  40. 2-7.In vivo実験 / p40 (0047.jp2)
  41. 2-8.硝子体内初期薬物濃度分布 / p40 (0047.jp2)
  42. 2-9.硝子体内薬物動態モデル / p41 (0048.jp2)
  43. 第3節 結果 / p43 (0050.jp2)
  44. 3-1.硝子体内薬物拡散 / p43 (0050.jp2)
  45. 3-2.硝子体内での代謝 / p43 (0050.jp2)
  46. 3-3.網膜・強膜透過性 / p44 (0051.jp2)
  47. 3-4.水晶体カプセル透過性 / p44 (0051.jp2)
  48. 3-5.硝子体内初期濃度分布 / p44 (0051.jp2)
  49. 3-6.モデルパラメーターの決定 / p44 (0051.jp2)
  50. 3-7.In vivo実験データと計算予測値との比較 / p45 (0052.jp2)
  51. 第4節 考察 / p45 (0052.jp2)
  52. 要約 / p46 (0053.jp2)
  53. 第6章 眼圧降下作用と眼内薬物動態 / p61 (0068.jp2)
  54. 第1節 緒言 / p61 (0068.jp2)
  55. 第2節 実験方法 / p61 (0068.jp2)
  56. 2-1.実験動物および試薬 / p61 (0068.jp2)
  57. 2-2.実験方法 / p61 (0068.jp2)
  58. 2-3.薬物眼内動態/薬効の速度論モデル / p62 (0069.jp2)
  59. 第3節 結果および考察 / p63 (0070.jp2)
  60. 3-1.薬物点眼後の眼内薬物動態 / p63 (0070.jp2)
  61. 3-2.薬物点眼後の眼圧降下作用 / p63 (0070.jp2)
  62. 3-3.房水内薬物濃度と眼圧降下作用の関係 / p63 (0070.jp2)
  63. 3-4.薬物眼内動態/薬効の速度論 / p63 (0070.jp2)
  64. 要約 / p64 (0071.jp2)
  65. 第7章 総合考察 / p70 (0077.jp2)
  66. 引用文献 / p73 (0080.jp2)
  67. 謝辞 / p76 (0083.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133871
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973067
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298185
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ