【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ばらつき解析のための知識表現と推論機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 望月, 雅光 モチズキ, マサミツ

書誌事項

タイトル

ばらつき解析のための知識表現と推論機構に関する研究

著者名

望月, 雅光

著者別名

モチズキ, マサミツ

学位授与大学

九州工業大学

取得学位

博士 (情報工学)

学位授与番号

甲第13号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

九州工業大学博士学位論文 学位記番号:情工博甲第13号 学位授与年月日:平成8年3月25日

平成7年度

目次

  1. もくじ / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 知的CAD研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 ばらつき解析の位置 / p7 (0007.jp2)
  5. 2 知識表現 / p12 (0010.jp2)
  6. 2.1 知識表現の要件 / p12 (0010.jp2)
  7. 2.2 知識表現言語の設計方針 / p13 (0010.jp2)
  8. 2.3 知識表現言語の基本概念 / p13 (0010.jp2)
  9. 2.4 2章のまとめ / p26 (0017.jp2)
  10. 3 ばらつき解析のための設計対象のモデル化 / p27 (0017.jp2)
  11. 3.1 ばらつき発現モデル / p27 (0017.jp2)
  12. 3.2 プログラミング手法 / p31 (0019.jp2)
  13. 3.3 ばらつき発現のモデル化技法 / p39 (0023.jp2)
  14. 3.4 3章のまとめ / p44 (0026.jp2)
  15. 4 ばらつき設計 / p46 (0027.jp2)
  16. 4.1 ばらつき設計の概要 / p46 (0027.jp2)
  17. 4.2 ばらつき設計の例 / p51 (0029.jp2)
  18. 4.3 記述実験とその評価 / p56 (0032.jp2)
  19. 4.4 4章のまとめ / p62 (0035.jp2)
  20. 5 システムプログラム / p63 (0035.jp2)
  21. 5.1 システムの概要 / p63 (0035.jp2)
  22. 5.2 処理速度の改善 / p63 (0035.jp2)
  23. 5.3 5章のまとめ / p65 (0036.jp2)
  24. 6 結論 / p68 (0038.jp2)
  25. 6.1 研究の総括 / p68 (0038.jp2)
  26. 6.2 今後の課題 / p69 (0038.jp2)
  27. 付録A / p75 (0042.jp2)
  28. 製品開発業務の概要 / p75 (0042.jp2)
  29. 付録B / p78 (0044.jp2)
  30. ばらつき解析手法 / p78 (0044.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133882
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973078
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298196
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ