水素化物発生-原子分光法によるヒ素及びセレンの定量

この論文をさがす

著者

    • 曹, 俊彦 ソー, トシヒコ

書誌事項

タイトル

水素化物発生-原子分光法によるヒ素及びセレンの定量

著者名

曹, 俊彦

著者別名

ソー, トシヒコ

学位授与大学

埼玉大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第124号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 学位論文要旨 / p1 (0003.jp2)
  2. 目次 / (0005.jp2)
  3. (一)序論 / (0011.jp2)
  4. 1-1 本実験の背景 / p1 (0012.jp2)
  5. 1-2 本実験の流れ / p4 (0015.jp2)
  6. 1-3 本実験の内容 / p9 (0020.jp2)
  7. (二)実験と結果 / (0025.jp2)
  8. 2-1 水素化物発生―原子吸光法 / p14 (0026.jp2)
  9. 2-2 水素化物発生―高周波誘導結合プうズマ―原子発光法 / p32 (0044.jp2)
  10. 2-3 水素化物発生―高周波誘導結合プラズマ―高分解能質量分析法 / p49 (0061.jp2)
  11. (三)考察 / (0080.jp2)
  12. 3-1 塩酸の濃度の影響 / p68 (0081.jp2)
  13. 3-2 ICP-MS法におけるSBH溶液濃度の影響 / p73 (0086.jp2)
  14. 3-3 キャリヤーガス或はネブライザーガスの流量の影響 / p76 (0089.jp2)
  15. 3-4 妨害イオンの許容量の変化 / p82 (0095.jp2)
  16. 3-5 標準試料の分析結果の比較 / p86 (0099.jp2)
  17. 3-6 検出限界の比較 / p87 (0100.jp2)
  18. 3-7 分析データの粘度の比較 / p91 (0104.jp2)
  19. 3-8 水素化物発生―高周波誘導結合プラズマ―高分解能質量分析法における元素の同重体の干渉 / p94 (0107.jp2)
  20. 3-9 河川水中のヒ素及びセレンの濃度の変化 / p95 (0108.jp2)
  21. (四)まとめ / (0114.jp2)
  22. 4-1 水素化物発生―原子吸光法、誘導統合プラズマ―原子発光法及び誘導結合プラズマ―高分解能質量分析法の比較 / p101 (0115.jp2)
  23. 4-2 本実験の特徴 / p103 (0117.jp2)
  24. 謝辞 / p110 (0124.jp2)
  25. 参考文献 / (0125.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133896
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973092
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298210
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ