胸腺細胞におけるfyn遺伝子を中心としたシグナル伝達系の研究

この論文をさがす

著者

    • 金澤, 智 カナザワ, サトシ

書誌事項

タイトル

胸腺細胞におけるfyn遺伝子を中心としたシグナル伝達系の研究

著者名

金澤, 智

著者別名

カナザワ, サトシ

学位授与大学

埼玉大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

甲第146号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

主指導教官 : 能村哲郎

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 胸腺T細胞におけるp59fynを中心としたシグナル伝達系の概観:序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.非レセプター型チロシンキナーゼ / p1 (0006.jp2)
  4. 2.Fyn、p59fyn / p2 (0007.jp2)
  5. 3.T細胞におけるシグナル伝達系 / p3 (0008.jp2)
  6. 4.FAK、p125FAK / p4 (0009.jp2)
  7. 図表 / p5 (0010.jp2)
  8. 略語 / p8 (0013.jp2)
  9. 第2章 fyn遺伝子座へのcsk“ノックイン”によるCD4⁺CD8⁺胸腺細胞の欠損 / p10 (0015.jp2)
  10. 1.要旨 / p10 (0015.jp2)
  11. 2.序 / p10 (0015.jp2)
  12. 3.材料と方法 / p12 (0017.jp2)
  13. 4.結果 / p16 (0021.jp2)
  14. 5.考察 / p20 (0025.jp2)
  15. 図表 / p22 (0004.jp2)
  16. 第3章 CD4⁺CD8⁺胸腺細胞におけるp59fynとp125FAKの相互作用 / p39 (0044.jp2)
  17. 1.要旨 / p39 (0044.jp2)
  18. 2.序 / p39 (0044.jp2)
  19. 3.材料と方法 / p41 (0046.jp2)
  20. 4.結果 / p43 (0048.jp2)
  21. 5.考察 / p45 (0050.jp2)
  22. 図表 / p47 (0052.jp2)
  23. 第4章 胸腺細胞に対するインテグリン刺激によるP125FAKのチロシンリン酸化及びリン酸化活性の減少 / p59 (0064.jp2)
  24. 1.要旨 / p59 (0064.jp2)
  25. 2.序 / p59 (0064.jp2)
  26. 3.材料と方法 / p61 (0066.jp2)
  27. 4.結果 / p63 (0068.jp2)
  28. 5.考察 / p65 (0070.jp2)
  29. 図表 / p66 (0071.jp2)
  30. 第5章 胸腺T細胞におけるp59fynを中心としたシグナル伝達系について:総括 / p72 (0077.jp2)
  31. 1.まとめ / p72 (0077.jp2)
  32. 2.論文“概要” / p74 (0079.jp2)
  33. 図表 / p75 (0080.jp2)
  34. 参考文献 / p76 (0081.jp2)
  35. 謝辞 / p82 (0087.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133918
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000968231
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298232
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ