き裂の発生および伝播を伴う船側衝突強度に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 谷川, 雅之 タニガワ, マサユキ

書誌事項

タイトル

き裂の発生および伝播を伴う船側衝突強度に関する研究

著者名

谷川, 雅之

著者別名

タニガワ, マサユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6932号

学位授与年月日

1996-03-28

注記・抄録

博士論文

12595

博士(工学)

1996-03-28

大阪大学

14401乙第06932号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1.緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景―船舶の衝突・座礁事故による環境汚染の現状と国際的対応― / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 本研究の位置づけ / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の内容及び構成 / p4 (0007.jp2)
  6. 2.船舶の衝突強度評価の現状と課題 / p9 (0009.jp2)
  7. 2.1 緒 言 / p9 (0009.jp2)
  8. 2.2 船舶の衝突強度に関する研究の現状 / p10 (0010.jp2)
  9. 2.3 船舶の衝突強度に関する研究の課題 / p16 (0013.jp2)
  10. 2.4 結言 / p22 (0016.jp2)
  11. 3.衝突による船側変形解析法 / p23 (0016.jp2)
  12. 3.1 緒言 / p23 (0016.jp2)
  13. 3.2 船側衝突模型実験 / p24 (0017.jp2)
  14. 3.3 理論解析による船側変形解析法 / p28 (0019.jp2)
  15. 3.4 理論解析法の有効性―理論解析と実験の比較― / p35 (0022.jp2)
  16. 3.5 結言 / p47 (0028.jp2)
  17. 4.船体構造不連続部の延性き裂発生評価法 / p50 (0030.jp2)
  18. 4.1 緒言 / p50 (0030.jp2)
  19. 4.2 構造不連続を有する板モデルの引張変形および破壊実験 / p51 (0030.jp2)
  20. 4.3 有限要素法による変形挙動の解析 / p60 (0035.jp2)
  21. 4.4 延性破壊強度の評価方法 / p67 (0038.jp2)
  22. 4.5 延性破壊強度に対する動的影響 / p71 (0040.jp2)
  23. 4.6 実船構造における延性き裂発生の推定方法 / p80 (0045.jp2)
  24. 4.7 結言 / p90 (0050.jp2)
  25. 5.船体構造不連続部の延性き裂伝播評価法 / p91 (0050.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p91 (0050.jp2)
  27. 5.2 予ひずみ材の延性き裂伝播実験 / p92 (0051.jp2)
  28. 5.3 延性き裂伝播条件 / p99 (0054.jp2)
  29. 5.4 シミュレーション解析の実船構造への適用方法 / p111 (0060.jp2)
  30. 5.5 結言 / p121 (0065.jp2)
  31. 6.き裂の発生および伝播を考慮した船側変形の解析法 / p123 (0066.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p123 (0066.jp2)
  33. 6.2 ダブルハル船側模型実験 / p124 (0067.jp2)
  34. 6.3 き裂の発生および伝播を考慮した有限要素解析の方法 / p131 (0070.jp2)
  35. 6.4 船側模型のき裂の発生と伝播を考慮したシミュレーション解析 / p138 (0074.jp2)
  36. 6.5 結言 / p147 (0078.jp2)
  37. 7.き裂の発生および伝播を伴う実船衝突強度の推定法 / p149 (0079.jp2)
  38. 7.1 緒言 / p149 (0079.jp2)
  39. 7.2 実船衝突の解析手順とモデル化 / p150 (0080.jp2)
  40. 7.3 実船構造解析に用いる延性破壊条件の補正方法 / p155 (0082.jp2)
  41. 7.4 外部衝突力学と内部衝突力学の連成解析法 / p160 (0085.jp2)
  42. 7.5 船首の変形および流体力の影響を考慮する方法 / p166 (0088.jp2)
  43. 7.6 衝突強度解析の実例 / p171 (0090.jp2)
  44. 7.7 結言 / p173 (0091.jp2)
  45. 8.総括 / p174 (0092.jp2)
  46. 謝辞 / p179 (0094.jp2)
  47. 参考文献 / p180 (0095.jp2)
  48. 本研究に関連した発表論文 / p188 (0099.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133947
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000968256
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298261
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ