イギリスの訴追制度 : 検察庁の創設と私人訴追主義

この論文をさがす

著者

    • 小山, 雅亀 コヤマ, マサキ

書誌事項

タイトル

イギリスの訴追制度 : 検察庁の創設と私人訴追主義

著者名

小山, 雅亀

著者別名

コヤマ, マサキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

乙第6970号

学位授与年月日

1996-06-04

注記・抄録

博士論文

12634

博士(法学)

1996-06-04

大阪大学

14401乙第06970号

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. はしがき / p1 (0003.jp2)
  3. 第一章 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 第二章 イギリス検察庁創設以前の状況 / p5 (0009.jp2)
  5. 第一節 歴史的概観 / p5 (0009.jp2)
  6. A 一九世紀の状況 / p5 (0009.jp2)
  7. B 改革の動き / p7 (0010.jp2)
  8. C 一八七九年犯罪訴追と公訴局の創設 / p10 (0012.jp2)
  9. D その後の公訴局の展開 / p12 (0013.jp2)
  10. E 一九七〇年代の修正 / p14 (0014.jp2)
  11. 第二節 一九八五年犯罪訴追法以前の状況 / p16 (0015.jp2)
  12. A 「イギリス」における訴追の状況 / p16 (0015.jp2)
  13. B スコットランドにおける訴追の状況 / p19 (0016.jp2)
  14. C 北アイルランドにおける訴追の状況 / p23 (0018.jp2)
  15. 第三章 イギリス検察庁の創設 / p43 (0028.jp2)
  16. 第一節 刑事手続きに関する王立委員会の創設に至るまでの状況 / p43 (0028.jp2)
  17. A 現状に対する批判 / p43 (0028.jp2)
  18. B 警察訴追の実態-幾つかの実態調査を参考に / p47 (0030.jp2)
  19. C 要約と若干のコメント / p52 (0033.jp2)
  20. 第二節 刑事手続きに関する王立委員会の創設 / p53 (0033.jp2)
  21. A 王立委員会に提出された各種の意見 / p53 (0033.jp2)
  22. B 王立委員会の報告書 / p60 (0037.jp2)
  23. C 要約と若干のコメント / p63 (0038.jp2)
  24. 第三節 王立委員会の報告書に対する政府の対応 / p64 (0039.jp2)
  25. A 報告書の提案に対する政府の対応 / p65 (0039.jp2)
  26. B 要約と若干のコメント / p70 (0042.jp2)
  27. 第四節 一九八五年犯罪訴追法の制定 / p71 (0042.jp2)
  28. A 議会での動きについての概観 / p71 (0042.jp2)
  29. B 法案の概要 / p72 (0043.jp2)
  30. C 法案についての審議 / p73 (0043.jp2)
  31. D 関係団体の一九八五年法に対する評価 / p78 (0046.jp2)
  32. E 研究者による評価 / p82 (0048.jp2)
  33. F 要約と若干のコメント / p83 (0048.jp2)
  34. 第五節 小括 / p84 (0049.jp2)
  35. A イギリス検察庁創設の過程について / p84 (0049.jp2)
  36. B イギリス検察庁創設を導いた理由 / p86 (0050.jp2)
  37. c イギリス検察庁および検事の基本的性格 / p87 (0050.jp2)
  38. 第四章 イギリス検察庁創設以降の状況 / p109 (0061.jp2)
  39. 第一節 イギリス検察庁の概要 / p109 (0061.jp2)
  40. A 一九八五年犯罪訴追法 / p109 (0061.jp2)
  41. B 訴追手続きの概要 / p113 (0063.jp2)
  42. C 非法律家スタッフの権限 / p116 (0065.jp2)
  43. 第二節 イギリス検察庁に対する調査 / p118 (0066.jp2)
  44. A 会計検査院および下院公会計委員会による調査 / p119 (0066.jp2)
  45. B 下院内務委員会による調査 / p124 (0069.jp2)
  46. C 研究者による調査 / p131 (0072.jp2)
  47. 第三節 小括 / p138 (0076.jp2)
  48. A 一九八五年犯罪訴追法と訴追手続きの変化 / p138 (0076.jp2)
  49. B イギリス検察庁の活動に対する評価 / p140 (0077.jp2)
  50. C イギリス検察庁の現状と動向 / p142 (0078.jp2)
  51. 第五章 イギリスの訴追制度 / p169 (0091.jp2)
  52. 第一節 わが国における理解 / p169 (0091.jp2)
  53. A 「国家訴追主義」の理解 / p170 (0092.jp2)
  54. B 「私人訴追主義」の理解 / p172 (0093.jp2)
  55. C イギリスの訴追制度についての理解 / p173 (0093.jp2)
  56. D 要約と若干のコメント / p176 (0095.jp2)
  57. 第二節 コモンロー諸国における「私人訴追主義」の理解 / p178 (0096.jp2)
  58. A 伝統的な説明 / p178 (0096.jp2)
  59. B 伝統的な説明に対する批判的な見解 / p181 (0097.jp2)
  60. C 要約と若干のコメント / p182 (0098.jp2)
  61. 第三節 イギリスの訴追制度の基本的性格 / p184 (0099.jp2)
  62. A 「私人訴追主義」についての諸観念 / p184 (0099.jp2)
  63. B 従来のイギリスの訴追制度 / p186 (0100.jp2)
  64. C 現在の警察訴追 / p188 (0101.jp2)
  65. 第四節 小括 / p191 (0102.jp2)
  66. 第六章 結びに代えて / p207 (0110.jp2)
  67. A 本稿の要約 / p207 (0110.jp2)
  68. B わが国の「私人訴追主義」をめぐる学説 / p210 (0112.jp2)
  69. C 私人訴追の意義と残された課題 / p213 (0113.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133985
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973102
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298299
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ