芳香族ニトロ化合物の還元およびカルボニル化反応に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮田, 敏行 ミヤタ, トシユキ

書誌事項

タイトル

芳香族ニトロ化合物の還元およびカルボニル化反応に関する研究

著者名

宮田, 敏行

著者別名

ミヤタ, トシユキ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第6976号

学位授与年月日

1996-06-27

注記・抄録

博士論文

14401乙第06976号

博士(工学)

大阪大学

1996-06-27

12644

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 文献リスト / p2 (0005.jp2)
  4. 第1章 芳香族ニトロ化合物のヒドラジンによる還元反応 / p4 (0006.jp2)
  5. 1.1 活性炭-塩化鉄(III)上でのp-ニトロトルエンのヒドラジンによる還元 / p4 (0006.jp2)
  6. 1.2 酸化鉄触媒による芳香族ニトロ化合物の還元 / p24 (0016.jp2)
  7. 第2章 芳香族ニトロ化合物の一酸化炭素による還元・カルボニル化反応 / p36 (0022.jp2)
  8. 2.1 セレン・一酸化炭素・水による芳香族ニトロ化合物の反応 / p36 (0022.jp2)
  9. 2.2 硫黄・一酸化炭素・水を用いる2-置換ニトロベンゼン類からのベンゾイミダゾロン,ベンゾオキサゾロンおよびベンゾチアゾロンの合成 / p47 (0027.jp2)
  10. 2.3 硫黄・一酸化炭素を用いるその他の反応 / p62 (0035.jp2)
  11. 第3章 芳香族ニトロ化合物の一酸化炭素代替物による還元・カルボニル化反応 / p78 (0043.jp2)
  12. 3.1 硫黄・ギ酸塩を用いる2-置換ニトロベンゼン類からのベンゾアゾロン類の合成 / p78 (0043.jp2)
  13. 3.2 二酸化炭素を用いる2-ニトロアニリンからのベンゾイミダゾロンの合成 / p99 (0053.jp2)
  14. 結論 / p112 (0060.jp2)
  15. 謝辞 / p114 (0061.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000133991
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973108
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298305
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ