感温性高分子膜の製造とその物質透過性に関する研究 カンオンセイ コウブンシマク ノ セイゾウ ト ソノ ブッシツ トウカセイ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 緒方, 智成 オガタ, トモナリ

書誌事項

タイトル

感温性高分子膜の製造とその物質透過性に関する研究

タイトル別名

カンオンセイ コウブンシマク ノ セイゾウ ト ソノ ブッシツ トウカセイ ニ カンスル ケンキュウ

著者名

緒方, 智成

著者別名

オガタ, トモナリ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第39号

学位授与年月日

1995-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 感温性高分子の機能と研究 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 感温性高分子膜 / p3 (0008.jp2)
  6. 1.4 本研究の目的 / p4 (0009.jp2)
  7. 1.5 文献 / p6 (0011.jp2)
  8. 第2章 感温性高分子の合成 / p7 (0012.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p7 (0012.jp2)
  10. 2.2 実験 / p7 (0012.jp2)
  11. 2.3 結果と考察 / p12 (0017.jp2)
  12. 2.4 まとめ / p48 (0053.jp2)
  13. 2.5 文献 / p48 (0053.jp2)
  14. 第3章 相転移温度の異なる感温性高分子の合成および相転移温度に及ぼす諸因子 / p49 (0054.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p49 (0054.jp2)
  16. 3.2 実験 / p50 (0055.jp2)
  17. 3.3 結果と考察 / p52 (0057.jp2)
  18. 3.4 まとめ / p63 (0068.jp2)
  19. 3.5 文献 / p66 (0071.jp2)
  20. 第4章 MAcを導入した感温性高分子の特異的膨潤挙動 / p67 (0072.jp2)
  21. 4.1 はじめに / p67 (0072.jp2)
  22. 4.2 実験 / p67 (0072.jp2)
  23. 4.3 結果と考察 / p68 (0073.jp2)
  24. 4.4 まとめ / p76 (0081.jp2)
  25. 4.5 文献 / p76 (0081.jp2)
  26. 第5章 感温性高分子膜による種々の物質の透過 / p77 (0082.jp2)
  27. 5.1 はじめに / p77 (0082.jp2)
  28. 5.2 実験 / p77 (0082.jp2)
  29. 5.3 結果と考察 / p80 (0085.jp2)
  30. 5.4 まとめ / p104 (0109.jp2)
  31. 5.5 文献 / p107 (0112.jp2)
  32. 第6章 総括 / p108 (0113.jp2)
  33. 6.1 本研究の成果 / p108 (0113.jp2)
  34. 6.2 今後の課題と展望 / p110 (0115.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134103
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973215
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298417
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ