水中衝撃波の収束を利用した超高圧発生装置の特性

この論文をさがす

著者

    • 久保田, 士郎 クボタ, シロウ

書誌事項

タイトル

水中衝撃波の収束を利用した超高圧発生装置の特性

著者名

久保田, 士郎

著者別名

クボタ, シロウ

学位授与大学

熊本大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第41号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 水中衝撃波の収束を利用した超高圧発生装置 / p2 (0006.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p4 (0007.jp2)
  6. 1.4 論文の構成 / p5 (0008.jp2)
  7. 文献 / p7 (0009.jp2)
  8. 2 数値解析方法および光学的写真観察実験 / p8 (0009.jp2)
  9. 2.1 はじめに / p8 (0009.jp2)
  10. 2.2 基礎式 / p8 (0009.jp2)
  11. 2.3 ALE差分法 / p9 (0010.jp2)
  12. 2.4 Mie-Grüneisen状態方程式 / p18 (0014.jp2)
  13. 2.5 爆薬の爆ごう数値シミュレーション / p21 (0016.jp2)
  14. 2.6 光学的写真観察実験 / p22 (0016.jp2)
  15. 2.7 まとめ / p23 (0017.jp2)
  16. 文献 / p24 (0017.jp2)
  17. 3 爆ごうガスの状態方程式と水中衝撃波の基本特性 / p25 (0018.jp2)
  18. 3.1 はじめに / p25 (0018.jp2)
  19. 3.2 爆ごうガスの状態方程式 / p25 (0018.jp2)
  20. 3.3 高性能爆薬の爆ごうによって発生した水中衝撃波の基本特性 / p34 (0022.jp2)
  21. 3.4 まとめ / p38 (0024.jp2)
  22. 文献 / p39 (0025.jp2)
  23. 4 水中衝撃波の収束を利用した超高圧発生装置の特性の評価 / p40 (0025.jp2)
  24. 4.1 はじめに / p40 (0025.jp2)
  25. 4.2 マンガニンゲージによる圧力測定 / p41 (0026.jp2)
  26. 4.3 水中衝撃波の収束過程の可視化実験 / p44 (0027.jp2)
  27. 4.4 数値解析による超高圧発生装置の特性の評価 / p48 (0029.jp2)
  28. 4.5 超高圧発生装置を用いた衝撃固化実験結果の例 / p69 (0040.jp2)
  29. 4.6 まとめ / p72 (0041.jp2)
  30. 文献 / p73 (0042.jp2)
  31. 5 粉末の衝撃圧縮過程の数値解析 / p74 (0042.jp2)
  32. 5.1 はじめに / p74 (0042.jp2)
  33. 5.2 粉末の状態方程式 / p75 (0043.jp2)
  34. 5.3 粉末の衝撃圧縮モデルとその評価 / p79 (0045.jp2)
  35. 5.4 光学的写真観察実験 / p85 (0048.jp2)
  36. 5.5 衝撃圧縮過程の数値解析 / p89 (0050.jp2)
  37. 5.6 まとめ / p90 (0050.jp2)
  38. 文献 / p94 (0052.jp2)
  39. 6 結論 / p95 (0053.jp2)
  40. 謝辞 / p100 (0055.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134105
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973217
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298419
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ