錠剤の物理的品質の向上とキャッピング防止のための新規な打錠技術に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 谷野, 忠嗣 タニノ, タダツグ

書誌事項

タイトル

錠剤の物理的品質の向上とキャッピング防止のための新規な打錠技術に関する研究

著者名

谷野, 忠嗣

著者別名

タニノ, タダツグ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1738号

学位授与年月日

1996-04-17

注記・抄録

博士論文

研究科: 千葉大学大学院薬学研究院

学位:千大院薬博乙第168号

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第2章 直接粉末圧縮法における錠剤重量の変動抑制方法 / p6 (0010.jp2)
  4. 1.緒言 / p7 (0011.jp2)
  5. 2.錠剤重量変動の現状と原因 / p7 (0011.jp2)
  6. 3.弱い圧縮力下での粉末の圧縮挙動とその解析 / p10 (0014.jp2)
  7. 4.弱い圧縮による見かけ密度の変動抑制効果 / p19 (0023.jp2)
  8. 5.粉末加圧機構の打錠機への応用 / p23 (0027.jp2)
  9. 6.金網目開きの最適化 / p26 (0030.jp2)
  10. 7.打錠機への応用と評価 / p31 (0035.jp2)
  11. 8.第2章の総括と結論 / p37 (0041.jp2)
  12. 第3章 湿式顆粒圧縮法における錠剤重量の変動抑制方法 / p39 (0043.jp2)
  13. 1.緒言 / p40 (0044.jp2)
  14. 2.実験および装置 / p41 (0045.jp2)
  15. 3.結果と考察 / p45 (0049.jp2)
  16. 4.攪拌機構付き顆粒供給装置の開発 / p51 (0055.jp2)
  17. 5.第3章の総括と結論 / p56 (0060.jp2)
  18. 第4章 打錠操作により発生する錠剤硬度低下の原因と抑制方法 / p59 (0063.jp2)
  19. 1.緒言 / p60 (0064.jp2)
  20. 2.実験の部 / p61 (0065.jp2)
  21. 3.結果と考察 / p68 (0072.jp2)
  22. 4.充塡装置による直打用混合末の過剰滑沢の防止法 / p79 (0083.jp2)
  23. 5.第4章の総括と結論 / p82 (0086.jp2)
  24. 第5章 圧縮時の脱気不良が原因のキャッピングとその抑制方法 / p86 (0090.jp2)
  25. 1.緒言 / p87 (0091.jp2)
  26. 2.実験の部 / p89 (0093.jp2)
  27. 3.結果と考察 / p95 (0099.jp2)
  28. 4.打錠用粉粒体内空気の脱気機構の開発 / p105 (0109.jp2)
  29. 5.改造打錠機による打錠実験 / p109 (0113.jp2)
  30. 6.第5章の総括と結論 / p113 (0117.jp2)
  31. 第6章 結論 / p117 (0121.jp2)
  32. 謝辞 / p121 (0125.jp2)
  33. 引用文献 / p123 (0127.jp2)
  34. 主論文目録 / p133 (0137.jp2)
9アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134154
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973266
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298468
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ