Benzodiazepine系薬物の発生毒性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 武野, 哲 タケノ, サトシ

書誌事項

タイトル

Benzodiazepine系薬物の発生毒性に関する研究

著者名

武野, 哲

著者別名

タケノ, サトシ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1740号

学位授与年月日

1996-04-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略語表 / p3 (0004.jp2)
  3. 緒言 / p5 (0005.jp2)
  4. 第1章 Benzodiazepine系薬物の発生毒性 / p7 (0006.jp2)
  5. 第2章 Benzodiazepine系薬物が母体生理機能に及ぼす影響 / p15 (0010.jp2)
  6. 第1節 子宮内圧に及ぼす影響 / p15 (0010.jp2)
  7. 第2節 呼吸,血圧に及ぼす影響 / p16 (0011.jp2)
  8. 第3節 子宮血流量に及ぼす影響 / p17 (0011.jp2)
  9. 第3章 NZの発生毒性 / p27 (0016.jp2)
  10. 第1節 NZによって誘発される奇形の成立臨界期 / p27 (0016.jp2)
  11. 第2節 NZ投与後にみられる肢芽の形態学的・組織学的変化 / p29 (0017.jp2)
  12. 第4章 NZの全胚培養系における発生毒性の検討 / p41 (0023.jp2)
  13. 第1節 NZの全胚培養系における発生毒性 / p42 (0024.jp2)
  14. 第2節 NZ投与による母体の血液生化学的検査値の変動 / p44 (0025.jp2)
  15. 第5章 NZの代謝と発生毒性 / p51 (0028.jp2)
  16. 第1節 NZの発生毒性に及ぼすphenobarbital前処理の影響 / p51 (0028.jp2)
  17. 第2節 NZ発生毒性に及ぼす抗生物質前処理の影響 / p52 (0029.jp2)
  18. 第3節 腸内細菌代謝によって生じるNZの代謝物 / p57 (0031.jp2)
  19. 第6章 NZの発生毒性の種差とN-アセチル転移酵素との関連性 / p69 (0037.jp2)
  20. 第7章 micromass culture法によるNZおよびその代謝物の発生毒性の評価 / p79 (0042.jp2)
  21. 総括 / p87 (0046.jp2)
  22. 謝辞 / p91 (0048.jp2)
  23. 参考文献 / p93 (0049.jp2)
  24. 主論文目録 / p99 (0052.jp2)
  25. 主査,副査名 / p101 (0053.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134156
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973268
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298470
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ