博物館学及び博物館の歴史的研究

この論文をさがす

著者

    • 加藤, 有次 カトウ, ユウジ

書誌事項

タイトル

博物館学及び博物館の歴史的研究

著者名

加藤, 有次

著者別名

カトウ, ユウジ

学位授与大学

國學院大學

取得学位

博士 (歴史学)

学位授与番号

乙第134号

学位授与年月日

1995-11-08

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 序文 / p1 (0003.jp2)
  3. 第1章 博物館と博物館学 / p3 (0008.jp2)
  4. 第2章 博物館学と博物館学史 / p9 (0011.jp2)
  5. 第1節 博物館学とその展開 / p9 (0011.jp2)
  6. 1 博物館学の可能性 / p9 (0011.jp2)
  7. 2 「博物館学」の語源 / p10 (0012.jp2)
  8. 3 博物館学の目的とその論理形成 / p12 (0013.jp2)
  9. 4 博物館学と周辺科学 / p18 (0016.jp2)
  10. 5 博物館学の構成要素 / p19 (0016.jp2)
  11. 6 博物館学理論の体系化 / p21 (0017.jp2)
  12. 第2節 博物館学史の展開 / p22 (0018.jp2)
  13. 1 黎明期I(その年史)-明治期~終戦期 / p23 (0018.jp2)
  14. 2 黎明期II-終戦期~博物館法制定 / p28 (0021.jp2)
  15. 3 試行期I-博物館法成立~昭和30年代 / p30 (0022.jp2)
  16. 4 試行期II-昭和40年代 / p34 (0024.jp2)
  17. 5 起動期-昭和50年代以降 / p36 (0025.jp2)
  18. 第3節 学芸員と博物館学 / p37 (0025.jp2)
  19. 第3章 博物館の史的変遷 / p45 (0029.jp2)
  20. 第1節 西欧における博物館の発達と変遷 / p46 (0030.jp2)
  21. 第2節 日本における博物館の発達と変遷 / p49 (0031.jp2)
  22. 1 近代的博物館前史 / p49 (0031.jp2)
  23. 2 近代的博物館の史的変遷とその性格 / p51 (0032.jp2)
  24. 3 社会教育史からみた博物館の位置 / p77 (0045.jp2)
  25. 4 教育に対する今日の博物館的課題 / p82 (0048.jp2)
  26. 5 近代的博物館理念の思想的推移 / p82 (0048.jp2)
  27. 第4章 現化博物館の基本理念 / p87 (0050.jp2)
  28. 第1節 博物館とその教育性 / p87 (0050.jp2)
  29. 第2節 望ましい機関の名称(博物館・資料館・記念館) / p91 (0052.jp2)
  30. 第3節 博物館の現状と概観 / p93 (0053.jp2)
  31. 第4節 博物館と総合学的発想 / p99 (0056.jp2)
  32. 1 総合博物館の名称 / p99 (0056.jp2)
  33. 2 博物館の総合性と総(綜)合博物館の定義 / p101 (0057.jp2)
  34. 3 総合博物館の機能的解択 / p106 (0060.jp2)
  35. 4 郷土地域の学問的基盤 / p107 (0060.jp2)
  36. 第5節 博物館活動地域の設定-博物館地域社会 / p110 (0062.jp2)
  37. 1 地域と地域社会 / p112 (0063.jp2)
  38. 2 博物館地域社会 / p113 (0063.jp2)
  39. 第6節 地域博物館の役割と使命 / p116 (0065.jp2)
  40. 第7節 地域学と博物館学 / p116 (0065.jp2)
  41. 1 ECOMUSEUMの解釈 / p116 (0065.jp2)
  42. 2 エコミュージアムの博物館学としての諸問題 / p122 (0068.jp2)
  43. 第5章 博物館機能論 / p125 (0069.jp2)
  44. 第1節 諸機能の概観 / p125 (0069.jp2)
  45. 第2節 博物館機能各論-その内容 / p129 (0071.jp2)
  46. 1 第一次機能(基礎機能) / p129 (0071.jp2)
  47. 2 第二次機能(活用機能) / p137 (0075.jp2)
  48. 第6章 博物館資料論 / p163 (0088.jp2)
  49. 第1節 博物館資料の概念 / p163 (0088.jp2)
  50. 1 博物館資料となりうる条件 / p164 (0089.jp2)
  51. 2 資料の価値観 / p166 (0090.jp2)
  52. 第2節 情報媒体としての博物館資料の形質的分類とその製作 / p167 (0090.jp2)
  53. 1 一次資料と二次資料 / p167 (0090.jp2)
  54. 2 研究資料と展示資料 / p185 (0099.jp2)
  55. 3 教育資料 / p187 (0100.jp2)
  56. 第3節 資料の種類 / p188 (0101.jp2)
  57. 1 展示のための資料 / p188 (0101.jp2)
  58. 2 研究のための資料 / p189 (0101.jp2)
  59. 3 保存のための資科 / p192 (0103.jp2)
  60. 4 レプリカ / p193 (0103.jp2)
  61. 第4節 博物館資料の修理 / p193 (0103.jp2)
  62. 1 資料修理の意義 / p194 (0104.jp2)
  63. 2 資料修理の方法 / p195 (0104.jp2)
  64. 第5節 館・園における博物館資料の保有とその現状 / p203 (0108.jp2)
  65. 第7章 博物館展示論 / p211 (0112.jp2)
  66. 第1節 展示学への展開 / p211 (0112.jp2)
  67. 第2節 展示学の構成 / p214 (0114.jp2)
  68. 第3節 展示の形態と分類 / p218 (0116.jp2)
  69. 第4節 歴史展示の諸問題 / p220 (0117.jp2)
  70. 1 地域博物館の展示理念と構成 / p220 (0117.jp2)
  71. 2 歴史展示と歴史学展示 / p224 (0119.jp2)
  72. 3 地域博物館における歴史展示の基本的考え方 / p225 (0119.jp2)
  73. 第5節 総合博物館の展示構想 / p228 (0121.jp2)
  74. 1 総合博物館の展示の概念 / p228 (0121.jp2)
  75. 2 所謂総合展示・その理念 / p236 (0125.jp2)
  76. 第8章 日本の主な博物館の総体的現状分析 / p241 (0127.jp2)
  77. 第1節 日本の博物館の歴史的特質 / p241 (0127.jp2)
  78. 第2節 日本の博物館の現状分析 / p244 (0129.jp2)
  79. 1 総合博物館 / p245 (0129.jp2)
  80. 2 歴史博物館 / p246 (0130.jp2)
  81. 3 美術館 / p247 (0130.jp2)
  82. 4 科学博物館 / p249 (0131.jp2)
  83. 5 動物園・水族館・植物園 / p250 (0132.jp2)
  84. 第3節 日本の博物館の分類 / p253 (0133.jp2)
  85. 1 戦後の博物館分類形態論 / p254 (0134.jp2)
  86. 2 資料による博物館の種類 / p260 (0137.jp2)
  87. 第9章 わが国における郷土博物館・歴史博物館の現状と課題 / p265 (0139.jp2)
  88. 第1節 郷土博物館の現状と課題 / p265 (0139.jp2)
  89. 1 郷土博物館の分布 / p267 (0140.jp2)
  90. 2 設置の推移 / p268 (0141.jp2)
  91. 3 登録博物館と相当施設およびその他の博物館 / p271 (0142.jp2)
  92. 4 管理者別にみた郷土博物館 / p271 (0142.jp2)
  93. 5 郷土博物館の規模 / p272 (0143.jp2)
  94. 6 郷土博物館の職員 / p273 (0143.jp2)
  95. 7 郷土博物館の資料 / p276 (0145.jp2)
  96. 8 郷土博物館の外郭団体 / p278 (0146.jp2)
  97. 9 郷土博物館の活動 / p278 (0146.jp2)
  98. 10 年間開館数 / p279 (0146.jp2)
  99. 11 建設費と当初展示費 / p280 (0147.jp2)
  100. 第2節 歴史博物館の現状と課題 / p280 (0147.jp2)
  101. 1 歴史博物館の分布 / p282 (0148.jp2)
  102. 2 設置の推移 / p282 (0148.jp2)
  103. 3 登録博物館と相当施設およびその他の博物館 / p284 (0149.jp2)
  104. 4 管理者別にみた歴史博物館 / p285 (0149.jp2)
  105. 5 歴史博物館の規模 / p286 (0150.jp2)
  106. 6 歴史博物館の職員 / p288 (0151.jp2)
  107. 7 歴史博物館の資料 / p292 (0153.jp2)
  108. 8 歴史陣博館の外郭団体 / p294 (0154.jp2)
  109. 9 歴史博物館の活動 / p294 (0154.jp2)
  110. 10 年間開館数 / p295 (0154.jp2)
  111. 11 建設費と当初展示費 / p296 (0155.jp2)
  112. 第10章 学校博物館論 / p297 (0155.jp2)
  113. 第1節 学校教育と博物館-その歴史的推移 / p297 (0155.jp2)
  114. 第2節 学校博物館の法的根拠 / p300 (0157.jp2)
  115. 第3節 わが国の学校博物館の現状 / p301 (0157.jp2)
  116. 1 設置者とその内容 / p305 (0159.jp2)
  117. 2 設置の目的 / p306 (0160.jp2)
  118. 3 設置の分布状況 / p307 (0160.jp2)
  119. 第4節 学校博物館の利用 / p308 (0161.jp2)
  120. 第5節 学校博物館の今後の課題 / p311 (0162.jp2)
  121. 第11章 Curatorと学芸員養成 / p317 (0165.jp2)
  122. 第1節 アメリカおよび世界における学芸員養成の現状 / p317 (0165.jp2)
  123. 1 博物館専門職員の現状 / p317 (0165.jp2)
  124. 2 世界の博物館専門職員の養成内容 / p321 (0167.jp2)
  125. 3 アメリカおよびカナダにおけるTraining Coursesの実態 / p340 (0177.jp2)
  126. 第2節 わが国の現状と今後の課題 / p343 (0178.jp2)
  127. 1 学芸員養成の法制下における状況 / p343 (0178.jp2)
  128. 2 博物館法にみる学芸員のための取得単位 / p344 (0179.jp2)
  129. 3 学芸員の専門性 / p345 (0179.jp2)
  130. 4 将来の博物館学教員養成の問題 / p346 (0180.jp2)
  131. 5 博物館学講座(学芸員養成コース)の教科内容案 / p348 (0181.jp2)
  132. 第12章 博物館の機構およびその規模 / p353 (0183.jp2)
  133. 第1節 新設博物館の機構および組織 / p353 (0183.jp2)
  134. 第2節 博物館に必要な各室とその機能 / p358 (0186.jp2)
  135. 第13章 現代博物館論 / p367 (0190.jp2)
  136. 第1節 博物館における目的理念の歴史的推移 / p367 (0190.jp2)
  137. 第2節 現代博物館の機能的使命 / p370 (0192.jp2)
  138. 第3節 現代博物館活用の意義 / p372 (0193.jp2)
  139. あとがき / p377 (0195.jp2)
27アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134196
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973307
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298510
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ