細胞内情報伝達系におけるジアシルグリセロールキナーゼの役割 : 受容体刺激と連関した活性化とその制御機構

この論文をさがす

著者

    • 野部, 浩司 ノベ, コウジ

書誌事項

タイトル

細胞内情報伝達系におけるジアシルグリセロールキナーゼの役割 : 受容体刺激と連関した活性化とその制御機構

著者名

野部, 浩司

著者別名

ノベ, コウジ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第1160号

学位授与年月日

1995-03-14

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 学位論文要旨 / (0002.jp2)
  2. 【目次】 / (0019.jp2)
  3. 序論 / p1 (0020.jp2)
  4. 略語一覧 / p3 (0021.jp2)
  5. 結果の部 / p4 (0022.jp2)
  6. 第1章 DG kinase活性変動の細胞応答に与える影響 / p4 (0022.jp2)
  7. 結果 / p4 (0022.jp2)
  8. 1.1 CCh誘発細胞内PA、およびDG量変化に対するR59022の影響 / p4 (0022.jp2)
  9. 1.2 CCh、KCl誘発〔Ca²⁺〕i変化と張力発生に与えるR59022の影響 / p5 (0022.jp2)
  10. 考察 / p7 (0023.jp2)
  11. 第2章 組織標本を用いたDG kinase 活性測定法および受容体刺激によるDG kinase活性化現象 / p10 (0025.jp2)
  12. 結果 / p12 (0026.jp2)
  13. 2.1 オクチルグリコシド混合ミセル法によるdiC8、18:0/20:4-DGリン酸化速度の測定 / p12 (0026.jp2)
  14. 2.2 モルモット結腸紐へのdiC8取り込み量と細胞内分布の検討 / p14 (0027.jp2)
  15. 2.3 〔³²P〕diC8-PA蓄積に与えるCCh刺激の影響 / p15 (0027.jp2)
  16. 考察 / p17 (0028.jp2)
  17. 第3章 受容体刺激と連関したDG kinase活性化の制御機構 / p20 (0030.jp2)
  18. 結果 / p20 (0030.jp2)
  19. 3.1 CCh誘発〔³²P〕diC8-PA、および〔³²P〕PA蓄積量増加に与える〔Ca²⁺〕iの影響 / p20 (0030.jp2)
  20. 3.2 〔³²P〕diC8-PA、〔³²P〕PA蓄積に与えるsphingosineの影響 / p24 (0032.jp2)
  21. 3.3 CCh誘発〔³²P〕diC8-PA、〔³²P〕PA蓄積量増加へのprotein kinaseの関与 / p24 (0032.jp2)
  22. 3.4 CCh誘発〔³²P〕diC8-PA、〔³²P〕PA蓄積量増加へのPKCの関与 / p26 (0033.jp2)
  23. 考察 / p27 (0033.jp2)
  24. 第4章 DG kinase トランスロケーションへのPKCの関与 / p30 (0035.jp2)
  25. 4.1 DG kinaseの細胞内分布 / p30 (0035.jp2)
  26. 4.2 DG kinaseの細胞内分布へ与えるCCh刺激の影響 / p31 (0035.jp2)
  27. 4.3 CCh誘発DG kinase分布変動機構の検討 / p34 (0037.jp2)
  28. 考察 / p36 (0038.jp2)
  29. 第5章 総合考察 / p39 (0039.jp2)
  30. 実験の部 / p41 (0040.jp2)
  31. 1.使用動物 / p41 (0040.jp2)
  32. 2.試薬 / p41 (0040.jp2)
  33. 3.実験操作 / (0040.jp2)
  34. 文献 / p46 (0043.jp2)
  35. ACTIVATION OF DIACYLGLYCEROL KINASE BY CARBACHOL IN GUINEA PIG TAENIA COLI / p2005 (0047.jp2)
  36. EFFECT OF DIACYLGLYCEROL KINASE INHIBITOR,R59022 ON CYTOSOLIC FREE CALCIUM LEVEL AND FORCE DEVELOPMENT IN GUINEA PIG TAENIA COLI / p331 (0053.jp2)
  37. Protein kinase C is involved in translocation of diacylglycerol kinase induced by carbachol in guinea pig taenia coli / (0061.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134251
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973362
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298565
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ