乳癌患者における癌関連遺伝子蛋白発見の臨床的意義 : 術後予後因子としてのc-erbB-2,p53遺伝子

この論文をさがす

著者

    • 沢田, 晃暢 サワダ, テルマサ

書誌事項

タイトル

乳癌患者における癌関連遺伝子蛋白発見の臨床的意義 : 術後予後因子としてのc-erbB-2,p53遺伝子

著者名

沢田, 晃暢

著者別名

サワダ, テルマサ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第1167号

学位授与年月日

1995-03-23

注記・抄録

博士論文

2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134258
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973369
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298572
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ