2-フェニルベンゾオキサゾールを蛍光団とするキラル誘導体化試薬の開発と応用

この論文をさがす

著者

    • 近藤, 淳一 コンドウ, ジュンイチ

書誌事項

タイトル

2-フェニルベンゾオキサゾールを蛍光団とするキラル誘導体化試薬の開発と応用

著者名

近藤, 淳一

著者別名

コンドウ, ジュンイチ

学位授与大学

昭和大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1474号

学位授与年月日

1994-09-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0020.jp2)
  2. [略号表] / (0022.jp2)
  3. 序論 / p1 (0023.jp2)
  4. 本論 / p7 (0026.jp2)
  5. 第1章 2-フェニルベンゾオキサゾール類の蛍光特性 / p7 (0026.jp2)
  6. 1-1 緒言 / p7 (0026.jp2)
  7. 1-2 2-フェニルベンゾオキサゾール類の合成と蛍光特性 / p10 (0028.jp2)
  8. 1-3 第1章まとめ / p14 (0030.jp2)
  9. 第2章 光学活性カルボン酸用のキラル蛍光誘導体化試薬(その1) / p15 (0030.jp2)
  10. 2-1 緒言 / p15 (0030.jp2)
  11. 2-2 (-)-APMBの合成 / p18 (0032.jp2)
  12. 2-3 (-)-APMB誘導体の蛍光特性 / p20 (0033.jp2)
  13. 2-4 カルボン酸の誘導体化条件 / p22 (0034.jp2)
  14. 2-5 アミドジアステレオマーのHPLCによる分離 / p24 (0035.jp2)
  15. 2-6 第2章まとめ / p29 (0037.jp2)
  16. 第3章 光学活性カルボン酸用のキラル蛍光誘導体化試薬(その2) / p30 (0038.jp2)
  17. 3-1 緒言 / p30 (0038.jp2)
  18. 3-2 キラル蛍光誘導体化試薬の合成 / p30 (0038.jp2)
  19. 3-3 誘導体の蛍光特性 / p32 (0039.jp2)
  20. 3-4 カルボン酸の誘導体化条件 / p33 (0039.jp2)
  21. 3-5 アミドジアステレオマーのHPLCによる分離 / p34 (0040.jp2)
  22. 3-6 第3章まとめ / p38 (0042.jp2)
  23. 第4章 光学活性アミン用のキラル蛍光誘導体化試薬 / p39 (0042.jp2)
  24. 4-1 緒言 / p39 (0042.jp2)
  25. 4-2 キラル蛍光誘導体化試薬の合成 / p42 (0044.jp2)
  26. 4-3 誘導体の蛍光特性 / p43 (0044.jp2)
  27. 4-4 アミンの誘導体化条件 / p44 (0045.jp2)
  28. 4-5 アミドジアステレオマーのHPLCによる分離 / p46 (0046.jp2)
  29. 4-6 第4章まとめ / p52 (0049.jp2)
  30. 第5章 光学活性アルコール用のキラル蛍光誘導体化試薬 / p53 (0049.jp2)
  31. 5-1 緒言 / p53 (0049.jp2)
  32. 5-2 アルコールの誘導体化条件 / p55 (0050.jp2)
  33. 5-3 エステルジアステレオマーのHPLCによる分離 / p57 (0051.jp2)
  34. 5-4 第5章まとめ / p59 (0052.jp2)
  35. 第6章 (-)-APMBの生体試料への応用 / p60 (0053.jp2)
  36. 6-1 緒言 / p60 (0053.jp2)
  37. 6-2 ラット血漿中のイブプロフェン光学異性体の定量 / p62 (0054.jp2)
  38. 6-3 ラット炎症液中のイブプロフェン光学異性体の定量 / p71 (0058.jp2)
  39. 6-4 第6章まとめ / p75 (0060.jp2)
  40. 総括 / p76 (0061.jp2)
  41. 謝辞 / p79 (0062.jp2)
  42. 実験の部 / p80 (0063.jp2)
  43. 第1章 実験の部 / p80 (0063.jp2)
  44. 第2章 実験の部 / p84 (0065.jp2)
  45. 第3章 実験の部 / p88 (0067.jp2)
  46. 第4章 実験の部 / p94 (0070.jp2)
  47. 第5章 実験の部 / p98 (0072.jp2)
  48. 第6章 実験の部 / p100 (0073.jp2)
  49. 引用文献 / p105 (0075.jp2)
  50. 論文目録 / p110 (0078.jp2)
  51. Fluorescence derivatization reagent for resolution of carboxylic acid enantiomers by high-performance liquid chromatography / p75 (0081.jp2)
  52. Enantiospecific Determination of Ibuprofen in Rat Plasma Using Chiral Fluorescence Derivatization Reagent,(-)-2-〔4-(l-Aminoethyl)-phenyl〕-6-methoxybenzoxazole / p170 (0086.jp2)
  53. N-〔4-(6-Methoxy-2-benzoxazolyl)〕benzoyl-ʟ-amino Acids as Chiral Derivatization Reagents for Amine Enantiomers / p697 (0092.jp2)
  54. 6-Methoxy-2-(4-substituted phenyl)benzoxazoles as Fluorescent Chiral Derivatization Reagents for Carboxylic Acid Enantiomers / p17 (0098.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134314
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973424
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298628
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ