セラミックス粉末スラリーの抗菌特性および作用機構に関する研究 Antibacterial characteristics and mechanisms of ceramic powder slurry セラミックス フンマツ スラリー ノ コウキン トクセイ オヨビ サヨウ キコウ ニカンスル ケンキュウ Tokyo University of Agriculture and Technology

この論文をさがす

著者

    • 澤井, 淳 サワイ, ジュン

書誌事項

タイトル

セラミックス粉末スラリーの抗菌特性および作用機構に関する研究

タイトル別名

Antibacterial characteristics and mechanisms of ceramic powder slurry

タイトル別名

セラミックス フンマツ スラリー ノ コウキン トクセイ オヨビ サヨウ キコウ ニカンスル ケンキュウ

タイトル別名

Tokyo University of Agriculture and Technology

著者名

澤井, 淳

著者別名

サワイ, ジュン

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

博工甲第120号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 緒論 / p2 (0006.jp2)
  4. 1.2 微生物による汚染の現状 / p3 (0007.jp2)
  5. 1.3 微生物制御技術 / p7 (0009.jp2)
  6. 1.4 セラミックスを利用した微生物制御 / p8 (0009.jp2)
  7. 1.5 セラミックスの抗菌性に関する既往の研究 / p11 (0011.jp2)
  8. 1.6 本研究の目的 / p13 (0012.jp2)
  9. 1.7 本論文の構成 / p14 (0012.jp2)
  10. 第2章 セラミックス粉末の抗菌活性の評価方法の検討 / p25 (0018.jp2)
  11. 2.1 本章の背景および構成 / p26 (0019.jp2)
  12. 2.2 抗生物質および抗菌剤の効力試験(感受性試験) / p27 (0020.jp2)
  13. 2.3 本章の目的 / p30 (0021.jp2)
  14. 2.4 セラミックス粉末の抗菌活性のハロー試験による評価 / p30 (0021.jp2)
  15. 2.5 セラミックス粉末の抗菌活性のコンダクタンス法による評価 / p37 (0025.jp2)
  16. 2.6 本章の結論 / p48 (0030.jp2)
  17. 第3章 セラミックス粉末スラリーの抗菌特性 / p74 (0046.jp2)
  18. 3.1 本章の背景および構成 / p75 (0047.jp2)
  19. 3.2 栄養細胞と芽胞細胞 / p76 (0048.jp2)
  20. 3.3 本章の目的 / p78 (0049.jp2)
  21. 3.4 細菌の栄養細胞に対するセラミックス粉末スラリーの影響 / p78 (0049.jp2)
  22. 3.5 細菌芽胞に対するセラミックス粉末スラリーの効力 / p85 (0052.jp2)
  23. 3.6 本章の結論 / p91 (0055.jp2)
  24. 第4章 セラミックス粉末の溶出成分および調製条件の抗菌活性に及ぼす影響 / p116 (0068.jp2)
  25. 4.1 本章の背景および構成 / p117 (0069.jp2)
  26. 4.2 本章の目的 / p118 (0070.jp2)
  27. 4.3 実験方法 / p119 (0070.jp2)
  28. 4.4 実験結果 / p122 (0072.jp2)
  29. 4.5 考察 / p126 (0074.jp2)
  30. 4.6 本章の結論 / p130 (0076.jp2)
  31. 第5章 セラミックス粉末より発生する活性酸素と抗菌活性 / p154 (0088.jp2)
  32. 5.1 本章の背景および構成 / p155 (0089.jp2)
  33. 5.2 活性酸素 / p156 (0090.jp2)
  34. 5.3 本章の目的 / p157 (0090.jp2)
  35. 5.4 実験装置および方法 / p157 (0090.jp2)
  36. 5.5 結果および考察 / p159 (0091.jp2)
  37. 5.6 本章の結論 / p169 (0096.jp2)
  38. 第6章 抗菌性セラミックス粉末により細菌に引き起こされる損傷 / p189 (0107.jp2)
  39. 6.1 本章の背景および構成 / p190 (0108.jp2)
  40. 6.2 本章の目的 / p191 (0109.jp2)
  41. 6.3 実験方針 / p192 (0109.jp2)
  42. 6.4 ストレスにより生じる細菌の損傷の評価方法 / p194 (0110.jp2)
  43. 6.5 セラミックス粉末スラリーによる細菌の損傷 / p200 (0113.jp2)
  44. 6.6 本章の結論 / p209 (0118.jp2)
  45. 第7章 抗菌性セラミックス粉末の生体・環境への影響 / p239 (0133.jp2)
  46. 7.1 本章の背景および構成 / p240 (0134.jp2)
  47. 7.2 変異原性試験およびガン原性試験 / p242 (0135.jp2)
  48. 7.3 セラミックスの変異原性に関する既往の研究 / p245 (0137.jp2)
  49. 7.4 本章の目的 / p245 (0137.jp2)
  50. 7.5 Ames試験 / p246 (0137.jp2)
  51. 7.6 セラミックス粉末の変異原性 / p251 (0140.jp2)
  52. 7.7 セラミックス粉末の抗変異原性 / p255 (0142.jp2)
  53. 7.8 本章の結論 / p258 (0143.jp2)
  54. 第8章 本研究の総括 / p276 (0154.jp2)
  55. 8.1 本研究の結論 / p277 (0155.jp2)
  56. 8.2 本研究の関連する課題と展望 / p279 (0156.jp2)
  57. Appendix / p283 (0158.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134539
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973638
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298853
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ