C形パンチプレスの制振構造に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山本, 康晴 ヤマモト, ヤスハル

書誌事項

タイトル

C形パンチプレスの制振構造に関する研究

著者名

山本, 康晴

著者別名

ヤマモト, ヤスハル

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

博工甲第123号

学位授与年月日

1996-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0008.jp2)
  3. 1・1 工学的・工業的背景 / p1 (0008.jp2)
  4. 1・2 従来の研究 / p8 (0015.jp2)
  5. 1・3 本研究の目的 / p15 (0022.jp2)
  6. 1・4 本論文の構成および概要 / p15 (0022.jp2)
  7. 第2章 C形タレットパンチプレスの低騒音化の手法 / p20 (0027.jp2)
  8. 2・1 緒言 / p20 (0027.jp2)
  9. 2・2 実験対象 / p20 (0027.jp2)
  10. 2・3 相似則 / p21 (0028.jp2)
  11. 2・4 測定システム / p26 (0033.jp2)
  12. 2・5 実機と模型との間の周波数応答および振動モード形の相似性 / p29 (0036.jp2)
  13. 2・6 おもな振動モード / p32 (0039.jp2)
  14. 2・7 制振対策の効果 / p36 (0043.jp2)
  15. 2・8 結言 / p55 (0062.jp2)
  16. 第3章 音響モード解析による音源の探査 / p56 (0063.jp2)
  17. 3・1 緒言 / p56 (0063.jp2)
  18. 3・2 音響モード解析の測定原理 / p57 (0064.jp2)
  19. 3・3 理論の検証 / p61 (0068.jp2)
  20. 3・4 従来の音響測定方法による音源の同定 / p66 (0073.jp2)
  21. 3・5 音響モード解析による音源の探査 / p81 (0088.jp2)
  22. 3・6 結言 / p90 (0097.jp2)
  23. 第4章 衝撃ダンパによる低振動・低騒音化 / p91 (0098.jp2)
  24. 4・1 緒言 / p91 (0098.jp2)
  25. 4・2 実験方法 / p92 (0099.jp2)
  26. 4・3 衝撃ダンパの制振性能 / p95 (0102.jp2)
  27. 4・5 結言 / p126 (0133.jp2)
  28. 第5章 制振材を充てんした二重壁構造による低振動・低騒音化 / p127 (0134.jp2)
  29. 5・1 緒言 / p127 (0134.jp2)
  30. 5・2 実験方法 / p128 (0135.jp2)
  31. 5・3 実験結果および考察 / p128 (0135.jp2)
  32. 5・4 結言 / p149 (0156.jp2)
  33. 第6章 実機の騒音の推定と制振構造の評価 / p150 (0157.jp2)
  34. 6・1 緒言 / p150 (0157.jp2)
  35. 6・2 騒音の相似則 / p151 (0158.jp2)
  36. 6・3 加振力の相似性 / p151 (0158.jp2)
  37. 6・4 音圧レベルの推定 / p165 (0172.jp2)
  38. 6・5 おもな制振構造の評価 / p167 (0174.jp2)
  39. 6・6 結言 / p170 (0177.jp2)
  40. 第7章 結論 / p171 (0178.jp2)
  41. 7・1 本研究のまとめ / p171 (0178.jp2)
  42. 7・2 今後の課題と展望 / p174 (0181.jp2)
  43. 図表のリスト / p177 (0184.jp2)
  44. 参考文献 / p181 (0188.jp2)
  45. 謝辞 / p187 (0194.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134542
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973641
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298856
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ