農業機械作業者耳元騒音のアクティブコントロール

この論文をさがす

著者

    • 彭, 彦昆 ホウ, ゲンコン

書誌事項

タイトル

農業機械作業者耳元騒音のアクティブコントロール

著者名

彭, 彦昆

著者別名

ホウ, ゲンコン

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第169号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第1節 はじめに / p1 (0007.jp2)
  4. 1.作業者と農業機械 / p1 (0007.jp2)
  5. 2.農業機械とその騒音 / p1 (0007.jp2)
  6. 3.機械騒音と作業者 / p2 (0008.jp2)
  7. 第2節 研究の背景と目的 / p3 (0009.jp2)
  8. 1.研究の背景 / p3 (0009.jp2)
  9. 2.研究目的 / p5 (0011.jp2)
  10. 第3節 研究の着眼点 / p5 (0011.jp2)
  11. 第4節 研究の基本方針 / p6 (0012.jp2)
  12. 第2章 研究の基礎 / p8 (0014.jp2)
  13. 第1節 干渉現象を利用したANC消音原理 / p8 (0014.jp2)
  14. 1.アクティブノイズコントロールの原理 / p8 (0014.jp2)
  15. 2.多周波数騒音の消音原理 / p9 (0015.jp2)
  16. 第2節 供試トラクタの騒音特性 / p10 (0016.jp2)
  17. 1.供試トラクタ / p10 (0016.jp2)
  18. 2.耳元位置での騒音分析 / p10 (0016.jp2)
  19. 第3節 制御音と騒音の干渉方式 / p14 (0020.jp2)
  20. 第3章 能動騒音制御システムの決定 / p16 (0022.jp2)
  21. 第1節 能動騒音制御(ANC)システムの基本構成 / p16 (0022.jp2)
  22. 第2節 制御方式,適応フィルタ(ADF)及びアルゴリズムの決定 / p17 (0023.jp2)
  23. 1.制御方式 / p17 (0023.jp2)
  24. 2.適応フィルタ / p17 (0023.jp2)
  25. 3.アルゴリズム / p20 (0026.jp2)
  26. 第3節 FB-RLSシステムの形成 / p21 (0027.jp2)
  27. 第4章 シミュレーションによる消音効果検討 / p24 (0030.jp2)
  28. 第1節 シミュレーションの内容と必要性 / p24 (0030.jp2)
  29. 第2節 シミュレーション・システムの作成 / p24 (0030.jp2)
  30. 1.シミュレーションの条件と環境 / p24 (0030.jp2)
  31. 2.システムの構成 / p25 (0031.jp2)
  32. 3.シミュレータの仕様 / p26 (0032.jp2)
  33. 第3節 シミュレーション方法 / p28 (0034.jp2)
  34. 第4節 シミュレーション結果及び考察 / p30 (0036.jp2)
  35. 1.消音効果の確認 / p30 (0036.jp2)
  36. 2.収束速度 / p34 (0040.jp2)
  37. 3.消音レベル / p38 (0044.jp2)
  38. 4.演算速度(動作速度) / p38 (0044.jp2)
  39. 5.周波数特性 / p39 (0045.jp2)
  40. 6.考察 / p41 (0047.jp2)
  41. 第5節 摘要 / p41 (0047.jp2)
  42. 第5章 搭載システムによる消音効果検討 / p42 (0048.jp2)
  43. 第1節 検討の目的と内容 / p42 (0048.jp2)
  44. 第2節 実機搭載制御システム / p42 (0048.jp2)
  45. 1.実機搭載制御システムについて / p42 (0048.jp2)
  46. 2.RLSアルゴリズムのDSP実用演算 / p43 (0049.jp2)
  47. 3.消音動作 / p45 (0051.jp2)
  48. 4.同定動作 / p48 (0054.jp2)
  49. 第3節 試作した2入力2出力システム / p49 (0055.jp2)
  50. 第4節 実験装置 / p51 (0057.jp2)
  51. 1.実機搭載実験システム / p51 (0057.jp2)
  52. 2.機器構成 / p53 (0059.jp2)
  53. 3.搭載システムの実機配置 / p55 (0061.jp2)
  54. 第5節 コントローラの構成と機能 / p55 (0061.jp2)
  55. 第6節 コントローラの問発方法と環境 / p58 (0064.jp2)
  56. 第7節 実験条件及び方法 / p60 (0066.jp2)
  57. 第8節 実験結果及び考察 / p60 (0066.jp2)
  58. 1.スペクトル特性 / p60 (0066.jp2)
  59. 2.消音空間 / p63 (0069.jp2)
  60. 3.考察 / p64 (0070.jp2)
  61. 第9節 摘要 / p65 (0071.jp2)
  62. 第6章 本研究における問題点と解決方法 / p66 (0072.jp2)
  63. 第1節 本研究における問題点 / p66 (0072.jp2)
  64. 1.消音の聴覚効果 / p66 (0072.jp2)
  65. 2.安定性について / p66 (0072.jp2)
  66. 3.広帯域化について / p67 (0073.jp2)
  67. 第2節 実機実験とシミュレーションの消音効果の相異とその原因 / p67 (0073.jp2)
  68. 第3節 問題解決の可能性 / p67 (0073.jp2)
  69. 第7章 総論 / p70 (0076.jp2)
  70. 第1節 総括 / p70 (0076.jp2)
  71. 第2節 今後の展望 / p71 (0077.jp2)
  72. SUMMARY / p73 (0079.jp2)
  73. 謝辞 / p76 (0082.jp2)
  74. 参考文献 / p77 (0083.jp2)
  75. 付録 / p81 (0087.jp2)
  76. A シミュレーション・システム・プログラム(C) / p81 (0087.jp2)
  77. B 高速フーリェ変換(FFT)プ□グラム(C) / p102 (0108.jp2)
  78. C 搭載システムのコントローラ・プログラム(アセンブリ) / p106 (0112.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134570
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973665
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298884
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ