植物生殖組織におけるアシルブラシノステロイドに関する生物有機化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 淺川, 清一 アサカワ, セイイチ

書誌事項

タイトル

植物生殖組織におけるアシルブラシノステロイドに関する生物有機化学的研究

著者名

淺川, 清一

著者別名

アサカワ, セイイチ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第170号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0003.jp2)
  3. 略語一覧 / (0008.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  5. 第1章の図 / p3 (0012.jp2)
  6. 第2章 遊離型ブラシノステロイドの花粉成熟過程における消長 / p4 (0013.jp2)
  7. 第1節 緒言 / p4 (0013.jp2)
  8. 第2節 方法 / p4 (0013.jp2)
  9. 2-2-1)花粉の成熟に基づくテッポウユリ雄性生殖組織の分類 / p4 (0013.jp2)
  10. 2-2-2)イネ葉身屈曲試験 / p5 (0014.jp2)
  11. 2-2-3)ブラシノステロイドの抽出及び粗精製 / p6 (0015.jp2)
  12. 2-2-4)ODS-HPLC分析 / p7 (0016.jp2)
  13. 第3節 結果 / p7 (0016.jp2)
  14. 第4節 考察 / p8 (0017.jp2)
  15. 第2章の図 / p9 (0018.jp2)
  16. 第3章 複合型プラシノステロイドの精製 / p13 (0022.jp2)
  17. 第1節 緒言 / p13 (0022.jp2)
  18. 第2節 ステロイド部分の同定 / p13 (0022.jp2)
  19. 3-2-1)方法 / p13 (0022.jp2)
  20. 3-2-2)結果 / p15 (0024.jp2)
  21. 第3節 モデル化合物の合成 / p16 (0025.jp2)
  22. 3-3-1)ティアステロン3-パルミテートの合成 / p16 (0025.jp2)
  23. 3-3-2)ティアステロン3-ラウレート,ミリステート,ステアレート,オレエートの合成 / p17 (0026.jp2)
  24. 第4節 精製条件の検討 / p20 (0029.jp2)
  25. 3-4-1)アルミナ カラムクロマトグラフィー / p20 (0029.jp2)
  26. 3-4-2)DIOL-HPLC / p21 (0030.jp2)
  27. 3-4-3)ODS-PLC / p22 (0031.jp2)
  28. 3-4-4)FAA-HPLC / p23 (0032.jp2)
  29. 第5節 天然複合型プラシノステロイドの精製 / p24 (0033.jp2)
  30. 3-5-1)方法 / p24 (0033.jp2)
  31. 3-5-2)結果 / p26 (0035.jp2)
  32. 第6節 考察 / p27 (0036.jp2)
  33. 第3章の図 / p30 (0039.jp2)
  34. 第4章 複合型ブラシノステロイドとしてティアステロン脂肪酸エステルの同定 / p40 (0049.jp2)
  35. 第1節 緒言 / p40 (0049.jp2)
  36. 第2節 ティアステロン3-ミリステートの同定 / p40 (0049.jp2)
  37. 4-2-1)方法 / p40 (0049.jp2)
  38. 4-2-2)結果 / p41 (0050.jp2)
  39. 第3節 ティアステロン3-ラウレートの同定 / p42 (0051.jp2)
  40. 4-3-1)方法 / p42 (0051.jp2)
  41. 4-3-2)結果 / p42 (0051.jp2)
  42. 第4節 考察 / p43 (0052.jp2)
  43. 第4章の図 / p45 (0054.jp2)
  44. 第5章 ティアステロンエステルの花粉成熟過程における消長 / p48 (0057.jp2)
  45. 第1節 緒言 / p48 (0057.jp2)
  46. 第2節 方法 / p48 (0057.jp2)
  47. 5-2-1)加水分解及び加水分解物の精製 / p48 (0057.jp2)
  48. 5-2-2)イネ葉身屈曲試験による定量 / p49 (0058.jp2)
  49. 第3節 結果 / p49 (0058.jp2)
  50. 第4節 考察 / p49 (0058.jp2)
  51. 第5章の図 / p51 (0060.jp2)
  52. 第6章 ティアステロンとティアステロンエステルの相互変換 / p53 (0062.jp2)
  53. 第1節 緒言 / p53 (0062.jp2)
  54. 第2節 ¹⁴C-標識ティアステロン及びティアステロン3-ミリステートの調製 / p53 (0062.jp2)
  55. 6-2-1)合成計画 / p53 (0062.jp2)
  56. 6-2-2)22R,23R-エポキシ体の合成 / p54 (0063.jp2)
  57. 6-2-3)フェニルセレニル化の条件検討 / p55 (0064.jp2)
  58. 6-2-4)24-オキソ体の合成 / p57 (0066.jp2)
  59. 6-2-5)24-オキソ体を経由したティアステロンの合成 / p59 (0068.jp2)
  60. 6-2-6)¹⁴C-標識ティアステロンの合成 / p59 (0068.jp2)
  61. 6-2-7)¹⁴C-標識ティアステロン3-ミリステートの合成 / p60 (0069.jp2)
  62. 6-2-8)実験の部 / p61 (0070.jp2)
  63. 第3節 ユリ培養細胞におけるティアステロンの生物変換 / p79 (0088.jp2)
  64. 6-3-1)材料と方法 / p79 (0088.jp2)
  65. 6-3-2)結果 / p81 (0090.jp2)
  66. 第4節 ユリ培養細胞におけるティアステロン3-ミリステートの生物変換 / p81 (0090.jp2)
  67. 6-4-1)材料と方法 / p81 (0090.jp2)
  68. 6-4-2)結果 / p81 (0090.jp2)
  69. 第5節 考察 / p82 (0091.jp2)
  70. 第6章の図 / p83 (0093.jp2)
  71. 第7章 総合考察 / p90 (0101.jp2)
  72. 第7章の図 / p92 (0103.jp2)
  73. 摘要 / p93 (0104.jp2)
  74. 謝辞 / p97 (0108.jp2)
  75. 参考文献 / p98 (0109.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134571
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973666
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298885
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ