カルボキシメチルデキストラン修飾によるβ-ラクトグロブリンの機能改変

この論文をさがす

著者

    • 長澤, 幸一 ナガサワ, コウイチ

書誌事項

タイトル

カルボキシメチルデキストラン修飾によるβ-ラクトグロブリンの機能改変

著者名

長澤, 幸一

著者別名

ナガサワ, コウイチ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第180号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1章 β-ラクトグロブリン-カルボキシメチルデキストラン(β-LG-CMD)複合体の調製 / p12 (0020.jp2)
  4. はじめに / p12 (0020.jp2)
  5. I 実験材料および方法 / p14 (0022.jp2)
  6. II 結果および考察 / p19 (0027.jp2)
  7. III まとめ / p29 (0037.jp2)
  8. 第2章 カルボキシメチルデキストラン(CMD)との複合体化によるβ-ラクトグロブリン(β-LG)の構造変化および機能改変 / p31 (0039.jp2)
  9. はじめに / p31 (0039.jp2)
  10. I 実験材料および方法 / p32 (0040.jp2)
  11. II 結果および考察 / p37 (0045.jp2)
  12. III まとめ / p56 (0064.jp2)
  13. 第3章 分子量の異なるカルボキシメチルデキストランとの複合体化によるβ-ラクトグロブリンの乳化能の改変-糖含量および正味荷電の影響- / p58 (0066.jp2)
  14. はじめに / p58 (0066.jp2)
  15. I 実験材料および方法 / p60 (0068.jp2)
  16. II 結果 / p62 (0070.jp2)
  17. III 考察 / p81 (0089.jp2)
  18. IV まとめ / p87 (0095.jp2)
  19. 第4章 β-ラクトグロブリン-カルボキシメチルデキスラン(β-LG-CMD)複合体の免疫生化学的性質 / p89 (0097.jp2)
  20. はじめに / p89 (0097.jp2)
  21. I 実験材料および方法 / p91 (0099.jp2)
  22. II 結果および考察 / p97 (0105.jp2)
  23. III まとめ / p134 (0142.jp2)
  24. 要約 / p138 (0146.jp2)
  25. 参考文献 / p145 (0153.jp2)
  26. 謝辞 / p162 (0170.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134581
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973675
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298895
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ