イネのウイルス病抵抗性育種に関する研究 イネ ノ ウイルスビョウ テイコウセイ イクシュ ニカンスル ケンキュウ Tokyo University of Agriculture and Technology

この論文をさがす

著者

    • 根本, 博 ネモト, ヒロシ

書誌事項

タイトル

イネのウイルス病抵抗性育種に関する研究

タイトル別名

イネ ノ ウイルスビョウ テイコウセイ イクシュ ニカンスル ケンキュウ

タイトル別名

Tokyo University of Agriculture and Technology

著者名

根本, 博

著者別名

ネモト, ヒロシ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第67号

学位授与年月日

1996-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 緒言 / p1 (0011.jp2)
  2. 第1章 縞葉枯病抵抗性検定法の検討 / p6 (0016.jp2)
  3. 第1節 緒言 / p6 (0016.jp2)
  4. 第2節 材料および方法 / p7 (0017.jp2)
  5. 試験1.「網室検定法」の確立 / p7 (0017.jp2)
  6. 試験2.「恒温器内検定法」の確立 / p9 (0019.jp2)
  7. 第3節 結果 / p12 (0022.jp2)
  8. 試験1.「網室検定法」の確立 / p12 (0022.jp2)
  9. 試験2.「恒温器内検定法」の確立 / p13 (0023.jp2)
  10. 第4節 考察 / p14 (0024.jp2)
  11. 第2章 縞葉枯病抵抗性品種の検索 / p28 (0038.jp2)
  12. 第1節 緒言 / p28 (0038.jp2)
  13. 第2節 材料および方法 / p28 (0038.jp2)
  14. 試験1.縞葉枯病抵抗性品種の地理的分布 / p29 (0039.jp2)
  15. 試験2.縞葉枯病抵抗性品種の種内品種間分布 / p30 (0040.jp2)
  16. 第3節 結果 / p31 (0041.jp2)
  17. 試験1.縞葉枯病抵抗性品種の地理的分布 / p31 (0041.jp2)
  18. 試験2.縞葉枯病抵抗性品種の種内品種間分布 / p32 (0042.jp2)
  19. 第4節 考察 / p33 (0043.jp2)
  20. 第3章 縞葉枯病抵抗性品種・系統における抵抗性要因の解析 / p40 (0050.jp2)
  21. 第1節 緒言 / p40 (0050.jp2)
  22. 第2節 材料および方法 / p41 (0051.jp2)
  23. 試験1.縞葉枯病抵抗性品種における抵抗性要因 / p41 (0051.jp2)
  24. 試験2.トビイロウンカ抵抗性中間母本系統における縞葉枯病抵抗性要因 / p42 (0052.jp2)
  25. 第3節 結果 / p43 (0053.jp2)
  26. 試験1.縞葉枯病抵抗性品種における抵抗性要因 / p43 (0053.jp2)
  27. 試験2.トビイロウンカ抵抗性中間母本系統における縞葉枯病抵抗性要因 / p44 (0054.jp2)
  28. 第4節 考察 / p46 (0056.jp2)
  29. 第4章 縞葉枯病抵抗性の遺伝様式 / p55 (0065.jp2)
  30. 第1節 緒言 / p55 (0065.jp2)
  31. 第2節 材料および方法 / p56 (0066.jp2)
  32. 試験1.高度ウイルス感染抵抗性の遺伝分析 / p56 (0066.jp2)
  33. 試験2.中程度ウイルス感染抵抗性およびヒメトビイロウンカ抵抗性の遺伝分析 / p57 (0067.jp2)
  34. 試験3.縞葉枯病抵抗性と農業形質との関係 / p58 (0068.jp2)
  35. 試験4.縞葉枯病感染抵抗性に対する細胞質の影響 / p59 (0069.jp2)
  36. 第3節 結果 / p60 (0070.jp2)
  37. 試験1.高度ウイルス感染抵抗性の遺伝分析 / p60 (0070.jp2)
  38. 試験2.中程度ウイルス感染抵抗性およびヒメトビイロウンカ抵抗性の遺伝分析 / p61 (0071.jp2)
  39. 試験3.縞葉枯病抵抗性と農業形質との関係 / p63 (0073.jp2)
  40. 試験4.縞葉枯病感染抵抗性に対する細胞質の影響 / p64 (0074.jp2)
  41. 第4節 考察 / p64 (0074.jp2)
  42. 第5章 イネツングロ病抵抗性検定法の検討 / p79 (0089.jp2)
  43. 第1節 緒言 / p79 (0089.jp2)
  44. 第2節 材料および方法 / p80 (0090.jp2)
  45. 試験1.幼苗検定法の検討 / p80 (0090.jp2)
  46. 試験2.耐性評価法の検討 / p83 (0093.jp2)
  47. 第3節 結果 / p83 (0093.jp2)
  48. 試験1.幼苗検定法の検討 / p84 (0094.jp2)
  49. 試験2.耐性評価法の検討 / p85 (0095.jp2)
  50. 第4節 考察 / p85 (0095.jp2)
  51. 第6章 イネツングロ病抵抗性品種の検索 / p95 (0105.jp2)
  52. 第1節 緒言 / p95 (0105.jp2)
  53. 第2節 材料および方法 / p95 (0105.jp2)
  54. 試験1.ツングロ病抵抗性の地理的分布 / p96 (0106.jp2)
  55. 試験2.ツングロ病抵抗性の種内品種間的分布 / p97 (0107.jp2)
  56. 第3節 結果 / p97 (0107.jp2)
  57. 試験1.ツングロ病抵抗性の地理的分布 / p97 (0107.jp2)
  58. 試験2.ツングロ病抵抗性の種内品種間的分布 / p98 (0108.jp2)
  59. 第4節 考察 / p99 (0109.jp2)
  60. 第7章 イネツングロ病抵抗性機構の解明 / p107 (0117.jp2)
  61. 第1節 緒言 / p107 (0117.jp2)
  62. 第2節 材料および方法 / p108 (0118.jp2)
  63. 試験1.ツングロ病抵抗性品種の抵抗性機構の解析 / p108 (0118.jp2)
  64. 試験2.マレイシア農業開発研究所育成系統のツングロ病抵抗性機構の解析 / p109 (0119.jp2)
  65. 第3節 結果 / p110 (0120.jp2)
  66. 試験1.ツングロ病抵抗性品種の抵抗性機構の解析 / p110 (0120.jp2)
  67. 試験2.マレイシア農業開発研究所育成系統のツングロ病抵抗性機構の解析 / p111 (0121.jp2)
  68. 第4節 考察 / p113 (0123.jp2)
  69. 第8章 イネツングロ病抵抗性の遺伝様式 / p123 (0133.jp2)
  70. 第1節 緒言 / p123 (0133.jp2)
  71. 第2節 材料および方法 / p124 (0134.jp2)
  72. 試験1.Basmati370がもつRTSV抵抗性の遺伝様式 / p124 (0134.jp2)
  73. 試験2.IR50がもつツマグロヨコバイ抵抗性の遺伝様式 / p125 (0135.jp2)
  74. 試験3.ツングロ病抵抗性と農業形質との関係 / p126 (0136.jp2)
  75. 第3節 結果 / p127 (0137.jp2)
  76. 試験1.Basmati370がもつRTSV抵抗性の遺伝様式 / p127 (0137.jp2)
  77. 試験2.IR50がもつツマグロヨコバイ抵抗性の遺伝様式 / p128 (0138.jp2)
  78. 試験3.ツングロ病抵抗性と農業形質との関係 / p129 (0139.jp2)
  79. 第4節 考察 / p129 (0139.jp2)
  80. 第9章 抵抗性系統MR118の抵抗性崩壊とその原因 / p138 (0148.jp2)
  81. 第1節 緒言 / p138 (0148.jp2)
  82. 第2節 材料および方法 / p139 (0149.jp2)
  83. 試験1.1989年と1991年における自然感染下のツングロ病発生程度 / p139 (0149.jp2)
  84. 試験2.1990年における自然発病下のMR118のツングロ病発生程度 / p140 (0150.jp2)
  85. 試験3.2種類の選抜系ツマグロヨコバイを使った幼苗検定によるツングロ病発生程度 / p141 (0151.jp2)
  86. 第3節 結果 / p141 (0151.jp2)
  87. 試験1.1989年と1991年における自然感染下のツングロ病発生程度 / p141 (0151.jp2)
  88. 試験2.1990年における自然発病下のMRl18のツングロ病発生程度 / p143 (0153.jp2)
  89. 試験3.2種類の選抜系ツマグロヨコバイを使った幼苗検定によるツングロ病発生程度 / p143 (0153.jp2)
  90. 第4節 考察 / p144 (0154.jp2)
  91. 第10章 抵抗性品種の混合栽培がツマグロヨコバイ個体群選抜に及ぼす効果 / p154 (0164.jp2)
  92. 第1節 緒言 / p154 (0164.jp2)
  93. 第2節 材料および方法 / p155 (0165.jp2)
  94. 試験1.抵抗性品種の混合栽培によるツマグロヨコバイ個体群選抜試験 / p155 (0165.jp2)
  95. 試験2.選抜系ツマグロヨコバイの適応性検定 / p156 (0166.jp2)
  96. 第3節 結果 / p157 (0167.jp2)
  97. 試験1.抵抗性品種の混合栽培によるツマグロヨコバイ個体群選抜試験 / p157 (0167.jp2)
  98. 試験2.選抜系ツマグロヨコバイの適応性検定 / p158 (0168.jp2)
  99. 第4節 考察 / p159 (0169.jp2)
  100. 総括 / p164 (0174.jp2)
  101. 謝辞 / p175 (0185.jp2)
  102. 引用文献 / p176 (0186.jp2)
  103. 摘要 / p193 (0203.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134601
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973695
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000298915
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ