【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

新しい炭素体の固体物性論的キャラクタリゼーションとその応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 竹内, 健司 タケウチ, ケンジ

書誌事項

タイトル

新しい炭素体の固体物性論的キャラクタリゼーションとその応用に関する研究

著者名

竹内, 健司

著者別名

タケウチ, ケンジ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第86号

学位授与年月日

1996-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  3. §1.1 炭素と炭素繊維 / p1 (0008.jp2)
  4. <1.1.1>炭素およびグラファイト材料の概要 / p1 (0008.jp2)
  5. <1.1.2>繊維状炭素材料の概要 / p6 (0013.jp2)
  6. §1.2 バックミンスターフラーレン / p18 (0025.jp2)
  7. <1.2.1>フラーレンの生成法と物性 / p18 (0025.jp2)
  8. <1.2.2>フラーレンの構造変調と応用 / p23 (0030.jp2)
  9. §1.3 カーボンナノチューブ / p29 (0036.jp2)
  10. <1.3.1>カーボンナノチューブの生成法 / p29 (0036.jp2)
  11. <1.3.2>カーボンナノチューブの構造と応用 / p32 (0039.jp2)
  12. §1.4 本研究の目的とその概要 / p38 (0045.jp2)
  13. <1.4.1>本研究の目的 / p38 (0045.jp2)
  14. <1.4.2>本論文の内容 / p39 (0046.jp2)
  15. 第1章 文献 / p40 (0047.jp2)
  16. 第2章 熱分解カーボンナノチューブの生成と構造 / p42 (0050.jp2)
  17. §2.1 序言 / p42 (0050.jp2)
  18. §2.2 PCNTsの生成と生成条件 / p42 (0050.jp2)
  19. <2.2.1>生成装置 / p42 (0050.jp2)
  20. <2.2.2>VGCFsの生成条件 / p43 (0051.jp2)
  21. <2.2.3>PCNTsの生成実験 / p45 (0053.jp2)
  22. §2.3 TEMおよびFE-SEMによる構造解析 / p47 (0055.jp2)
  23. <2.3.1>PCNTsの基本構造 / p47 (0055.jp2)
  24. <2.3.2>PCNTsの先端構造 / p50 (0058.jp2)
  25. <2.3.3>PCNTsのスピンドル構造 / p59 (0067.jp2)
  26. <2.3.4>PCNTsの機械的性質 / p65 (0073.jp2)
  27. §2.4 結言 / p67 (0075.jp2)
  28. 第2章 文献 / p71 (0079.jp2)
  29. 第3章 熱分解カーボンナノチューブの成長メカニズム / p72 (0081.jp2)
  30. §3.1 序言 / p72 (0081.jp2)
  31. §3.2 カーボンナノチューブの成長 / p72 (0081.jp2)
  32. §3.3 様々なボンド交換 / p77 (0086.jp2)
  33. §3.4 結言 / p81 (0090.jp2)
  34. 第3章 文献 / p84 (0093.jp2)
  35. 第4章 気相成長炭素繊維と熱分解カーボンナノチューブの構造比較 / p85 (0095.jp2)
  36. §4.1 序言 / p85 (0095.jp2)
  37. §4.2 VGCFsとPCNTsの構造比較 / p85 (0095.jp2)
  38. §4.3 VGCFの中心に見出されるPCNT / p91 (0101.jp2)
  39. §4.4 結晶化に伴うファイバーの構造変化 / p96 (0106.jp2)
  40. §4.5 結言 / p103 (0113.jp2)
  41. 第4章 文献 / p104 (0114.jp2)
  42. 第5章 気相成長炭素繊維とカーボンナノチューブのスタッキング性状の解析 / p105 (0116.jp2)
  43. §5.1 序言 / p105 (0116.jp2)
  44. §5.2 AFMによるVGCFの熱処理過程における原子像観察 / p105 (0116.jp2)
  45. §5.3 画像処理を用いたVGCFとナノチューブの積層不整の解析 / p110 (0121.jp2)
  46. §5.4 結言 / p121 (0132.jp2)
  47. 第5章 文献 / p123 (0134.jp2)
  48. 第6章 総括 / p124 (0136.jp2)
  49. §6.1 序言 / p124 (0136.jp2)
  50. §6.2 本研究により得られた主な知見 / p125 (0137.jp2)
  51. §6.3 本研究の工学的意義と応用 / p127 (0139.jp2)
  52. 謝辞 / p129 (0141.jp2)
  53. 本研究に関する業績 / p130 (0142.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134633
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973726
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298947
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ