PC構造の供用時及び終局時の挙動解析に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 小宮, 正久 コミヤ, マサヒサ

書誌事項

タイトル

PC構造の供用時及び終局時の挙動解析に関する基礎的研究

著者名

小宮, 正久

著者別名

コミヤ, マサヒサ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第98号

学位授与年月日

1996-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0003.jp2)
  3. 1.1 研究の目的 / p3 (0004.jp2)
  4. 1.2 論文の構成と内容 / p4 (0005.jp2)
  5. 第2章 ひびわれのない構造の供用状態に対するクリープの影響 / p7 (0006.jp2)
  6. 2.1 序 / p9 (0007.jp2)
  7. 2.2 コンクリートのクリープおよび乾燥収縮 / p10 (0008.jp2)
  8. 2.3 クリープ解析法一般 / p14 (0010.jp2)
  9. 2.4 区分求積と平均応力法を利用した変位法によるクリープ解析 / p15 (0010.jp2)
  10. 2.5 一体打設されるPC桁断面応力度の経時変化 / p24 (0015.jp2)
  11. 2.6 不静定構造における断面力の経時変化 / p32 (0019.jp2)
  12. 2.7 PC合成桁における経時応力 / p43 (0024.jp2)
  13. 2.8 結論 / p71 (0038.jp2)
  14. 参考文献 / p74 (0040.jp2)
  15. 第3章 ひびわれのある構造の断面応力度の経時変化 / p77 (0041.jp2)
  16. 3.1 序 / p79 (0042.jp2)
  17. 3.2 コンクリート断面曲げ解析法 / p80 (0043.jp2)
  18. 3.3 解析法の妥当性の検証 / p91 (0048.jp2)
  19. 3.4 コンクリート断面曲げ解析に関する検討 / p100 (0053.jp2)
  20. 3.5 結論 / p113 (0059.jp2)
  21. 参考文献 / p114 (0060.jp2)
  22. 第4章 ひびわれのある構造の供用時および終局時における非線形挙動 / p117 (0061.jp2)
  23. 4.1 序 / p119 (0062.jp2)
  24. 4.2 非線形解析法 / p120 (0063.jp2)
  25. 4.3 解析法の妥当性の検証 / p128 (0067.jp2)
  26. 4.4 非線形解析結果に影響を与える要因に関する検討 / p151 (0078.jp2)
  27. 4.5 PC不静定ばりの非線形挙動についての基礎的検討 / p159 (0082.jp2)
  28. 4.6 結論 / p162 (0084.jp2)
  29. 参考文献 / p163 (0084.jp2)
  30. 第5章 エクストラドーズド橋の設計に関する考察 / p165 (0085.jp2)
  31. 5.1 序 / p167 (0086.jp2)
  32. 5.2 特徴 / p168 (0087.jp2)
  33. 5.3 供用状態における構造特性の検討 / p171 (0088.jp2)
  34. 5.4 終局状態における構造特性の検討 / p188 (0097.jp2)
  35. 5.5 斜張外ケーブル構造に関する考察 / p195 (0100.jp2)
  36. 5.6 結論 / p201 (0103.jp2)
  37. 参考文献 / p204 (0105.jp2)
  38. 第6章 結論 / p207 (0106.jp2)
  39. 6.1 ひびわれのない構造におけるクリープの影響 / p209 (0107.jp2)
  40. 6.2 ひびわれのある構造の断面応力度の経時変化 / p211 (0108.jp2)
  41. 6.3 ひびわれのある構造の非線形挙動 / p212 (0109.jp2)
  42. 6.4 エクストラドーズド橋の設計について / p214 (0110.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134645
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973737
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298959
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ