ポーランド人と日露戦争

この論文をさがす

著者

    • 阪東, 宏 バンドウ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

ポーランド人と日露戦争

著者名

阪東, 宏

著者別名

バンドウ, ヒロシ

学位授与大学

明治大学

取得学位

博士 (史学)

学位授与番号

乙第237号

学位授与年月日

1996-07-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p4 (0005.jp2)
  2. 凡例 / p3 (0004.jp2)
  3. 序章 / p9 (0007.jp2)
  4. 1 ロシア関東州軍コミサール グロンプチェフスキの日本観察 / p9 (0007.jp2)
  5. 2 ドモフスキ,ピウスツキらの日本訪問の表向き / p14 (0010.jp2)
  6. 3 松山の俘虜収容所で / p19 (0012.jp2)
  7. 4 小結 / p23 (0014.jp2)
  8. 第1章 〈民族連盟〉とそのポーランド問題観 / p28 (0017.jp2)
  9. 1 〈民族連盟〉の形成と変貌 / p28 (0017.jp2)
  10. 2 ドモフスキの訪日,日本政府との交渉と結果 / p35 (0020.jp2)
  11. 3 帰国後のドモフスキ,〈民族連盟〉とロシア革命 / p44 (0025.jp2)
  12. 補章 初期ポーランド社会主義運動とロシアとの関係 / p63 (0034.jp2)
  13. 1 前史および〈プロレタリアート〉党と〈人民の意志〉との協定 / p63 (0034.jp2)
  14. 2 〈プロレタリアートII〉と〈ポーランド労働者同盟〉 / p69 (0037.jp2)
  15. 第2章 〈ポーランド社会党〉とその対ロシア政策 / p80 (0043.jp2)
  16. 1 〈ポーランド社会党〉の形成とそのロシア認識 / p80 (0043.jp2)
  17. 2 ロシアにおける運動の高揚と〈ポーランド社会党〉 / p89 (0047.jp2)
  18. 3 日露戦争の開始と〈ポーランド社会党〉指導部の対応 / p97 (0051.jp2)
  19. 第3章 〈ポーランド社会党〉指導部と日本参謀本部との軍事協力 / p113 (0059.jp2)
  20. 1 社会党指導部による在外日本公館との接触工作 / p113 (0059.jp2)
  21. 2 ピウスツキの東京提案 / p123 (0064.jp2)
  22. 第4章 〈ポーランド王国社会民主党〉とロシアの運動との関連 / p142 (0074.jp2)
  23. 1 党の創立とそのロシア認識 / p142 (0074.jp2)
  24. 2 〈ロシア社会民主労働党〉への統合の試みと離脱 / p165 (0085.jp2)
  25. 3 〈ポーランド王国-リスアニア社会民主党〉と日露戦争・ロシア革命 / p179 (0092.jp2)
  26. 第5章 1904年夏以降 / (0110.jp2)
  27. 1 反対派・革命派による連合集会(パリ)と日本の資金・武器 / p215 (0110.jp2)
  28. 2 1905年革命におけるポーランド / p229 (0117.jp2)
  29. 3 革命の高揚と国会開設の勅令 / p243 (0124.jp2)
  30. 第6章 日本政府の対ロシア外交と参謀本部のロシアに対する情報・謀略活動 / p257 (0131.jp2)
  31. 1 日露戦争前の日本の外交-日英同盟と日露交渉をめぐって- / p257 (0131.jp2)
  32. 2 日本の戦時外交と情報・謀略活動 / p273 (0139.jp2)
  33. 3 第二次日英同盟の締結をめぐって / p281 (0143.jp2)
  34. 1 ロシア革命と在外公館,同武官の情報・謀略活動-明石工作の評価について- / p286 (0146.jp2)
  35. 史料と文献 / p313 (0159.jp2)
  36. Summary and Postscript / p319 (0162.jp2)
  37. あとがき / p334 (0170.jp2)
  38. 人名索引 / p339 (0172.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134680
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973771
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298994
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ