単一濃淡画像からの三次元物体形状の復元に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 沼上, 泰彦 ヌマガミ, ヤスヒコ

書誌事項

タイトル

単一濃淡画像からの三次元物体形状の復元に関する研究

著者名

沼上, 泰彦

著者別名

ヌマガミ, ヤスヒコ

学位授与大学

工学院大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第25号

学位授与年月日

1996-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / p1 (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0010.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0017.jp2)
  4. 1.1 本研究の社会的意義 / p1 (0017.jp2)
  5. 1.2 コンピュータビジョン研究 / p3 (0019.jp2)
  6. 1.3 等濃線を用いた従来の研究 / p8 (0024.jp2)
  7. 1.4 本研究の目的 / p16 (0032.jp2)
  8. 1.5 本論文の構成 / p17 (0033.jp2)
  9. 第2章 Shape from shading / p19 (0035.jp2)
  10. 2.1 画像の輝度 / p19 (0035.jp2)
  11. 2.2 理想ランバート面の放射輝度 / p22 (0038.jp2)
  12. 2.3 平行光源下のShape from Shading / p23 (0039.jp2)
  13. 2.4 インプリメントにおける問題点 / p27 (0043.jp2)
  14. 第3章 シーンと等濃線の関係 / p30 (0046.jp2)
  15. 3.1 等高線と等濃線の数式表現 / p30 (0046.jp2)
  16. 第4章 新しい物体形状復元法の提案 / p37 (0053.jp2)
  17. 4.1 前提条件 / p37 (0053.jp2)
  18. 4.2 本手法の基本的考え方 / p40 (0056.jp2)
  19. 第5章 復元法のインプリメント / p41 (0057.jp2)
  20. 5.1 インプリメントの基本方針 / p41 (0057.jp2)
  21. 5.2 処理の流れ / p42 (0058.jp2)
  22. 第6章 各処理の詳細 / p46 (0062.jp2)
  23. 6.1 等濃線の抽出 / p46 (0062.jp2)
  24. 6.2 垂線方向の算出法 / p49 (0065.jp2)
  25. 6.3 復元経路の決定 / p51 (0067.jp2)
  26. 6.4 高さの復元 / p53 (0069.jp2)
  27. 6.5 補間 / p55 (0071.jp2)
  28. 第7章 実験 / p58 (0074.jp2)
  29. 7.1 実験対象 / p58 (0074.jp2)
  30. 7.2 実験結果 / p61 (0077.jp2)
  31. 7.3 雑音耐性の評価実験 / p73 (0089.jp2)
  32. 第8章 考察 / p81 (0097.jp2)
  33. 8.1 復元誤差 / p81 (0097.jp2)
  34. 8.2 処理時間 / p84 (0100.jp2)
  35. 8.3 等濃線利用の有効性 / p85 (0101.jp2)
  36. 8.4 考察のまとめ / p85 (0101.jp2)
  37. 第9章 課題と応用 / p87 (0103.jp2)
  38. 9.1 課題 / p87 (0103.jp2)
  39. 9.2 応用 / p88 (0104.jp2)
  40. 第10章 結論 / p91 (0107.jp2)
  41. 参考文献 / p95 (0111.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134685
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973776
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000298999
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ