不規則入力を受ける非線形振動系の同定に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 宏行 マツモト, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

不規則入力を受ける非線形振動系の同定に関する基礎的研究

著者名

松本, 宏行

著者別名

マツモト, ヒロユキ

学位授与大学

工学院大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第26号

学位授与年月日

1996-03-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 学位請求論文要旨 / p1 (0001.jp2)
  2. 目次 / p4 (0011.jp2)
  3. 1 まえがき / p9 (0016.jp2)
  4. 1 まえがき / p10 (0017.jp2)
  5. 1.1 本研究の必要性と目的 / p10 (0017.jp2)
  6. 1.2 従来の研究 / p11 (0018.jp2)
  7. 1.3 本研究の基本方針 / p12 (0019.jp2)
  8. 2 バイスペクトル / p15 (0022.jp2)
  9. 2 バイスペクトル / p16 (0023.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p16 (0023.jp2)
  11. 2.2 確率過程 / p16 (0023.jp2)
  12. 2.3 バイスペクトルの定義と応用 / p19 (0026.jp2)
  13. 2.4 結言 / p24 (0031.jp2)
  14. 3 バイスペクトルの計算 / p26 (0033.jp2)
  15. 3 バイスペクトルの計算 / p27 (0034.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p27 (0034.jp2)
  17. 3.2 バイスペクトルの計算方法 / p28 (0035.jp2)
  18. 3.3 最適化手法について / p30 (0037.jp2)
  19. 3.4 バイスペクトル窓の設計 / p32 (0039.jp2)
  20. 3.5 最適化手法のその他の応用例 / p34 (0041.jp2)
  21. 3.6 計算結果の検討 / p37 (0044.jp2)
  22. 3.7 結言 / p40 (0047.jp2)
  23. 4 非線形における高調波振動 / p43 (0050.jp2)
  24. 4 非線形における高調波振動 / p44 (0051.jp2)
  25. 4.1 緒言 / p44 (0051.jp2)
  26. 4.2 非線形系振動系の解析方法 / p44 (0051.jp2)
  27. 4.3 数値シミュレーションによる検討 / p46 (0053.jp2)
  28. 4.4 結言 / p57 (0064.jp2)
  29. 5 不規則振動時における非線形解析の特徴の把握 / p66 (0073.jp2)
  30. 5 不規則振動時における非線形解析の特徴の把握 / p67 (0074.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p67 (0074.jp2)
  32. 5.2 数値シミュレーションによる検討 / p67 (0074.jp2)
  33. 5.3 断片線形モデル / p68 (0075.jp2)
  34. 5.4 ソフトハードばねモデル / p68 (0075.jp2)
  35. 5.5 片効き減衰モデル / p68 (0075.jp2)
  36. 5.6 摩擦型モデル / p68 (0075.jp2)
  37. 5.7 波形の把握について / p68 (0075.jp2)
  38. 5.8 結言 / p77 (0084.jp2)
  39. 6 不規則振動時の非線形系の同定 / p78 (0085.jp2)
  40. 6 不規則振動時の非線形系の同定 / p79 (0086.jp2)
  41. 6.1 緒言 / p79 (0086.jp2)
  42. 6.2 線形最小二乗法を用いたバイスペクトルによる同定方法 / p80 (0087.jp2)
  43. 6.3 乗数法を用いたバイスペクトルによる同定方法 / p86 (0093.jp2)
  44. 6.4 ひずみ度関数を利用した非線形性の判別 / p92 (0099.jp2)
  45. 6.5 出力側にノイズが付加した場合について / p92 (0099.jp2)
  46. 6.6 結言 / p94 (0101.jp2)
  47. 7 実験による非線形系の同定 / p96 (0103.jp2)
  48. 7 実験による非線形系の同定 / p97 (0104.jp2)
  49. 7.1 緒言 / p97 (0104.jp2)
  50. 7.2 実験方法の説明 / p97 (0104.jp2)
  51. 7.3 実験方法の説明 / p98 (0105.jp2)
  52. 7.4 考察および検討 / p100 (0107.jp2)
  53. 7.5 結言 / p101 (0108.jp2)
  54. 8 結論 / p105 (0112.jp2)
  55. 8 結論 / p106 (0113.jp2)
  56. 8.1 本研究の結論 / p106 (0113.jp2)
  57. 8.2 これからの課題 / p107 (0114.jp2)
  58. 謝辞 / p108 (0115.jp2)
  59. 付録 数式処理REDUCEについて / p110 (0117.jp2)
  60. 参考文献 / p120 (0127.jp2)
  61. 本論文に関する著者の論文一覧 / p127 (0134.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134686
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973777
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299000
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ