シトクロムP450 2B15遺伝子の構造及びその遺伝子上流に存在する制御配列BTEに結合する転写調節因子BTEBの遺伝子構造と発現制御

この論文をさがす

著者

    • 中山, 佳都夫 ナカヤマ, カズオ

書誌事項

タイトル

シトクロムP450 2B15遺伝子の構造及びその遺伝子上流に存在する制御配列BTEに結合する転写調節因子BTEBの遺伝子構造と発現制御

著者名

中山, 佳都夫

著者別名

ナカヤマ, カズオ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5442号

学位授与年月日

1995-09-27

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1章 ラットシトクロムP450 2B15(CYP2B15)遺伝子の構造 / p3 (0011.jp2)
  4. 第1節 実験材料と実験方法 / p3 (0011.jp2)
  5. 1.1.1 実験材料 / p3 (0011.jp2)
  6. 1.1.2 スクリーニング / p4 (0012.jp2)
  7. 1.1.3 ファージDNAの精製 / p4 (0012.jp2)
  8. 1.1.4 塩基配列の決定 / p5 (0013.jp2)
  9. 第2節 結果 / p6 (0014.jp2)
  10. 1.2.1 CYP2B15遺伝子の構造 / p6 (0014.jp2)
  11. 1.2.2 他のシトクロムP450との構造の比較 / p9 (0017.jp2)
  12. 1.2.3 CYP2B15遺伝子の5'-上流配列 / p10 (0018.jp2)
  13. 第3節 考察 / p10 (0018.jp2)
  14. 第2章 ラットBTEB遺伝子の構造と転写調節 / p12 (0020.jp2)
  15. 第1節 実験材料と実験方法 / p12 (0020.jp2)
  16. 2.1.1 実験材料 / p12 (0020.jp2)
  17. 2.1.2 ゲノムDNAのDNAプロット解析 / p14 (0022.jp2)
  18. 2.1.3 ラット遺伝子ライブラリーの作製 / p15 (0023.jp2)
  19. 2.1.4 スクリーニング / p16 (0024.jp2)
  20. 2.1.5 ファージDNAの精製 / p17 (0025.jp2)
  21. 2.1.6 塩基配列の決定 / p18 (0026.jp2)
  22. 2.1.7 プラスミドの構築 / p18 (0026.jp2)
  23. 2.1.8 HepG2細胞の培養法 / p25 (0033.jp2)
  24. 2.1.9 HepG2細胞へのDNAの導入 / p26 (0034.jp2)
  25. 2.1.10 CATアッセイ / p26 (0034.jp2)
  26. 2.1.11 HepG2細胞からの核抽出液の調製 / p27 (0035.jp2)
  27. 2.1.12 ゲルシフト法 / p28 (0036.jp2)
  28. 第2節 結果 / p29 (0037.jp2)
  29. 2.2.1 ラットBTEB遺伝子の単離 / p29 (0037.jp2)
  30. 2.2.2 ラットBTEB遺伝子の構造 / p31 (0039.jp2)
  31. 2.2.3 転写調節領域の同定 / p35 (0041.jp2)
  32. 2.1.4 転写調節領域に結合する因子の検索 / p43 (0049.jp2)
  33. 第3節 考察 / p49 (0055.jp2)
  34. 第3章 ヒトBTEBの翻訳における発現制御 / p52 (0058.jp2)
  35. 第1節 実験材料と実験方法 / p52 (0058.jp2)
  36. 3.1.1 実験材料 / p52 (0058.jp2)
  37. 3.1.2 RNAの調製 / p54 (0060.jp2)
  38. 3.1.3 核抽出液の調製 / p54 (0060.jp2)
  39. 3.1.4 イムノブロット分析 / p54 (0060.jp2)
  40. 3.1.5 RNAプロット分析 / p55 (0061.jp2)
  41. 3.1.6 塩基配列の決定 / p56 (0062.jp2)
  42. 3.1.7 遺伝子解析システムによる塩基配列の解析 / p56 (0062.jp2)
  43. 3.1.8 プラスミドの構築 / p56 (0062.jp2)
  44. 3.1.9 HeLa細胞およびN2A細胞培養法 / p60 (0066.jp2)
  45. 3.1.10 HeLa細胞およびN2A細胞へのDNAの導入 / p60 (0066.jp2)
  46. 3.1.11 CATアッセイ / p61 (0067.jp2)
  47. 3.1.12 RNaseプロテクションアッセイ / p61 (0067.jp2)
  48. 第2節 結果 / p63 (0069.jp2)
  49. 3.2.1 BTEBの組織および培養細胞での発現 / p63 (0069.jp2)
  50. 3.2.2 翻訳制御領域の同定 / p65 (0071.jp2)
  51. 3.2.3 5'非翻訳領域中のAUGの翻訳制御における機能 / p68 (0074.jp2)
  52. 第3節 考察 / p70 (0076.jp2)
  53. 総括 / p74 (0080.jp2)
  54. 参考文献 / p77 (0083.jp2)
  55. 謝辞 / p90 (0096.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134692
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973782
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299006
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ