自己呈示 : 自己概念と社会的状況の相互作用

この論文をさがす

著者

    • 福島, 治 フクシマ, オサム

書誌事項

タイトル

自己呈示 : 自己概念と社会的状況の相互作用

著者名

福島, 治

著者別名

フクシマ, オサム

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第5448号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

課程

目次

  1. 序章 / p1 (0008.jp2)
  2. 第1章 理論的背景 / p4 (0011.jp2)
  3. 第1節 自己呈示とは / p4 (0011.jp2)
  4. 1 日常生活における自己呈示 / p4 (0011.jp2)
  5. 2 自己呈示研究の枠組 / p7 (0014.jp2)
  6. 第2節 概念的問題 / p13 (0020.jp2)
  7. 1 自己呈示の範囲 / p13 (0020.jp2)
  8. 2 自己呈示のターゲット / p15 (0022.jp2)
  9. 第3節 自己呈示の動機 / p16 (0023.jp2)
  10. 1 功利的動機 / p16 (0023.jp2)
  11. 2 自己知識が喚起する動機 / p25 (0032.jp2)
  12. 3 日標となる同一性 / p27 (0034.jp2)
  13. 第4節 自己呈示の規定因 / p28 (0035.jp2)
  14. 1 状況的規定因 / p28 (0035.jp2)
  15. 2 個人内要因 / p31 (0038.jp2)
  16. 第2章 自己呈示の状況的規定因の検討 / p36 (0043.jp2)
  17. 第1節 研究1 対人関係と望ましい自己イメージ / p36 (0043.jp2)
  18. 1 問題 / p36 (0043.jp2)
  19. 2 方法 / p39 (0046.jp2)
  20. 3 結果 / p39 (0046.jp2)
  21. 4 考察 / p43 (0050.jp2)
  22. 第2節 研究2 身近な対人関係における自己呈示 / p44 (0051.jp2)
  23. 1 問題 / p44 (0051.jp2)
  24. 2 方法 / p46 (0053.jp2)
  25. 3 結果 / p48 (0055.jp2)
  26. 4 考察 / p54 (0061.jp2)
  27. 5 研究1及び研究2の総合的考察 / p56 (0063.jp2)
  28. 第3節 研究3 実験教示と聴衆の予期が自己評価の表明に及ぼす影響:実験者効果と自己呈示的解釈 / p59 (0066.jp2)
  29. 1 問題 / p59 (0066.jp2)
  30. 2 方法 / p64 (0071.jp2)
  31. 3 結果 / p65 (0072.jp2)
  32. 4 考察 / p69 (0076.jp2)
  33. 第3章 自己概念と状況要因の相互作用 / p73 (0080.jp2)
  34. 第1節 研究4 自己概念と負の報酬が自己呈示に及ぼす影響 / p73 (0080.jp2)
  35. 1 問題 / p73 (0080.jp2)
  36. 2 方法 / p74 (0081.jp2)
  37. 3 結果と考察 / p78 (0085.jp2)
  38. 第2節 研究5 対人葛藤における自己呈示:自律的自己、協調的自己、及び社会的状況の効果 / p84 (0091.jp2)
  39. 1 問題 / p84 (0091.jp2)
  40. 2 方法 / p93 (0100.jp2)
  41. 3 結果 / p97 (0104.jp2)
  42. 4 考察 / p104 (0111.jp2)
  43. 第4章 結論 / p107 (0114.jp2)
  44. 1 要約 / p107 (0114.jp2)
  45. 2 結論 / p108 (0115.jp2)
  46. 3 今後の自己呈示研究 / p110 (0117.jp2)
  47. 謝辞 / p115 (0122.jp2)
  48. 引用文献 / p116 (0123.jp2)
15アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134698
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973788
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000299012
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ