真理の起源 : 超越論的主観性の現象学と知覚論的世界生の現象学

この論文をさがす

著者

    • 長滝, 祥司 ナガタキ, ショウジ

書誌事項

タイトル

真理の起源 : 超越論的主観性の現象学と知覚論的世界生の現象学

著者名

長滝, 祥司

著者別名

ナガタキ, ショウジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第5453号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 序章 本論文の目的と問題圏 / p1 (0006.jp2)
  2. 第一章 人間存在の内義性―<見ること>と<触れること>をめぐって― / p21 (0016.jp2)
  3. 第一節 問題設定 / p21 (0016.jp2)
  4. 第二節 人間主観性の逆説 / p24 (0018.jp2)
  5. 第三節 視覚の卓越性 / p27 (0019.jp2)
  6. 第四節 触覚の直接性、根源性 / p30 (0021.jp2)
  7. 第五節 <見ること>の内なる<触れること> / p34 (0023.jp2)
  8. 第六節 始源的な知覚世界と身体―開放的相互構成関係― / p40 (0026.jp2)
  9. 第七節 結語と次章への導入 / p46 (0029.jp2)
  10. 第二章 生活世界と野生の世界 / p55 (0033.jp2)
  11. 第一節 問題設定 / p55 (0033.jp2)
  12. 第二節 生活世界、あるいは生きられた世界 / p57 (0034.jp2)
  13. 一 世界を経験する自我、あるいは知覚主体としての身体 / p57 (0034.jp2)
  14. 二 基盤としての世界、あるいは大地としての世界 / p60 (0036.jp2)
  15. 三 地平としての世界、あるいは地平の地平としての世界 / p64 (0038.jp2)
  16. 四 類型としての世界、あるいは個体的スタイルとしての世界 / p69 (0040.jp2)
  17. 第三節 生活世界と科学的世界像 / p72 (0042.jp2)
  18. 一 生活世界の基盤機能 / p72 (0042.jp2)
  19. 二 生活世界の二義性 / p75 (0043.jp2)
  20. 三 野生の世界と科学的世界像 / p78 (0045.jp2)
  21. 第四節 結語と次章への導入 / p82 (0047.jp2)
  22. 第三章 知覚世界と文化相対性―知覚の文化相対主義とその超克― / p91 (0051.jp2)
  23. 第一節 問題設定といくつかの概念規定 / p91 (0051.jp2)
  24. 第二節 生活世界と文化相対性 / p93 (0052.jp2)
  25. 第三節 <知覚の知識―文化負荷性>テーゼと現代の心理学的知覚論 / p95 (0053.jp2)
  26. 第四節 知覚的意味づけの諸段階―<知識―文化>の影響を受ける知覚と受けない知覚― / p99 (0055.jp2)
  27. 第五節 野生の世界と文化相対主義の超克 / p103 (0057.jp2)
  28. 第四章 客観性の起源―知覚から科学へ― / p113 (0062.jp2)
  29. 第一節 序 / p113 (0062.jp2)
  30. 第二節 客観性の規定と問題設定 / p114 (0063.jp2)
  31. 第三節 知覚の客観性をめぐる要素主義心理学とゲシュタルト心理学 / p118 (0065.jp2)
  32. 第四節 ギブソンの不変項と知覚の客観性―あるいはギブソンの現象学― / p124 (0068.jp2)
  33. 第五節 メルロ=ポンティと知覚の客観性 / p129 (0070.jp2)
  34. 第六節 知覚から科学ヘ―生態学的実在を越えて― / p140 (0076.jp2)
  35. 第五章 理念性の起源 / p151 (0081.jp2)
  36. 第一節 問題設定 / p151 (0081.jp2)
  37. 第二節 客観性と理念性―主としてフッサールに即して― / p154 (0083.jp2)
  38. 第三節 フッサールと理念性―『幾何学の起源』とメルロ=ポンティによるそれへの注解を手がかりに― / p157 (0084.jp2)
  39. 第四節 メルロ=ポンティと理念性―主として「キアスム」の章を手がかりに― / p168 (0090.jp2)
  40. 第五節 理念性と言語の問題 / p181 (0096.jp2)
  41. 第六節 始源論と目的論―理念性をめぐるふたつの方向― / p186 (0099.jp2)
  42. 第七節 理念性と文化相対性 / p191 (0101.jp2)
  43. 補章 知覚と存在―メルロ=ポンティにおける意味の起源― / p209 (0110.jp2)
  44. 第一節 問題設定 / p209 (0110.jp2)
  45. 第二節 知覚、身体、意味 / p210 (0111.jp2)
  46. 第三節 肉の存在論 / p216 (0114.jp2)
  47. 第四節 <存在>の多形現象と相互反転性 / p223 (0117.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134703
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973793
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299017
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ