【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

日本企業のグループ化の進展と連結財務情報の有用性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 張, 慶昌 Zhang, Qing Chang

書誌事項

タイトル

日本企業のグループ化の進展と連結財務情報の有用性に関する研究

著者名

張, 慶昌

著者別名

Zhang, Qing Chang

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (経済学)

学位授与番号

甲第5459号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1 論文の問題意識 / p1 (0004.jp2)
  4. 2 論文の構成 / p5 (0006.jp2)
  5. 第2章 連結会計の制度の経緯と現状 / p7 (0007.jp2)
  6. 1 日本における連結会計制度の発展 / p7 (0007.jp2)
  7. 2 アメリカにおける連結会計制度の発展 / p11 (0009.jp2)
  8. 3 日本と米国の連結財務諸表の相違点 / p13 (0010.jp2)
  9. 第3章 日本の連結会計制度の改善方向 / p17 (0012.jp2)
  10. 1 有価証券の時価評価 / p17 (0012.jp2)
  11. 2 外貨建取引と外貨建財務諸表の換算方法 / p19 (0013.jp2)
  12. 3 研究開発活動に関する情報の開示 / p21 (0014.jp2)
  13. 4 セグメント情報 / p23 (0015.jp2)
  14. 5 キャッシュフロー計算書 / p26 (0017.jp2)
  15. 6 むすび / p28 (0018.jp2)
  16. 第4章 日本における企業グループの発展と形態 / p31 (0019.jp2)
  17. 1 企業のグループ化 / p31 (0019.jp2)
  18. 2 企業グループの成立形態 / p33 (0020.jp2)
  19. 3 企業グループの統合形態 / p37 (0022.jp2)
  20. 4 企業グループ成立形態の違いと貸借対照表の関連 / p39 (0023.jp2)
  21. 5 企業グループ統合形態の違いと損益計算書の関連 / p42 (0025.jp2)
  22. 6 まとめ / p49 (0028.jp2)
  23. 第5章 連単倍率分析の有効性の検証 / p53 (0030.jp2)
  24. 1 評価対象としての企業グループの展開 / p53 (0030.jp2)
  25. 2 連単倍率からみた連結財務情報の有用性 / p54 (0031.jp2)
  26. 3 利益の連単倍率からみた連結財務情報の有用性 / p58 (0033.jp2)
  27. 4 まとめ / p64 (0036.jp2)
  28. 第6章 結び / p69 (0038.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134709
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973799
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299023
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ