交通渋滞を特徴付けるキンクソリトン

この論文をさがす

著者

    • 小松, 輝久 コマツ, テルヒサ

書誌事項

タイトル

交通渋滞を特徴付けるキンクソリトン

著者名

小松, 輝久

著者別名

コマツ, テルヒサ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5466号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 はじめに / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 本研究の目的 / p4 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の構成 / p5 (0006.jp2)
  5. 第2章 これまでの研究とOVモデルの位置付け / p7 (0007.jp2)
  6. 2.1 交通流問題について / p7 (0007.jp2)
  7. 2.2 交通流の数理モデル / p10 (0009.jp2)
  8. 2.3 OVモデル / p15 (0011.jp2)
  9. 第3章 一次元交通流における自然渋滞 / p21 (0014.jp2)
  10. 3.1 OVモデル / p22 (0015.jp2)
  11. 3.2 線形解析 / p27 (0017.jp2)
  12. 3.3 数値シミュレーション / p30 (0019.jp2)
  13. 3.4 縮約 / p53 (0030.jp2)
  14. 3.5 deformable kink soliton / p62 (0035.jp2)
  15. 3.6 まとめ / p70 (0039.jp2)
  16. 3.7 議論 / p71 (0039.jp2)
  17. 第4章 OVモデルと連続場モデル、粉体流との関連 / p74 (0041.jp2)
  18. 4.1 KKモデル(連続場モデル) / p75 (0041.jp2)
  19. 4.2 OVモデル(追従モデル)から連続場モデルへ / p98 (0053.jp2)
  20. 4.3 粉体流との関連 / p104 (0056.jp2)
  21. 4.4 本章のまとめ / p109 (0058.jp2)
  22. 第5章 まとめと今後の課題 / p111 (0059.jp2)
  23. 5.1 まとめ / p111 (0059.jp2)
  24. 5.2 今後の課題 / p115 (0061.jp2)
  25. 謝辞 / p117 (0062.jp2)
  26. 付録A OVモデルの縮約形 / p118 (0063.jp2)
  27. 付録B 一般化したOVモデル(a=a(b)のとき)の縮約形 / p121 (0064.jp2)
  28. 付録C 一般化したKKモデル、およびその隷従則と縮約形 / p123 (0065.jp2)
  29. 参考文献 / p125 (0066.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134716
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973806
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299030
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ